1. トップ
  2. アジア
  3. インド
  4. アーグラ

アーグラの概要

アグラ

画像の出典元: ja.wikipedia.org

人口-
都市コードAGR
人気の航空会社-
飛行時間12~15時間
アーグラ発の航空券情報はこちら

アーグラまでは飛行機でおよそ12~15時間で行くことができます。アーグラの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてアーグラ旅行を有意義に楽しみましょう。

歴史を感じさせる白い建造物が有名な都市「アグラ」

アグラはインドのウッタル・ブラデーシュ州に属する、同州最大の都市です。インドに渡航してくる観光客は、まずこのアグラの地を訪れるともいわれています。アグラといえばやはり、白大理石造りの「タージ・マハル」が有名。その影響により土産物屋では、大理石の置物などの商品が多くみられます。ほかにもアグラでは、「アグラ城」や「ファテープル・シークリー」が世界遺産として登録されています。インドの首都・デリーから新幹線を利用し3時間程で行けるため、時間がない方は日帰り観光も可能です。

アグラの歴史

1526年にムガル帝国が誕生し、3代皇帝・アクバルの時代に都として制定されました。その際に建てられたのが、アグラ城。16世紀から300年余にわたって、インドでの繁栄を誇ったムガル帝国歴代皇帝の城です。赤砂岩造りとなっており、2重の城壁に囲まれています。ちなみに、当時は赤色が帝国における力強さの象徴だったそうです。そうしたアグラ城の様子から、ムガル帝国の繁栄を窺うことができます。

アグラの経済

ガンジス川最大の支流であるヤムナー川沿いに位置するアグラは、古代より交通の要所として発展してきました。また、周辺地域の政治、経済、文化の中心となっており、インド有数の観光地でもあるため、観光業が盛んです。中でも人気の高い観光スポットは、世界遺産に登録されている「タージ・マハル」。世界遺産ランキングでも上位となるその姿を一目拝もうと、多くの観光客が訪れます。ほかにも「ファテープル・シークリー」や「シカンドラ」、「ジャマー・マスジット」など、歴史を思わせるいくつもの建造物がみられます。

アグラ行きの格安航空券について

アグラにあるのは、「ケーリア空港」とも呼ばれる国内線専用のアグラ空港。そのため、日本からの直行便は運航していません。日本からアグラへ行くには大阪からエアインディアを利用してデリーへと向かい、そこで乗り換える必要があります。このルートを利用すれば、格安航空券並みに値段が抑えられるでしょう。

アグラの気候

インドの中央平原にあるアグラは、亜熱帯性気候です。4月~9月頃が夏にあたり、5月頃は40度以上の気温になることも。また、7月頃からの3ヶ月間は季節風が吹くことが多く、そのため雨も多くなっています。この時期に訪れる際は忘れずに雨具を用意しましょう。ちなみに、観光のベストシーズンは11月~2月と言われています。内陸部の影響で朝晩の冷え込みが大きくなっているため、羽織れるものを持っていくと安心です。

アグラの主な交通手段

アグラの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

国外からの飛行機が発着する都市・デリーからアグラ市内への移動は、電車が便利です。また、市内の交通手段にはバスやオートリキシャ、タクシーなどがあり、安価で利用するならオートリキシャがオススメ。デリーやカジュラホまで足を延ばしたい方は、長距離バスも運行しています。

アグラ行き航空券利用者の声

成田⇔アグラ 23歳女性

テレビや本などで見たインドのタージマハルに魅せられて、友人を誘ってインドのアグラに行ってきました。成田からデリーまでの格安航空券を探し、香港で乗り継ぎが1回ありましたが予算を抑えたかったのでキャセイパシフィック航空の航空券を利用。格安航空券だけあって成田のチェックインカウンターはとても混んでいました。機内もほぼ満席のようでした。スタッフが親切でサービスがよかったです。香港に到着し3時間程度の乗り継ぎがありましたが、免税店など見ていたらあっという間に搭乗時間になりデリーに出発。デリーには予定通り夜9時半くらいに到着。ホテルに送迎を頼んでおきました。そしてインド到着の2日後、いよいよアグラへ。アグラは空港もあるにはあるようですが、便数がほとんどないらしいので鉄道を事前に予約しておきました。朝6時くらいにニューデリー駅出発の急行列車です。どの列車に乗るのか分からなく困りましたが、同じ列車に乗る日本人の団体客に遭遇したので教えてもらいラッキーでした。列車は想像していたより快適で2時間程度でアグラ・カント駅に到着しました。インド滞在日数が短かったのでデリーとアグラしか観光できなかったのが残念ですが念願のタージマハルが見れてよかったです。帰りの飛行機は深夜1時くらいの出発だったので、香港までは爆睡でした。

大阪⇔アグラ 20歳男性

大学の休みを利用して念願のインドへ。2週間くらいの旅だけどバックパッカーデビューです。予算は抑えたいので格安航空券をチェック。インチョンを経由の大韓航空が大阪からだと安かったので即決しました。大阪からインチョンまでは2時間弱だからほんの一瞬。そしていよいよインチョンで飛行機を乗り継ぎデリーへ!機内での周りは結構インド人の利用者が多かったせいか、到着前からテンションが上がりました。夕方デリーに到着したもののインドの入国に結構時間がかかり、その日はそのまま宿へ。数日デリー観光をした後、デリーからアグラに列車で向かいまいました。ニューデリー駅を朝6:15出発の特急シャタブディー・エクスプレスという列車に乗り、2時間後にはアグラに到着。インドの列車はよく遅れると聞いて覚悟していたけれど、遅れもなく快適でした。有名なタージマハルを観光したり、他の都市にも行ってからデリーに戻り帰国。帰りも大韓航空だったけれどデリーの空港は結構きれいで広かったです。空港入る時にもセキュリテイの人にEチケット見せたりと、結構警備が厳しかった気がします。デリーからインチョンまでのフライトは、機内食がいつ出ていたのかもわからないくらい爆睡。インチョンでの乗り継ぎが8時間30分もあったので機内食を食べ損ねたことに悔いが残こりました。

成田⇔アグラ 35歳男性

世界遺産巡りが趣味で、会社の休みを利用し妻と一緒にインドのアグラにある世界遺産のタージマハルを訪れました。普段から格安航空券をチェックするのが好きなのですが、全日空ANAのデリーへの直行便の航空券がかなり安くて即決でした。そしてさすがは日系、機内は快適そのものでした。格安だっただけありほぼ満席のようでした。成田からの出発が少し遅れたのですがデリー到着は予定より早く到着しました。といっても深夜12時くらいの到着でしたが。そこから入国審査をしたりでヘトヘトになりました。あらかじめ宿泊先のホテルに送迎を依頼しておいたので無事にその日はホテルへ。インド到着2日後にデリーからアグラまではガティマン・エクスプレスというインド最速と言われる列車で行きました。チケットは事前に手配しておきました。この列車が素晴らしかった!ラグジュアリーな雰囲気で水や食事も付いて、まるで飛行機並みでした。あっという間にアグラに到着し、世界遺産のタージマハルを訪れることができ大満足。翌日、アグラを後にしデリーに戻りました。復路は深夜1時過ぎのデリー発。こちらも全日空で成田まで直行でした。やはり直行はラクですね。日系の飛行機で直行の格安航空券で行けて大満足でした。インドには世界遺産が他にもあるので格安航空券をまたチェックしている日々です。

アグラ旅行 よくあるFAQ

航空券の予約の際、パスポート名を間違えていたことに気づきました。

パスポートと航空券に記載されている名前が異なった場合は原則として搭乗できないので、スペルの間違い等ありましたら至急航空会社に連絡しましょう。

パスポート取得前ですが航空券を予約できますか?

予約時にパスポートがなくても予約は可能な場合が多いですが、利用する航空会社などによっても異なります。

飛行機に乗るときに手荷物で化粧品を持ち込めますか?

100ミリリットル以上の容器に入った液体は禁止です。100ミリリットル以下の容器に入っている液体物、なおかつ容量1リットル以下の透明なジッパー付きのプラスチックの袋に入れた場合は液体も持ち込み可能です。

成田空港発が早朝ですが、夜から空港で過ごせますか?

それぞれのターミナルに24時間営業のコンビニがあります。またカプセルホテルなどもあるので、チェックしてみてください。