1. トップ
  2. 中米/カリブ海
  3. ジャマイカ

ジャマイカ旅行へ行く前に確認するポイント

Jamaica

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%82%B9-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AB-gm474911994-64971819?st=4048f84

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称ジャマイカ
人口約270万人
首都キングストン
国コードJM
言語イギリス語
国番号(電話用)1-876
ジャマイカ発の航空券情報はこちら

ジャマイカまでは飛行機でおよそ16~17時間で行くことができます。ジャマイカの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なジャマイカ旅行を楽しみましょう。


カリブ海に浮かぶ大アンティル諸島のうちの1つ。近くには、同じく大アンティル諸島に含まれるケイマン諸島やキューバ、ハイチ、ドミニカ共和国があります。

ジャマイカ行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からジャマイカへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からの直行便はないためアメリカやカナダを経由していくことが一般的です。乗り継ぎ時間を含め約20時間ほどかかります。2つの国際空港があり、メインゲートとなるのはモンテゴ・ベイのサングスター国際空港の方です。もう1つはキングストンのノーマン・マーレン国際空港です。

日本との時差

ジャマイカは日本より14時間遅れています。サマータイムは採用されていません。

ジャマイカにおけるビザ・入国手続きについて

日本人が観光目的で入国する場合、滞在期間が30日以内ならビザは不要です。パスポートの有効期限は入国時に6か月以上あることが条件となります。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があります、渡航の際には大使館や領事館、または旅行代理店等に確認することをおすすめします。入国審査ではNon-Resident(非居住者)のカウンターに並び、パスポートと記入済みの入国カード、そして帰路の航空券を係官に提示します。なお、アメリカを経由してジャマイカへ渡航する場合は、日本を出発する前にESTAの申請が必要ですので事前に必ず申請しておきましょう。

ジャマイカの気候について

ジャマイカは熱帯性気候です。1年を通して気温が高く平均気温は27~32℃です。しかしブルーマウンテンの頂上付近の平均気温は約13℃で、標高によって気温の差が激しいです。9~11月は雨が多い時期になります。1、2月は朝晩が冷えることもありますので、薄い上着を持っているといいでしょう。

ジャマイカの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 16.5%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

ジャマイカの通貨とチップ

画像の出典元: arukikata.co.jp

通貨について

ジャマイカはジャマイカン・ドルを通貨として使用しています。紙幣は50、100、500、1000、5000ジャマイカン・ドル。硬貨は1、10、25セント、1、5、10、20ドル。日本円からの両替はほとんどできない上に、できたとしてもレートが悪いのでUSドルのご用意をお忘れなく。また、ほとんどの観光地ではUSドルが使用できます。

チップについて

ジャマイカにはチップの習慣があります。サービス料金が含まれていない場合、レストランは料金の10~15%ほど、ホテルではルームサービスやベットメイキングに1ドルほど。タクシーに関してはチャーターした場合に多少の上乗せをするとよいでしょう。

旅のお役立ち情報

ジャマイカのコンセント形状はtype-a

ジャマイカの電圧とコンセント

ジャマイカの電圧は電圧は110Vです。日本の電化製品は変圧器なしで使用できます。プラグはAタイプですが、まれにB3タイプがあります。

77

ジャマイカのネット環境

ジャマイカではまだWi-Fiスポットを設置している場所は多くありません。主要なホテルでは無料で提供しているところもあります。ホテルの中には機器のレンタルを行うところもありますが、料金が高くなってしまう可能性があります。

103

ジャマイカの飲料水

ジャマイカの水道水を飲むこと自体は問題ないですが、気になる人はミネラルウォーターを購入することをおすすめします。ミネラルウォーターの価格は日本で買うよりも安価で購入できますよ。

文化・宗教・マナーについて

ジャマイカの文化

ジャマイカは音楽文化の発展がすさまじい国です。レゲエをはじめとしたさまざまなジャンルを生み出しており、世界の音楽地図に大きな影響を与えてきました。「サウンドシステム」と呼ばれる、巨大なスピーカーから流れる音楽や、ダンスを体験することができます。また、キリスト教と、独自の文化が結びついた「ラスタファリニズム」という「思想」があります。エチオピア最後の皇帝、「ハイレ・セラシエ1世」を「ジャー」と呼び、崇拝の対象としています。 信号待ちをしている車が発車する際にクラクションを鳴らす、トンネルを通過するときにクラクションを鳴らすという面白い文化もあります。髪の毛を編み込む髪型、「ドレッド」も特徴的でレゲエとともに他国にも広まっています。

ジャマイカの宗教

ジャマイカではキリスト教がほとんどを占めています。プロテスタントが61%、カトリックが4%、その他が35%を占めます。

ジャマイカのマナー

ジャマイカでは18歳以下の喫煙、16歳以下のお酒の購入は法律で禁止されています。交通マナーが悪いので歩行者は注意が必要です。地べたに座ることはマナーが悪いとされます。赤ん坊に鶏肉を与えてはいけないという変わったルールもあります。

ジャマイカの食文化

画像の出典元: en.wikipedia.org

ジャマイカの料理はライス&ピーズ(赤飯のようなもの)、パティ(ジャマイカのファストフード)、ジャークチキン、エスカベッシュ・フィッシュ(魚料理)、ブラウンシチューチキン、ココブレッドなどがあります。アイタルフードという、「ラスタファリズム」という宗教的思想を実践している人々が食べる、自然食料理もあります。また日本でお馴染みのブルーマウンテン・コーヒーの産地でもあるジャマイカ。ココナッツやバナナも道端などで売っておりその場で食べることもできます。

ジャマイカの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

ジャマイカの主要観光地

ジャマイカの主要観光地はボブ・マーリー博物館、ドクターズ・ケーブ・ビーチ、セブン・マイル・ビーチ、ハーバーストリート・クラフトマーケット、ミスティック・マウンテン、ダンズリバーフォール公園、ブルーマウンテン山脈、ファルマウス(ショッピングセンター)、ブルーラグーン、クロイドン・プランテーション、デヴォン・ハウスなどがあります。豊かな自然と綺麗な海も特徴的です。子供が楽しめるようなアクティビティーも盛んです。

ジャマイカの世界遺産

ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンは、2015年に第39回世界遺産委員会において新規登録が認められた世界文化遺産です。ブルーマウンテンは標高2256mで、ジョン・クロウ山脈などと合わせて国立公園になっています。ジャマイカの国土のうち、4.5%の規模を占めた国立公園となっています。ジャマイカ固有種の生息地となっており、世界でも巨大な蝶のひとつとして数えられる「パピリオ・ホメルス」や、絶滅危惧種「ジャマイカクロムクドリモドキ」、危急種とされている「ハシグロボウシインコ」、「ジャマイカボア」などの保護区にも指定されています。壮大な景観のみならず、生物の保護観点において、世界でも極めて重要なエリアだといえます。

ジャマイカのお土産について

ジャマイカのお土産といえばまずブルーマウンテンコーヒーが人気です。ラム酒、ココナッツクッキー、紅茶 、アキー(ジャマイカで有名な果物)などもお土産として人気です。1番にコーヒーが有名ですが、紅茶の種類も豊富でおすすめです。ラムはホワイトラムがおすすめです。ヘンプのアクセサリー、ジャマイカ国旗のティーシャツ、陶器、ラスタテディ、ボブ・マーリーグッズなども人気です。

ジャマイカ行き航空券利用者の声

成田⇔キングストン 35歳女性

ジャマイカへ遊びに行きました。アクセスは格安航空を利用したので、かなり大変でした。キャセイパシフィック航空で香港乗り継ぎでJFK ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際へ。そこで9時間近くまった末、ジェットブルー で4時間半かけてキングストン ノーマン・マンレー国際に着きました。着いたときにはくたくたでした。ジャマイカではボブ・マーリーゆかりの地ツアーに参加しました。モンテゴベイ発の日本語ツアーで、ボブ・マーリーが設立したレコード会社であるタフゴング、ダウタウンにあるボブ・マーリー銅像、博物館などを訪れました。レゲエの神様といわれるボブ・マーリーに触れることができ感激でした。さらに、ボブ・マーリーが生まれ育った場所、ナインマイルを訪れるツアーにも参加しました。この場所にはボブの曲で歌われた場所がいくつもあり、非常に感動しました。彼が愛した故郷を見れて本当によかったです。このツアーに参加した後、ルミノスラグーンという、夜の海が光るツアーがあると聞き、こちらも申し込んで行ってみました。海が微生物のために青白く光るようすは言葉にできないくらい幻想的でした。短い旅ではありましたが、たいへん充実した旅でした。

成田⇔キングストン 50歳女性

夫婦で南米のジャマイカへ行きました。ジャマイカはアクセスが悪く、格安航空を探したのですが乗り換え時間が長いなど、なかなか適当なものが見つかりませんでした。結局、シンガポール航空で成田~ロサンゼルス国際空港~JFK ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港~KIN キングストン ノーマン・マンレー国際という旅程にしました。 ニューヨーク ~キングストンはジェットブルーです。ニューヨークでは8時間も乗り継ぎ時間がありました。キングストンでは夫の希望で ボブ・マリーゆかりの地を訪ねるツアーに参加しました。その後、モンテゴベイへ移動。ここでビーチを乗馬で楽しむという体験をしました。馬に乗って海の中を走るというもので、乗馬をしたことがない私でも楽しむことができました。かなりスリルがありました。また、ジャマイカではビーチをのんびりと散歩したり、ビーチ沿いのカフェでお酒を飲んだりして過ごしました。大変、充実した旅行でした。もう一度訪れてみたいと思うのですが、ジャマイカはとても遠かったです。もう少し簡単に行けるようでしたら、ぜひまた行ってみたいと思います。

成田⇔モンテゴ・ベイ 50歳男性

時間があったのでジャマイカへ一人旅に出ました。アクセスが悪くかなり大変でしたが、エアカナダを使ってトロントで乗り継ぎ、ジャマイカのモンテゴ・ベイへ行きました。ジャマイカ~モンテゴ・ベイは4時間ほどでしたが、トロントの空港で20時間近く待ち時間がありました。ジャマイカでは、ボブ・マーリー博物館、ドクターズ・ケーブ・ビーチ、セブン・マイル・ビーチ、ハーバーストリート・クラフトマーケット、ミスティック・マウンテンなどを訪ねました。特にビーチの美しさは言葉にできないくらいで、ビーチ沿いのバーでお酒を飲みながら至福の時間を過ごすことができました。オーチョリオスのダンズリバーフォール公園は大自然に囲まれた場所にあり、ダンズリバーの滝登りをしてみました。みんなで手をつないで登るのですがスリルがあって面白かったです。また、UCCのブルーマウンテン農園も訪れてみました。ジャマイカの名産「ブルーマウンテン」を味わうことができてよかったです。

ジャマイカ旅行 よくあるFAQ

ジェットブルーの機内持ち込み手荷物と受託手荷物について教えてください。

荷物の重さは約23kgが制限となっています。手荷物は66×45×30cm以下のものがひとつと、小さいバッグ、ビジネスカバン、ラップトップなど+シートの下に収まるくらいの荷物が無料となっています。なお、国内線は受託手荷物は有料です。

ジャマイカのベストシーズンは?

12月から4月頃が過ごしやすい気候です。

キャセイパシフィックの機内持ち込み手荷物について教えてください。

機内持込手荷物は身の回り品と、56x36x23cm (取っ手・キャスタ・サイドポケット含む) かつエコノミー及びプレミアムエコノミーは7kg以内、ビジネスは10kg以内、ファーストクラスは15kg以内です。

キャセイパシフィック航空にはどんなクラスがありますか。

ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアム・エコノミークラス、エコノミークラスの4クラスを用意しています。

キャセイパシフィック航空ではオンラインチェックインができますか。

はい。フライト出発の48時間から90分前まで可能です。自宅やオフィスでセルフプリント搭乗券のプリントアウトや、または携帯機器へのモバイル搭乗券の送信、空港の自動チェックイン機で搭乗券の受け取りもできます。