1. トップ
  2. 中米/カリブ海
  3. パナマ
  4. パナマシティ(パナマ)
  5. トキュメン国際空港

トキュメン国際空港行きの格安航空券

パナマ トキュメン国際空港の画像

画像の出典元 en.wikipedia.org

正式名称トキュメン国際空港(Tocumen International Airport)
空港コードPTY
トキュメン国際空港発の航空券情報はこちら

トキュメン国際空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からトキュメン国際空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。トキュメン国際空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

トキュメン国際空港行きの最安値を比較

運河へ導く、中央アメリカ最大の国際空港

南北アメリカ大陸に挟まれた小さな国、パナマ共和国の首都パナマシティから約28km東に位置する国際空港です。パナマのキャリアフラッグであり、世界第8位の航空路線網をもつコパ航空の本拠地となっています。普段ほとんど見かけることのないコパ航空の飛行機がいっぱいいるので、ついついカメラを向けてしまいますね。 2006年に拡張・改装工事が行われて大きく生まれ変わり、規模・利用者数は中央アメリカで最大となりました。近くには太平洋と大西洋を結ぶ交通の要衝パナマ運河やスペイン統治下時代の町並みといった世界遺産があるので、空港には世界中から人が集まってきます。一生に一度は行ってみたいですね。

日本から就航している航空会社

直行便はありません。
航空会社によって経由地が違いますが、コパ航空を利用して乗り継ぐとお得になるようです。

-エア・カナダ(トロント経由)
-ユナイテッド航空(ニューヨーク・ワシントン・ロサンゼルス・ヒューストン他経由)
-アエロメヒコ航空(メキシコシティ経由)

トキュメン国際空港の規模、設備情報

国内線・国際線が同じターミナルにあります。国内線は国際線出口から北側の地上階に位置しています。ターミナル内には教会もあります。 中米で最も乗降客が多く、中南米で唯一2本の滑走路がある大きな空港ですが、第2ターミナルや新しい滑走路の計画もあり、ますますの拡張が期待されています。

インフォメーション 各フロア中央にインフォメーションがあります。
落し物 1Fインフォメーション右側奥に遺失物情報センターがあります。
Wi-Fi フリーWi-Fiは、e-mail登録で2時間利用できます。
両替/銀行 出発ロビーには銀行とATM、1Fタクシーカウンターの向かいに両替所があります。 公式通貨はパナマバルボア(PAB)ですが、US$が広く流通しどこでも使用できるため、わざわざ両替しなくても大丈夫です。主要クレジットカードも利用可能です。
ラウンジ 「TOCUMEN ROYAL SALOON」が一般区域3Fにあります。 フードはありませんが、ソフトドリンクはフリー、アルコールは1人3杯まで無料になっています。

パナマシティ中心部へのアクセス

空港からパナマシティへは、タクシーかコレクティーボという乗り合いタクシーがおすすめです。

タクシー

車体に「TAXI」と表示してある空港公認のタクシーを利用しましょう。所要時間は約30分程度、料金はパナマシティ市街地まで約US$20~30程度です。料金はメーター制でなく、事前に運転手との交渉が必要です。高速道路通行料や早朝・深夜割増料金が掛かることもあるので、事前に確認しておきましょう。

コレクティーボ(乗り合いタクシー)

所要時間は約30~40分程度、料金はパナマシティ市街地まで約US$11程度です。到着ロビーにある案内所で予約できます。

バス

早朝から深夜まで運行しているので便利ですが、車両は古く、混んでいて時間がかかります。また、スリも多いので注意が必要です。

トキュメン国際空港の搭乗手続き

航空会社のカウンターで航空券とパスポートを提示し、搭乗券を受け取って受託手荷物を預けます。出国審査ではパスポートと搭乗券を提示し出国カードを渡します。セキュリティチェックが混み合う時期もありますので、早めに手続きするようにしましょう。

空港近辺のホテル、空港のシャワー情報

空港西側に隣接した「クラウンプラザ・パナマ・エアポートホテル」が便利です。比較的新しい4つ星ホテルで、無料で空港送迎もありますのでご利用ください。 空港内にシャワーはありません。

空港内のグルメ情報

空港内のショップ情報

レストラン、カフェをはじめ、手軽なフードコートや軽食バーなどがあります。

アルコール・化粧品・家電などの多くの免税店をはじめ、クロックス、食料品・雑貨など色々なショップがあります。手軽で美味しい「m&m」など、買い忘れたお土産対策もバッチリです。 また珍しく、搭乗フロアにUFOキャッチャーが。旅の記念に、挑戦してみてはいかがでしょうか。