1. トップ
  2. オセアニア
  3. フィジー
  4. スバ

スバの概要

スバ

画像の出典元: 

人口-
都市コードSUV
人気の航空会社
  • フィジーエアウェイズ
飛行時間10~13時間
スバ発の航空券情報はこちら

スバまでは飛行機でおよそ10~13時間で行くことができます。スバの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてスバ旅行を有意義に楽しみましょう。

スバ行きの最安値を比較

フィジー国内からのスバ行き 最安値を比較

南太平洋最大のグローバル都市「スバ」

スバはビティレブ島の南東に位置するフィジーの首都です。治安も良く、南太平洋の最大のグローバル都市として知られており、外国人にとても友好的です。市内の人口のほとんどを海外からの移住者や留学生で占めています。ナウソリ国際空港が最寄り空港であり、国際線が最も多く行き交うナンディ国際空港には約30分で到着することができます。その為、近隣国も合わせて観光に行きたい際、とても便利な都市と言えます。また、港の整備がしっかりとされており、港湾都市としても有名です。市内での移動は船ですることも多く、東京のような満員電車に悩まされること無く、ゆったりと移動することができます。

スバの歴史

スバがあるフィジーは1874年にイギリスの植民地となって以来、96年間もイギリスの支配下にありました。1882年には植民地の首都がスバに移動。その為、スバにはネイティブフィジアンよりも、植民地時代の子孫や海外からの移住者が数多く定住しています。その後、商工業が発展し、スバはフィジーの海の玄関口として栄えました。

スバの経済

フィジー、そしてスバで大きな産業を占めているのが「砂糖」です。国外への輸出のほとんどを砂糖が占めています。市内にはサトウキビ畑が各地にあり、近年では若者が観光を目的に訪れることもあります。日本で一般的に見られるホワイトシュガーとは違い、スバのレストランやカフェでは、ブラウンシュガーが必ず備え付けられています。

スバ行きの格安航空券について

現在、日本からスバへの直行便はありません。同じフィジー島のナンディを経由して行く必要があり、ナンディまでは様々な方法で向かうことができます。成田空港発の格安航空券としては、ジェットスター航空でゴールドコーストを経由しフィジー西部のナンディへ向かい、そこからフィジー・エアウェイズでナウソリ国際空港へ行く方法があります。日本からスバまで2回乗り継ぎとはなりますが、価格重視の方にはおすすめです。

スバの気候

スバの平均気温は年間を通して25度前後であり、リゾート観光地としては持って来いの場所と言えます。一方で日差しがとても強い為、日焼け対策を充分しておきましょう。12~3月には40度近くになることもあり、降水量も他の月に比べて多くなります。観光に行かれる方は、乾季である6~10月がオススメです。

スバの主な交通手段

スバの公共交通機関として有名なのが船です。スバでは商工業が栄えて以来、港も綺麗に整備されています。のどかな気分でスバの美しい風情を楽しみながら移動してみましょう。しかし、日差しにあたる時間がどうしてでも多くなる為、日焼け対策が欠かせません。他にも市内の移動や、フィジー国内の他都市への移動にはバスやタクシーが利用できます。

スバ行き航空券利用者の声

成田⇔スバ 50歳男性

私の娘がフィジーで語学留学をしており、その様子を見るのと旅行も兼ねてフィジーへ行ってきました。娘が留学していなかったら、名前すら知らなかったフィジー。航空券は娘に調べてもらい、時間は掛かるものの安い航空券を用意することに。
そして、予約した航空券は、中国東方航空で上海の浦東空港を経由してシドニー、さらにシドニーからフィジー・エアウェイズでスバに行くというものです。上海で乗り継ぎの時間や飛行機の発着に遅れが出たこともありますが、合計で27時間。退屈をしのげるように、本や音楽プレーヤーなどを用意しておいてよかったです。
成田空港の職員さんは本当に丁寧で、場所まで一緒に誘導してくれて大変助かりました。韓国での待機時間が少し長かったですが、仮眠をとったり久しぶりに本を読んだりと、意外に有意義に時間を使うことが出来ました。スバについてからは娘が迎えに来てくれて、久々にみた娘は少し頼もしく感じました。その後おすすめのアイランドへ行ったり、フィジー文化を経験できる場所へ連れて行ってくれたりと、久々の親子時間を楽しむことが出来ました。
帰りは娘は学校の授業で遅れませんでしたが、タクシーを手配してくれたので助かりました。行きと同じ航空会社、経由地だったので少し不安は軽減。一人で片言の英語ながら挑戦し、無事に搭乗手続きを終えることが出来ました。どんな場所へも今は直ぐに飛行機でいけて、本当に便利ですね。また娘が返ってくるのが楽しみです。

大阪⇔スバ 22歳女性

大学4年を休学して、フィジーへ語学留学を行くことを決めました。最近人気の英語語学留学の中でもフィジーは特に安くできて魅力的です。大学生なのでなるべくお金を抑えられる所は抑えるように航空券を選んだ結果、香港乗り換えのものが期間的に安くそれに決めました。ネットで格安航空券を予約し、登場前にWEBチェックイン。しかし大きな荷物が合ったので搭乗手続きカウンターに並ばないといけず結局少し早めに向かいました。
初めての海外語学留学ということもあり少し不安でしたが、ワクワクのほうが大きく、送りに来てくれた両親に別れを告げる時は笑顔で行けました。航空会社は上海航空で関西空港から上海の浦東空港、次は浦東空港から中国東方航空でシドニー、最後にフィジー・エアウェイズでスバに到着。発着に時間がかかったでのか乗り継ぎの空港ではあまりのんびりできませんでした。
それでも、なるべく空港職員さんとも英語の練習とおもって話すように心がけ、乗り換えの時はわかっていても道を聞いたりと練習していました。フィジーの職員さんは特に陽気でこれからの留学がますます楽しみに。
到着後は迎えに来てくれた語学学校のスタッフさんと寮まで行き、私の留学生活はスタートしました。あれから半年、返ってくる時も確認してみたら行きと同じ航空会社。前と同じく、なるべく現地の人と話すようにしていましたが、明らかに英語力の上達を感じる事ができて本当に嬉しかったです。

羽田⇒ナンディ⇒スバ 30歳男性

会社の仲間と、有給消化を取ることが出来たので南の島、そして世界一幸福な国にも過去選ばれたフィジーに行くことに。ネットで格安航空券を検索し、一番早く行ける方法で航空券を予約しました。身軽に行くため、学生時代によくしていたバックパックで行き、WEBチェックインをしてそのまま保安検査場へ。やっぱり荷物が軽いっていいですね。搭乗手続きも並ばなくて済むし、いい事だらけです。キャセイパシフィックで羽田からナンディへ香港を経由して行きました。ナンディからはバスで行きました。その方が時間を節約できたからです。
ようやく約20時間ほどかけて到着したスバは、晴れ。僕たちを迎えてくれた様な気持ちのいい天気でした。さっそく町を散策してからバックパッカーへ。学生時代ぶりのバックパッカーはなんだか懐かしかったです。その後も、ビーチへ行ったり泳いだり、バーにもいったりと存分に羽を伸ばすことが出来ました。フィジー人の明るさに触れて、なぜこの国が世界一幸せな国に選ばれたのかも少しわかった気がします。
帰りはスバから飛行機に乗ろうか迷いましたが、やはりナンディの方が多くの便が発着しており、時間もお金も節約できるので、ナンディまでバスで行って、ナンディから帰国しました。

スバ旅行 よくあるFAQ

バックパックを機内に持ち込みたいのですが、どの大きさまでなら大丈夫でしょうか?

主に3辺の合計が157cm以内かつ、7kg以下となっていますが航空会社によっては既定が異なるためご利用になる便がわかりましたら直接問い合わせすることをおすすめします。

WEBチェックンはどうやったらできますか?

航空会社によって、WEBチェックインを行っている、行っていない会社があります。行っている会社であれば、パソコンや携帯から航空会社ホームページへアクセスすることでWEBチェックインをすることができます。

酔い止めの薬は持ち込むことが出来ますか?

はい、できます。市販薬である錠剤や粉薬はおおむね持ち込むことが出来ます。液体物は制限が異なりますので、ご確認ください。

座席は事前に決めることが出来ますか?

航空会社や座席クラス、予約方法により異なります。航空券予約前に、各航空会社のホームページにてご確認ください。