1. トップ
  2. 南米
  3. アルゼンチン

アルゼンチン旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Argentina

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E9%B3%A5%E3%81%AE%E7%9B%AE%E3%82%92-avenida-23-de-julio-%E3%81%AB%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%99%E3%83%96%E3%82%A8%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%B9-gm474110514-65150149?st=fb74a93

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称アルゼンチン共和国
人口約4000万人
首都ブエノスアイレス
国コードAR
言語スペイン語
国番号(電話用)54
アルゼンチン発の航空券情報はこちら

アルゼンチンまでは飛行機でおよそ23~24時間で行くことができます。アルゼンチンの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なアルゼンチン旅行を楽しみましょう。


アルゼンチンは日本から一番遠い国の一つで、日本の真裏にあたります。南半球に位置するため季節は日本とは逆になります。南米大陸の南端に位置し隣国はチリです。国土面積は約279万平方キロメートルと日本の7.3倍ほどあり、世界第6位の広さを誇ります。

アルゼンチン行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (大阪国際空港(伊丹))発
  • 大阪 (関西国際空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からアルゼンチンへの渡航について

直行便と飛行時間

アルゼンチンまでの直行便はありません。行き方としてヒューストンやニューヨーク、アトランタ、ダラス等の都市を経由します。所要時間は25~33時間ほど。

日本との時差

日本とアルゼンチンの時差は12時間で、日本のほうが12時間進んでいます。

アルゼンチンにおけるビザ・入国手続きについて

日本人がアルゼンチンへ入国する場合、目的が観光で尚且つ3か月以内の滞在の場合、ビザは不要となっています。パスポートの残存有効期間は帰国時まで必要と法律で定まっていますが、念のため6か月以上期間が残っていたほうが安心でしょう。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があります。渡航の際には大使館や領事館、または旅行代理店等に確認することをおすすめします。 入国審査では、Extranjeros(外国人)のカウンターに並び、入国審査官からの質問に答えましょう。質問の内容は主に入国の目的や滞在先についてなど。この際、帰路のチケットが必要となるので、すぐに出せるようにしておきましょう。なお、経由地がアメリカの場合はESTAの申請を忘れずにしてください。

アルゼンチンの気候について

アルゼンチンは南アメリカ大陸南部に位置し、大陸の大部分を占める国です。縦に長く南北の長さは3800 kmとなります。そのため1つの国でも様々な気候をみることができます。北は亜熱帯性地域から始まり、温帯、乾燥、寒冷の4つの気候区分が分布。夏は暑く、冬は雪が降ることもあるほど寒くなります。観光に向いているのは春・秋のシーズンでしょう。

アルゼンチンの免税について

TAX FREE加盟店で1日1店舗あたりの免税対象額以上を購入したときに、自己申告して免税書類を受け取ってください。購入レシートと未使用の購入品、パスポート、搭乗券、そして免税書類を出国時に税関に提示して書類に税関印をもらいます。税関手続き後は払い戻し金を受け取ります。払い戻し方法は、現金やクレジットカード、銀行小切手等があります。

必要最低払い戻し購入額 70ペソ
VAT税率 21%
払い戻し率 10-17.355%(上限50米ドル)
税関スタンプ受領期限 購入月末日より6か月
免税書類申請期限 書類発行日より6か月
免税条件
必要な税関スタンプ アルゼンチン税関
特記事項 レシート原本添付要。酒類(ワインは1本ならOK)、タバコ、オイル類は免税対象外です。

アルゼンチンの通貨とチップ

画像の出典元: pixabay.com

通貨について

アルゼンチンで使われている通貨はアルゼンチン・ペソ(Argentina Peso)です。補助通貨はセンターボです。 硬貨は1、5、10、25、50センターボ、1、2ペソ。紙幣は2、5、10、20、50、100ペソ。

チップについて

アルゼンチンにはチップを渡す文化があります。 <レストラン>サービス料が料理の代金に含まれていなければ、料金の10%程度を目安として渡します。カフェや軽食の店ではチップを置いていかなくて良いでしょう。 <ホテル>ホテルで、ベルボーイやポーターなどに荷物を運んでもらった際には$20程度、メイドには$10が目安です。ただし、ホテルや部屋のランクが上の場合は少し多めに渡します。 <トイレ>管理人がいるトイレを利用するときには、トイレにお皿が置かれているので、1$を目安として置きます。

旅のお役立ち情報

アルゼンチンのコンセント形状はtype-d

アルゼンチンの電圧とコンセント

アルゼンチンの電圧は220~240ボルト、周波数は50ヘルツです。プラグは3穴のBFタイプの他、C型、Oタイプ、SEタイプなので、日本のコンセントは使えません。日本の最新電化製品は変圧器を必要としないものが増えてきましたが、ものによっては変圧器が必要になります。

77

アルゼンチンのネット環境

インターネットの通信速度は速く、ホテルでもWi-Fiが使える場所が多くあります。また、国際ローミング対応機種があれば、音声通話、データ通信とも利用可能です。

103

アルゼンチンの飲料水

アルゼンチンの水道水は整備されています。そのため飲用も問題ありませんが、心配の方は市販のミネラルウォーターの購入をおすすめします。

文化・宗教・マナーについて

アルゼンチンの文化

アルゼンチンの文化はルーツとなるヨーロッパの影響を大きく受けています。首都であるブエノスアイレスは「南アメリカのパリ」とも呼ばれ、ヨーロッパ系の白人が多く住んでいます。その一方で、文化無形遺産に登録されているアルゼンチンタンゴや草原地帯パンパのガウチョ文化、北西部のアンデスを中心に残るインカからの独自文化などもあります。今でもあるマテ茶の回し飲みは先住民族の伝統的な文化です。

アルゼンチンの宗教

アルゼンチンでは、国民の92%がローマ・カトリックを信仰しています。その他の宗教ではプロテスタント、ユダヤ教、イスラム教、少数ですが無宗教者もいます。

アルゼンチンのマナー

アルゼンチンは外務省より渡航情報として「十分に注意してください」と発表されています。 ブエノス・アイレス市以外の近隣地域(都市中心部から40キロ圏)が対象です。 近年、政治や経済の不振から犯罪が増えてきていて、凶悪な事件も少なくありません。観光客が狙われる事件も多いので、夜間に一人での外出は避けるようにして十分に気をつけましょう。

アルゼンチンの食文化

画像の出典元: costa-latina.com

アルゼンチンは牛肉消費大国です。その中でもガウチョ(カウボーイ)たちのバーベキュー、草原で豪快に肉を焼くアサードが一番有名です。味は岩塩のみという、シンプルながら素材のうま味がよくわかる料理です。一般的にはバカ(牛肉)が使われていますが、コルデロ(羊肉)やチビート (ヤギ肉)を用いたアサードも南部では好まれます。お祭りやホームパーティなどの人が集まる場では、必ずと言っていいほど食べます。なお、男性しかアサードを焼いてはいけない、という決まりがあります。 アルゼンチンでは、イタリアやスペインからの移民の子孫が多い国でもあります。そのため、ピザやパスタなどイタリアの食べ物は、食生活の基盤となっています。その中でも特に好まれているのが、ニョッキという小麦粉とじゃがいものすいとん風の食べ物です。毎月29日はニョッキの日と言われ、お皿の下にお金を置いてニョキを食べる日となります。 甘いもので有名なのが、アルゼンチンが誇るドゥルセデレチェ(直訳して甘いミルク)というクリームです。このクリームはコンデンスミルクと重曹と黒砂糖を煮詰めたものです。更にドゥルセデレチェと甘いクッキーを重ねた上に、さらに甘いチョコレートをかけたスイーツもアルゼンチン人が大好きなお菓子です。 お茶で有名なのがマテ茶です。アルゼンチン人の中では「飲むサラダ」と言われ、肉料理中心のアルゼンチン国民の健康に欠かせない飲み物です。

アルゼンチンの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

アルゼンチンの主要観光地

アルゼンチンの主な観光地は、ティエラ・デル・フエゴ国立公園、大聖堂(カテドラル・メトロポリターナ)、コロン劇場、カミニートなどです。

アルゼンチンの世界遺産

アルゼンチンには、文化遺産が5件、自然遺産が4件あります。 文化遺産は、グアラニーのイエズス会伝道所群、リオ・ピントゥラスのクエバ・デ・ラス・マノス、コルドバにあるイエズス会伝道所とエスタンシア群、ケブラーダ・デ・ウマワーカです。 自然遺産はロス・グラシアレス、イグアス国立公園、バルデス半島、イスキグアラスト/タランパヤ自然公園群です。

アルゼンチンのお土産について

<マテ茶セット> マテ茶はアルゼンチンの国民的飲料です。茶葉ももちろんお土産として人気がありますが、それと併せてマテ(お茶を入れるカップ)とボンビージャ(ストロー)がセットになったものが人気。さまざまな素材で作られており、価格もお手頃なものが多いです。 <アルゼンチンワイン> 日本ではあまり知られていませんが、アルゼンチンは世界第5位のワイン生産量を誇るワイン大国です。首都ブエノスアイレスを筆頭に専門店がいたるところにあります。ワイナリーで現地のフレッシュワインに舌鼓を打ってみてください。

アルゼンチン行き航空券利用者の声

成田⇔ブエノスアイレス 40代女性

かねてから行きたいと思っていたアルゼンチンのブエノスアイレスへ行きました。フライトはエミレーツ航空で、ドバイで乗り継ぎました。成田~ドバイは10時間、ドバイで3時間ほど時間があり、ドバイ~ブエノスアイレスのエセイサ国際空港(ミニストロ ピスタリーニ国際空港)まで19時間35分でした。ドバイ空港はとても大きな空港でカフェやショップも多く、待ち時間はあっという間に過ぎてしまいました。エセイサ国際空港(ミニストロ ピスタリーニ国際空港)もアルゼンチンの玄関だけあって大きく、ショップやカフェなどが充実していました。市内まではタクシーで向かいました。ブエノスアイレスは見どころの多い都市でした。最も有名なのがサン・ニコラス地区で、大統領官邸のカサ・ローダは必見。映画やミュージカルの「エビータ」の舞台になったところですね。アルゼンチンの歴史が刻まれたプラザ・デ・マヨ、現ローマ法王フランシスコの出身の大聖堂などがあり、カジェ・フロリダではショッピングを楽しみました。アルゼンチンでは牛革製品が有名だそうで、ちょうどセールになっていた本革のバッグを買いました。カミニート地区はタンゴ発祥の地と言われていて、タンゴの衣装をまとった人たちと一緒に写真が撮れるようになっていて面白かったです。

成田⇔ブエノスアイレス 50代男性

以前から行きたいと思っていたアルゼンチンへ夫婦で旅行に行きました。格安航空券を探したのですが見つからず、結局エミレーツ航空を利用しドバイ経由でアルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ行きました。ブエノスアイレスから飛行機で3時間半ほどのところにあるエル・カラファテへ行き、ロス・グラシアレス国立公園のツアーに参加しました。南アメリカ南端のアンデス山脈南部に位置する自然保護区で、大型の氷河が40以上、小型の氷河が200以上もあり、隣接した荒野は動植物の楽園になっています。クルーズ船に乗ると、氷河を間近に見ることができ、特に崩れ落ちる氷河の光景は圧巻でした。また、イグアスの滝(アルゼンチン側)へも行きました。こちらは、ブエノスアイレスからアルゼンチン航空で約2時間、プエルト・イグアス国際空港からアクセスできます。イグアスの滝は世界最大の水量を誇り、滝が流れ落ちる様子は一見の価値があります。ブラジル川からもアクセスできるのですが、今回はアルゼンチン川からその大迫力の滝を楽しみました。アルゼンチンはまだまだたくさんの観光スポットがあります。次回は別の場所を訪れてみたいと思います。

成田⇔ブエノスアイレス 20代男性

大学の夏休みにアルゼンチン旅行へ行きました。成田からアルゼンチンまではエミレーツ航空で。ドバイで乗り継ぎアルゼンチンのブエノスアイレスまで長い旅でした。エミレーツ航空はサービスも充実していてとてもよかったです。ブエノスアイレスの空港は大きく、明るくて機能的でした。アルゼンチンの玄関だけあって立派だと思いました。ブエノスアイレスではゲストハウスに泊まり、世界中の友だちと楽しく過ごしました。そこで知り合った人たちとバルデス半島へ行って、ミナミセミクジラ・マゼランペンギン・ミナミゾウアザラシなどの野生動物を見に行きました。タランパジャ自然公園群、南米のグランドキャニオンと呼ばれるケブラーダ・デ・ウマワーカなどを訪れました。アルゼンチンは国土が広く、まだまだたくさん観光スポットがあります。またいつか訪れてみたいと思っています。

アルゼンチン旅行 よくあるFAQ

エミレーツ航空の受託手荷物の許容量はいくらですか?

南アメリカを出発または到着する旅程の場合、すべてのクラスで1個あたり32kg以内の手荷物を2個までお預けいただけます。アルゼンチン発着のご旅程(アルゼンチンとブラジル間のフライトを除く)の場合、エコノミークラスのお客様は1個あたり23kg以内の手荷物を2個までお預けいただけます。

アルゼンチンのベストシーズンは?

12月から3月頃が南米の夏にあたり、過ごしやすいです。

アルゼンチンでは英語は通じますか?

首都や若い人には英語が通じることが多いですが。公用語はスペイン語です。

エミレーツ航空ではスポーツ用品を預けることができますか。

スポーツ用品及び楽器には、他の機内手荷物と同じ大きさと重量の制限が課せられます。