目次

オーストラリア
の留学情報

オーストラリアの魅力

広大な土地を誇るオーストラリアは、都会でありながら大自然を満喫できる留学先として高い人気を誇る国です。親日国ということもあり、安全で過ごしやすい環境があることから、年間を通して多くの日本人が留学しています。

移民が多く、多文化・多国籍国家であることもオーストラリアならではの魅力です。海外が初めてという方でも比較的馴染みやすく、フレンドリーな方が多いことでも知られています。
オペラハウスなど世界遺産やショッピングモールなども数多くあるため、観光も留学も満喫したいという方におすすめの留学先です。

目次

オーストラリアの基本情報

首都 キャンベラ
人口 約2,575万人
気候 12月~2月:夏
3月~5月:秋
6月~8月:冬
9月~11月:春
時差 +1時間
通貨 オーストラリアドル
公用語 英語
電圧 220-240V、O型プラグ(ハの字型)
主な宗教 キリスト教52%、無宗教30%
当月の為替 1オーストラリアドル=91円
(2023年5月現在)

オーストラリア留学の魅力

治安の良さが常に世界ランキング上位ということもあり、留学や海外が初めての方にも自信を持っておすすめできる国です。壮大な自然と近代都市がコラボした留学先としても常に人気の渡航先として上位にランクインしています。

オーストラリアは世界200カ国の人々が共存するほどの多国籍な国です。グローバル化が進む中で、最先端での多彩な異文化理解を学ぶことができるのも嬉しいポイント。

また、オーストラリア留学の最大の魅力はなんといっても「就労可能な留学制度」であることです。他の国だと留学生が就労しようとすると、学生ビザとは別に就労ビザを申請する必要がありますが、オーストラリアでは学生ビザでも就労が可能なんです!
収入面はもちろんのこと、学校だけではなく、仕事を通して英語を学べたり人間関係の幅も広がりますよ。

人気都市紹介

オーストラリアの地図

オーストラリアでの暮らし

気候

ほとんどの都市で四季があり、季節は日本とは反対になります。平均気温は約18度で、1年を通して温暖な気候です。

また、オーストラリアはオゾン層が薄く、紫外線の影響を受けやすい国でもあります。特に夏場は日焼け止めやサングラスは必須になるので注意が必要です。

物価

オーストラリアの物価は全体的に日本より高い傾向にあります。特に、オーストラリアは雨があまり降らないことから水の価値がとても高いです。

なので水は日本の3~5倍ほどの値段であることが多いですが、一方で野菜や肉類は日本よりも安価で買えることもあります。主食となるお米やパン、小麦などは比較的安く買えるので自炊をしてお弁当を持参するなどして節約もできます。

都市によって高かったり安かったり若干の差があるので注意が必要です。

治安

世界各国と比較しても、日本からの留学先としても人気が高く治安が良いとされています。銃規制も厳しいので欧米諸国に比べると安全ですが、盗難や置き引きには十分に注意しましょう。
夜の一人歩きもなるべく避けることをおすすめします。

特に都市部では人も多いので、日本人を狙った盗難事件なども発生しています。世界的に見れば治安は良いとされていますが、細心の注意を払うに越したことはありません。

留学費用の目安

渡航前

合計 ¥150,670〜247,230
航空券(往復) ¥123,300〜211,500
保険(海外留学保険) ¥25,250〜33,610
ビザ代 約 ¥2,120

現地での費用(4週間の留学の場合)

合計 ¥200,960〜450,760
学校(授業料) ¥62,160〜186,480
滞在先費用 ¥88,800〜164,280
生活費(食費・通信費・交通費・交際費) ¥50,000〜100,000

※ 航空券の費用は発着空港によって異なります。

※ 授業料および滞在費は学校により異なります。

※ 渡航後の費用には個人差があります。

※ 保険代金は1ヶ月間の金額です。

ビザ情報

入国ビザ

オーストラリアへ入国するためにはETASと呼ばれる観光ビザを取得する必要があります。観光ビザを取得することで、90日までの滞在が可能になります。

ETASの申請はこちらのサイトからできますので、パスポート・クレジットカード・メールアドレスの3点を準備しましょう。申請費用は2024年現在で20AUDです。

学生ビザ

滞在期間が90日を超えるのであれば、学生ビザが必要になります。学生ビザを取得することで、2週間あたり48時間までの就労も可能になります。入学許可書などを揃えた上でオンライン上での申請が必要です。

また、代理店経由で申請することもできます。スカイチケットでも代理申請サポートを受け付けているので、ご希望の際はお問い合わせください。

ワーホリビザ

オーストラリアのビザには、観光ビザや学生ビザとは別にワーホリビザがあります。このワーホリビザは、日本とオーストラリアの2国間の協定に基づいたビザになっており、余暇を目的とした12ヶ月間の滞在が許可されます。

ワーホリビザという名称が付いているので、就学や就労も許可されており、語学を学びながら働いてお金を稼ぎたい!という方にはマストなビザとなっています。

【LINEで気軽に費用見積もり・相談してみませんか?】

skyticket留学公式LINEを友だち追加して、さらに具体的な留学費用やおすすめの学校などがわかるLINE限定資料をGET!
あなたがご希望する留学プランの費用見積もりも可能です!お気軽に相談してみませんか?

▶︎▶︎ LINEのお友達追加はこちらから!◀︎◀︎

オーストラリアの語学学校

オーストラリア留学のよくあるご質問

  • Q:オーストラリアで留学中にアルバイトはできますか?

    A:オーストラリアでは学生ビザでもアルバイトが可能です。 コロナ禍での一時的な措置として、2023年6月30日まではフルタイムで働くことが可能、および学業開始前でも就労可となっています。

    ただし、2023年7月1日以降は以前の就労規定に戻り、2週間で40時間以内(学校で定められた休暇期間中はこの限りではない)かつ、学業開始前の就労は不可という制限付きとなるのでご注意ください。

  • Q:オーストラリアへの入国審査には何が必要ですか?

    A:留学におけるオーストラリアの入国審査では下記が必要となります。

    1. パスポート
    2. 機内で配られた入国カード
    3. ビザの案内書(大使館からのレターかEメールを印刷したもの)
    4. 入学許可書
    5. ETAS(観光ビザでいける短期間の留学の場合)
    6. 往復の航空券(観光ビザでいける短期間の留学の場合) 

  • Q:オーストラリア留学には年齢制限はありますか?

    A:ワーキングホリデーであれば、対象年齢が18~30歳と年齢制限がありますが、留学においては特に年齢制限は設けられておりません。
    年齢の上限はありませんが、学校やプログラムの内容によっては18歳以上と下限が設定されている場合があります。

  • Q:オーストラリアの学生ビザはどれくらいで取れますか?

    A:学生ビザについては最短だと2,3日ほどで発行されるケースもありますが、人によって発行にかかる時間は異なります。
    学生ビザには入学許可書が必要だったり、一部英作文の作成が求められたりします。なので遅くとも渡航の3~4か月ほど前にはビザ申請を行いましょう。

  • Q:オーストラリア留学で必要なビザは何ですか?

    A:3か月未満の留学であればETASと呼ばれる電子渡航認証が必要です。
    3か月以上の留学になると、ETASとは別に学生ビザが必要になります。

オーストラリアの最新記事

まずは無料の資料請求や、オンラインでの留学相談をお気軽にご利用ください! まずは無料の資料請求・オンライン留学相談!