1. トップ
  2. アジア
  3. ミャンマー
  4. ヤンゴン
  5. ヤンゴン国際空港

ヤンゴン国際空港行きの格安航空券

ヤンゴン国際空港の画像

画像の出典元 commons.wikimedia.org

正式名称Yangon International Airport(Yangon International Airport)
空港コードRGN
ヤンゴン国際空港発の航空券情報はこちら

ヤンゴン国際空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からヤンゴン国際空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。ヤンゴン国際空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

ヤンゴン国際空港行きの最安値を比較

仏教国ミャンマーの平穏を感じる

旧首都ヤンゴンにあるミャンマー最大の旅客数をもつ国際空港で、ミャンマー・ナショナル航空やミャンマー国際航空などのハブ空港として利用されています。2007年5月に新しく国際線ターミナルが開業し、旧ターミナルは国内線専用となりました。 今はまだ日本の地方空港のようにコンパクトですが、只今拡張工事中。ミャンマーの経済発展に伴って今後はさらに充実した空港となるでしょう。どこか懐かしさを感じさせる雰囲気があり、仏教国らしい趣ある外観にも目を惹かれますね。

日本から就航している航空会社

-全日本空輸(ANA)
-ミャンマー国際航空

ヤンゴン国際空港の規模、設備情報

ミャンマーで3番目の面積をもつ空港で、国際線ターミナルと国内線ターミナルに分かれています。 建物内は小さくまとまっているので、掲示された順路に従っていけばまず迷うことはないでしょう。

インフォメーション 到着ゲートの右にインフォメーションカウンターがあります。
落し物 出入り口付近の遺失物オフィスまでお越しください。
Wi-Fi 空港内では無料でWi-Fiを利用できます。
両替/銀行 到着ロビー内にKBZ銀行、AGD銀行があります。隣にATMもあります。ただし早朝便(6:00発)だと、両替所が閉まっていますのでご注意ください。
手荷物保管所 手荷物預かり所はないので、利用するホテルに相談してみましょう。
航空会社ラウンジ ANA専用ラウンジと、他の航空会社ラウンジと分かれています。中では軽食をとることができます。

空港からヤンゴン中心部へ

最も一般的な移動手段はタクシーとなります。本来なら市内まで40分程度ですが、道路の渋滞具合では大幅に遅れが出ますので、少しゆとりを持った計画をたてましょう。

タクシー

入国手続き、荷物ピックアップを終え税関を抜けた辺りにドライバーの方がたくさん待っており、値段を交渉することになります。
目安としては空港から市街地までおよそ7,000チャット(7ドル)です。
交渉が面倒だという方は税関を出た先にある正規タクシー手配所で依頼することもできます。こちらはやや高額になります。

ヤンゴン国際空港の搭乗手続き

国際線の場合、荷物検査を受けたあとは、チェックインカウンターが並ぶフロアーへ入ります。出発の2時間くらい前になると窓口が開きます。 国内線ターミナルでは、出発1時間前にチェックインカウンターが開きます。

国際線の場合、チェックインが済んだあとは上階で出国審査を行います。搭乗ゲートへ入るときに、再度手荷物の検査があります。 国内線の搭乗手続きは全て手作業です。 

空港近辺のホテル、空港のシャワー情報

「Seasons Of Yangon Hotel(シーズン オブ ヤンゴン ホテル)」は空港を出てすぐのところにあるホテルです。空港から近く、深夜に到着して早朝には出発という方にはかなり便利です。ホテル内にはレストランがあり、中華料理を楽しむことができます。もう少しゆっくりしたいという方には「Inya Lake Hotel(インヤ レイク リゾート ヤンゴン)」がおすすめです。空港から7,2㎞の距離にあり、また少し奥まったところに位置しているので、タクシーを利用することをお勧めします。移動は多少不便かもしれませんが、市街地から離れているので周辺は静かで、その名の通りにお部屋からインヤー湖(写真)を眺めることができます。

空港内のグルメ情報

出国手続きを終え出発エリアに行くと、空港内の唯一のレストランがあります。ここではミャンマー料理から日本食までがそろっています。出国前にミャンマーの味を堪能してはいかがですか。

空港内のショップ情報

入国審査を終えて搭乗口の手前に行くと、免税店が何件か並んでいます。ミャンマーならではの民族衣装やアクセサリーなどの民芸品などがメインに売られており、他にもお酒やタバコなども買うことができます。少数民族の衣装などは他ではなかなか見る機会もないので、お土産として友達にあげれば喜ばれるに違いありません。また滞在中にあまりお買い物ができなかったという方にもミャンマー出国前の最後のお買い物に、おすすめです。