1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. トゥールーズ

トゥールーズの概要

ツゥールーズ

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードTLS
人気の航空会社
  • KLMオランダ航空
  • 全日空
  • 日本航空
飛行時間14~15時間
トゥールーズ発の航空券情報はこちら

トゥールーズまでは飛行機でおよそ14~15時間で行くことができます。トゥールーズの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてトゥールーズ旅行を有意義に楽しみましょう。

トゥールーズ行きの最安値を比較

フランス国内からのトゥールーズ行き 最安値を比較

レンガに彩られた南仏の都市「ツゥールーズ」

フランス南西部、スペインとの国境にも近いツゥールーズは、「バラ色の都市」の異名をもつことで知られています。これは、フランスらしい石造りの建物が少なく、南欧系のレンガ造りが多く見られるためです。ラテン語らしからぬ「ツゥールーズ」の都市名とともに、文化と風の交錯する街であったことを物語っています。市の中心部にある特徴的な建造物が、街の魅力です。シンボルであるキャピトル広場や市庁舎、世界遺産に選ばれているサン=セルナン大聖堂やミディ運河。南仏ゴシック様式のジャコバン修道院に、藍染め染料交易で栄えた名残の100軒近くの民家など、南仏の古都は現在もバラ色に輝いています。

ツゥールーズの歴史

ローマ時代にはすでにガリアの重要な都市だったツゥールーズ。403年には、世界遺産でもあるサン=セルナン大聖堂が築かれました。1814年には、フランス本土におけるイギリスとの最後の決戦の舞台に選ばれます。第一次世界大戦後は飛行機の需要が急速に高まり、ツゥールーズに航空会社が設立。『星の王子さま』のサン=テグジュペリがテストパイロットとして勤務しました。

ツゥールーズの経済

ツゥールーズを代表する産業は、航空機製造および宇宙技術開発です。とくに、世界的な航空機メーカーであるエアバス社の本社が置かれていることで有名。技術産業を支える基盤として、フランスで3番目の規模をもつトゥールーズ大学があることを忘れてはいけません。さらに、スポーツの街としても知られており、国内有数のラグビーが盛んな街としても発展を続けています。

ツゥールーズ行きの格安航空券について

トゥールーズ・ブラニャック空港へは、現在日本からの直行便はありません。パリのシャルル・ド・ゴール空港からエール・フランスを利用するか、ローマ・フィウミチーノ空港からアリタリア航空を使うのがもっとも手頃で一般的です。パリ、ローマの両空港へは多数の格安航空券プランがあります。

ツゥールーズの気候

日本とあまり変わらない気候ですが、7月、8月の夏季は日本よりも最低気温が高く20度以上になることがほとんどです。ツゥールーズは大西洋と地中海に挟まれた頸部の内陸に位置し、双方の海からの強い風が交わるという特徴があります。とくに地中海から吹き付ける「オータンの風」はかなりの強風。5月頃に吹き荒れるので、この時期に渡航される際は気を付けてください。一年中湿度が低いですが、春先は天気が安定しないので旅行には6月から8月がベストシーズンといえるでしょう。

ツゥールーズの主な交通手段

ツゥールーズの主な交通手段

画像の出典元: istockphoto.com

ツゥールーズ市街地の移動は、メトロが中心となります。2015年には空港と市内を結ぶ路面電車が開通しました。都市圏レベルでは100万人近くになるツゥールーズではバス網も発達していますが、やや複雑なので初めて利用する旅行者には煩雑かもしれません。また、大西洋岸のボルドーや地中海沿岸のモンペリエまで高速鉄道TGVで2時間と鉄道のアクセスにも優れています。