1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. イタリア
  4. トリエステ

トリエステの概要

トリエステ

画像の出典元: Twice25 & Rinina25

人口-
都市コードTRS
人気の航空会社
  • アリタリア - イタリア航空
  • 全日空
  • ルフトハンザドイツ航空
飛行時間13~15時間
トリエステ発の航空券情報はこちら

トリエステまでは飛行機でおよそ13~15時間で行くことができます。トリエステの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてトリエステ旅行を有意義に楽しみましょう。

トリエステ行きの最安値を比較

アドリア海最奥部にある国境の街「トリエステ」

イタリア北東部、バルカン半島への玄関口となっているトリエステ。中世にオーストリア帝国が支配して以降、港湾都市として栄え、現在でもその賑わいは続いています。街中には古代から近代までの歴史を感じることのできる見どころが数多く存在し、中でもオススメなのはミラマーレ城です。この城はオーストリア大公によって1856年から1860年にかけて建てられたもので、アドリア海を優しく見守るようなその佇まいは、異国情緒溢れた美しい光景です。他にも1世紀後半に建てられたとされるローマ劇場や、第二次世界大戦機の強制収容所リジエーラ・ディ・サン・サッバなど見どころが満載。他のイタリア都市では味わえないトリエステ独特の雰囲気は、一見の価値ありです。

トリエステの歴史

東ヨーロッパとの境目に位置するトリエステは、古くから多くの国家によって支配され、紛争の舞台となりました。中でもオーストリアによる支配の歴史は長く、街並にはその当時の面影を残した建築物が多く存在します。また、その地理的条件から東ヨーロッパからの移民が多く、言語もイタリア語に限らずドイツ語やスロベニア語など様々な言葉が使われます。このことからも、昔から他の地域の影響を少しずつ受けていることをうかがい知ることができます。

トリエステの経済

トリエステの経済はホテルやレストランなどのサービス業、歴史的遺産を活かした観光業によって支えられています。ホテルはアドリア海沿岸に建てられたものが多く、比較的リーズナブルな料金で美しい景観を楽しめることから観光客に人気です。また昔から貿易で栄えてきたこともあり、各地から物資や人が集まります。このような物も人も集まりやすい背景が、街の発展の大きな要因になっていると言えるでしょう。

トリエステ行きの格安航空券について

日本からトリエステ国際空港までの直行便が存在しないため、乗り継ぎが必要です。一般的なのはローマを経由して向かうルート。ローマからトリエステまではおおよそ1時間10分で、ライアンエアを始めとした数々の航空会社が就航しています。格安航空券もあるので、ご予約はお早めにどうぞ。

トリエステの気候

地中海性気候に属し、日本と同じく四季があります。しかし東京に比べ冬場は冷え込み、「ボーラ」という地域特有の強風が吹くためにあまり観光には向きません。したがって観光に適しているのは4月~10月。過ごしやすい気候が続き夏場でも最高気温は20℃台後半と控えめで、快適に旅をすることができます。降水量は他のイタリアの地域と比べ多めなので、雨具を持参すると良いでしょう。

トリエステの主な交通手段

トリエステの主な交通手段

画像の出典元: matanya

市内ではトリエステ・トラスポルティによるバスとトラム(路面電車)が主要な交通手段です。また、イタリア内外問わず近隣都市への玄関口となっており、ベネチア、ミラノ、ローマなどへ繋がる鉄道やクロアチアのリゾート地ロヴィニ、スロベニアの首都リュブリャナなどへのバスが運行しています。

トリエステ行き航空券利用者の声

成田↔トリエステ 22歳女性

友だちとの夏休みの旅行でトリエステまで行ってきました。行きは成田から出発し、ローマで14時間の乗り継ぎ、そこからトリエステに行く航空券を購入しました。帰りも同じ経路のものでしたが、ローマでの乗り継ぎ時間は3時間でした。最初はローマで14時間というのにとても抵抗がありましたが、この航空券がダントツ安かったのでそこは妥協して購入しました。しかし、実際にローマ空港に行くと本当に大変な思いをしました。空港はそこまできれいではなかったですし、寝る場所もありませんでした。他の人は床で寝ていたりしたのですが、私たちはそれには抵抗があったので、椅子に座ったまま夜を明かしました。これで疲れが一気にたまってしまい、トリエステ到着後はホテルでぐったりとしてしまいました。
トリエステは、小さな町ですが建物などがとても美しい町でした。トラムも頻繁に走っているので、観光もとてもしやすかったです。8月に行きましたが日本のようにじめじめとした暑さもなく、快適に過ごすことができました。英語が通じない箇所も多くありましたが、街の人はみんな親切で、とくに困ることもなかったです。

羽田↔トリエステ 42歳男性

ミュンヘンを経由してトリエステまで行きました。行きも帰りもすべてルフトハンザ航空の利用です。以前ルフトハンザ航空を利用しようとした際はストライキをかぶってしまい、他の便を搭乗することになるというトラブルにあいましたが、今回は問題なく利用することができました。
帰りのフライトの客室乗務員の中に、日本語が話せる方がいて、とてもよくしてもらいました。飲み物や新聞など、いろいろと声をかけてくれて、気持ちのよいフライトとなりました。機内食で提供されたビーフシチューもとてもおいしかったです。フライトもすべて時間通りに到着したのでよかったです。
ただ、到着した際にスーツケースに小さな傷がありました。地上係員の人にいったのですが、運送上やむを得ない破損とのことで、免責という案内を受けました。買ったばかりのスーツケースだったのでとてもショックでした。中に入っていたグラスにもひびが入ってしまっていたので、かなり雑に扱われていたのだと思います。次はソフトタイプのスーツケースにしたり、梱包をしっかりしたりなどの対策をしっかりと取ろうと思います。

成田↔トリエステ 35歳女性

インターネットで検索して、一番安い航空券を購入しました。アエロフロート航空利用のモスクワとローマを経由したフライトです。ロシアの航空会社で、墜落事故が以前にあった航空会社とのことですが、利用した感想としては特に気になる点はありませんでした。行きも帰りもチェックインの担当の人はとても親切でした。帰りの時などは、座席が後ろのほうだったので、乗り降りがしやすい様にと前方の席に変えてくれました。乗り継ぎがあり早く降機したいと思っていたので、とても助かりました。座席も十分な広さがあり、快適でした。ただ、日本人の利用はなく、ほとんどがロシアの方のように見受けられました。隣に体格のいい人が来てしまうと、少し窮屈な思いをすることになりそうです。
トリエステも小さい町ながらも見る場所がたくさんあり、とても楽しい滞在になりました。ただ、行った時期が雨季と被ってしまっていたので、旅行の半分は雨という残念な結果になりました。トリエステは、建物の中というより、街を散歩しつつ景色や雰囲気を楽しむようなところなので、雨が少ない時期に行くのがいいと思います。

トリエステ旅行 よくあるFAQ

予約番号とは何ですか?

予約番号とは6桁の数字とアルファベットで構成された番号です。紙の航空券、eチケット関係なく、すべての航空券に対して発行され、これで予約の管理をしています。Eチケット番号とは異なりますので、混同しないようにしましょう。

楽器は機内に持っていくことができますか?

航空会社が規定するサイズ内であれば機内に持ち込むことができます。しかし、それを超える場合は預ける必要があります。また、楽器に関しては破損があった場合も免責となります。
ですので、どうしても預けたくない場合は、楽器用に追加で席を購入することも可能です。

生ものは持っていけますか?

生ものは基本的には他国に持っていくことはできません。しかし、検疫済証などがついている食品に関しては持ち込むことが可能です。

出発の何分前までに搭乗口に行けばいいですか?

遅くとも出発の10分前にはいくようにしましょう。しかし、航空会社によっては早く締め切ってしまうこともあります。ですので、搭乗券に記載された搭乗時刻あたりには搭乗口に到着するくらい余裕を持っていくのがいいでしょう。
搭乗するのが遅い場合は、アナウンスで名前を呼ばれることもあります。