1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ジョージア
  4. トビリシ

トビリシ行きの飛行機・航空券を検索

トビリシの概要

トビリシ

画像の出典元: iStock

人口-
都市コードTBS
人気の航空会社
  • カタール航空
  • ターキッシュ エアラインズ
  • エミレーツ航空
飛行時間15~17時間

トビリシ発の航空券情報はこちら

トビリシまでは飛行機でおよそ15~17時間で行くことができます。トビリシの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてトビリシ旅行を有意義に楽しみましょう。

トビリシ行き航空券の最安値を比較

歴史ある街並みが目を引くグルジアの都市「トビリシ」

グルジア(ジョージア)東部にあるクラ川の河畔に位置する首都・トビリシ。山や丘に三方を囲まれた都市で、国の人口の4分の1が居住しています。現在の旧市街は歴史保存区域とされており、歴史を思わせる19世紀の街並みが現存しています。また、都市の中心にある大通り「ルスタヴェリ通り」には市庁舎や国会、オペラハウスなどが立ち並び、多くの人でにぎわいをみせています。ちなみにトビリシという名称は、グルジア語で暖かいを意味する「トビリ」からきていると言われています。

トビリシの歴史

4世紀のペルシア史料によると、すでに集落があったと言われているトビリシ。今でも市内に一部だけ残されている「ナリカラ砦」は、この頃に造られたものです。旧市街を見渡す高台にあるこの砦は、19世紀はじめ頃に起こった火薬庫の爆発にて多くの建物が失われました。ですが、跡地には教会が立てられ、多くの人が集まる場所となっています。また、トビリシから出土した陶器や手工芸品などの展示をしているトビリシ歴史博物館は、19世紀に利用されていた隊商宿の建物をそのまま使用しています。

トビリシの経済

トビリシは国内の政治・経済・工業の中心地。ほかにもトビリシ国立大学をはじめ、多数の高等教育機関や劇場、博物館などが設けられているなど、教育・文化面に力を注いでいます。また、トリビシが属するグルジアは、ワイン発祥の地として知られる共和制国家。そのことから市内に位置するソロラキの丘には右手に剣、左手にワインを持った「グルジア母の像」があり、町のシンボルとなっています。

トビリシ行きの格安航空券について

日本からトビリシへの直行便は運航していないため、乗り換えが必要です。モスクワ、もしくはイスタンブールなどでの乗り換えを経て、渡航するのが主流。格安航空券をお求めの方はトルコ航空を利用し、イスタンブールで乗り換える方法があります。乗り継ぎ時間は長くなりますが、費用を安く抑えたい場合には検討してみるのも良いでしょう。

トビリシの気候

ケッペンの気候区分によると温暖湿潤気候に属しているトビリシは、日本同様に四季が存在します。内陸に位置することから夏は暑く、冬は氷点下を記録することもあるなど、比較的寒くなっています。冬場に訪れる際は防寒をしっかりするようにしましょう。

トビリシの主な交通手段

トビリシの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

トビリシにあるトビリシ国際空港から市内へは、バスが運行しています。また、市内では地下鉄やバス、タクシーといった交通機関が利用できます。地下鉄を利用する際はその都度切符を購入するよりも、事前にメトロカードを購入した方が楽かもしれません。

トビリシ行き航空券利用者の声

成田⇔トビリシ 31歳男性

以前から一度訪れてみたかったジョージアのトビリシに行ってきました。普段から海外旅行は好きで短期間の弾丸ではありますが格安航空券で旅をしており、今回もいつものようにそれで行ってきました。利用したのはトルコ航空。トビリシまでは日本から直行便がないのでどこかを経由しなければならないけれど、トルコ航空は他社より安かったというだけでなく、以前ヨーロッパに行く際に利用したことがあり、結構お気に入りの航空会社です。成田からトルコのアタテュルクへは日本時間の夜出発ということもあり、機内で寝ていれば早朝にトルコに到着するのも魅力の一つ。そして何よりもトルコ航空は機内食がおいしい。私の中ではおいしい機内食を提供する航空会社ベスト3に入っています。トルコ航空を利用する人の間で人気なのが自家製レモネードなのですが、これもとてもおいしいのでおすすめです。機内は空席は目立たなかったのですが隣が空席だったこともあり、エコノミーでしたが優雅に過ごせました。歯ブラシセット、靴下などがポーチに入ったアメニティグッズも配られるし、かなり満足なフライトでした。アタテュルクからトビリシに向かうフライトもトルコ航空でしたが、こちらは意外にもほぼ満席でした。トビリシに到着後は旧市街など観光し名物ワインも楽しめました。

成田⇔トビリシ 56歳男性

夫婦揃ってワインが好きということもあり、個人旅行でワインの産地を旅するのが趣味です。トビリシもワイン目当てで妻と2人で訪れました。今回も格安航空券を利用してジョージアのトビリシまで。利用したのはトルコ航空です。もう少し安い格安航空券もありましたが、乗り継ぎ地での滞在時間が長いとか、乗り継ぎが2回あったりしたので、1回の乗り継ぎでトビリシに行けるトルコ航空を選択。成田を夜出発だったので昼間と比べると人も少なかったように感じました。機内はほぼ満席でしたが。成田を夜9時半近くの出発だったのでその日は午前中は仕事をしてきたせいもあって、食事以外は寝ていました。エンターテイメントが充実していたので妻は映画を見て過ごしていたようです。機内食は温かいパンが配られ感動しました。トルコ航空はシェフのような人がいることに驚きました。名物というレモネードはすでに終わっていたのが残念でしたが、サービスもよく快適に過ごせました。トルコに早朝の4時頃到着し約2時間程の乗り継ぎ時間がありましたが、空港は早朝にも関わらず多くの乗り継ぎ客がいたことに驚きました。トビリシへは2時間半程度のフライトでした。トビリシでは旧市街、教会など美しくワインも堪能できたので大満足です。また訪れてみたい場所の一つになりました。

成田⇔トビリシ 27歳男性

海外旅行に目覚めて、格安航空券をチェックしています。メジャーな国ではなく少しマイナーな国の方が惹かれる部分があって、今回選んだのがジョージアのトビリシでした。グルジアという呼び名からつい最近ジョージアに変わったというのも惹かれた理由。格安航空券を調べていたらアエロフロートロシア航空が一番安かったので即決。成田空港を昼に出発してロシアのモスクワ・シェレメーチエヴォ空港で乗り継ぎしトビリシに向かうというフライト。 成田空港ではチェックイン時に荷物のチェックが厳しかったように感じました。機内はほぼ満席。アエロフロートは以前はあまりいい評判がなかったようですが、自分が利用したフライトは特に不満もなく機内食もおいしかったし、アイスも配られたし満足。スタッフに日本人はいなかったと思うけれど特に困ることもなく快適に過ごせました。ただ、シェレメーチエヴォ空港に到着してからは空港の乗り継ぎ客の対応がスムーズでなく乗り継ぎ時間が短い人は焦っていたので、そこが改善されたらいいなと思いました。再びアエロフロートロシア航空利用でトビリシへ。イメージしていたよりかなり治安もよく、絵になる建物も多く旧市街をはじめとし色々観光しました。復路も同じルートでしたが、格安のチケットだったし総合的には大満足です。

トビリシ旅行 よくあるFAQ

モスクワ経由で第三国に向かいますが乗り継ぎ時間が長いので空港の外に出たいのですが。

ロシアを経由し飛行機を乗り継ぐ際に、空港の外に出る際には通過ビザ(トランジットビザ)が必要です。日本からロシアを経由して第3国に渡航する場合、またはその逆のみ申請が受けられます。通過ビザは3日以内に制限されており事前に書類の申請が必要です。

航空券を購入してありますが急用ができてしまいました。キャンセルすることはできますか?

ご購入された航空券がキャンセル可能かどうかはご利用される航空会社によって異なります。キャンセル方法や返金などの条件も異なりますので、ご利用される航空会社にお問い合わせください。

飛行機に乗る際、荷物を預けるに当たり注意することはありますか。

ご利用する航空会社、ご利用される座席クラスによっても無料でお預かりする荷物の重量が異なりますので事前確認をおすすめします。また、預ける荷物は自分なりの目印を付けたり、紛失時に英語などで説明できるといいでしょう。

ジョージアに行きます。パスポートの残存有効期限はどのくらい必要ですか?

ジョージアではパスポート残存有効期間は6ヵ月以上が必要です。ビザなどの条件については変更が多いので大使館などで最新情報をご確認してください。