1. トップ
  2. アジア
  3. セーシェル

セーシェル旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Seychelles

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-gm172132056-2720078?st=a6b30af

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称セーシェル共和国
人口約86,000人
首都ヴィクトリア
国コードSC
言語クレオール語、フランス語、英吾
国番号(電話用)248
セーシェル発の航空券情報はこちら

セーシェルまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。セーシェルの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なセーシェル旅行を楽しみましょう。


セーシェルはアフリカのケニアから東へ進みインド洋上の島々をあわせた国家です。その島の数は115にもおよび、いずれも小さな島からなります。総国土面積は455平方キロメートルで、種子島と同じくらいの総面積になります。

日本からセーシェルへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からセーシェルへの直行便はありません。主にドバイを経由するルートが選ばれています。乗り継ぎ時間にもよりますが、早い便だとおおよそ20時間前後で行く事が出来ます。

日本との時差

日本との時差はマイナス5時間です。サマータイムは実施していません。

セーシェルにおけるビザ・入国手続きについて

セイシェルに入国するにはビザが必要ですが、1か月以内の滞在であれば空港でビザが発給されるので、事前に日本の大使館などで必要となる申請はありません。なお、入国時にパスポートの有効期間が6ヵ月以上残っていることが確認されます。また、帰路の航空券、滞在に必要な費用、滞在先での宿泊先が証明できるものも必要です。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があります。渡航の際には大使館や領事館、または旅行代理店等に確認することをおすすめします。

セーシェルの気候について

セーシェルは熱帯性気候であり1年を通して高温多湿な気候です。首都ビクトリアの年間平均気温は24~31度、7,8月は比較的涼しく24度以下に下がることも。1年の中で過ごしやすい旅行シーズンは5月から11月の期間です。降水量も少なく最高気温も30度に届くか届かない程度。なお、サイクロンの影響は滅多にないので便の欠航の心配はほぼありません。

セーシェルの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 15%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

セーシェルの通貨とチップ

画像の出典元: zoezoe-world.jp

通貨について

セーシェルの通貨はセーシェルルピーです。硬貨は1,5セーシェルルピーに加えて補助単位のセントが1,5,10,25セントがあります。紙幣は10,25,50,100,500セーシェルルピーがあります。

チップについて

セーシェルでは基本的にはチップの習慣がありません。レストランやタクシー、ホテルやポーターなどの請求書に含まれている事が多いです。十分なもてなしを受けた際は心付けで渡しましょう。

旅のお役立ち情報

セーシェルのコンセント形状はtype-d

セーシェルの電圧とコンセント

セーシェルの電圧は240Vです。日本の電化製品では、場合によって変換器が必要です。プラグ形式はC、SE、BFタイプです。変換プラグが必須になりますので用意しておきましょう。

77

セーシェルのネット環境

セーシェル空港などの主要施設ではWi-Fiが使えますが、外では使用できない事が多いようです。ホテル等で使用できる場所もありますが、日本と比べると回線は遅いようです。

103

セーシェルの飲料水

セーシェルの水道水は飲料にもなりますが、水質が日本のものとは異なるのでミネラルウォーターの購入をおすすめします。

文化・宗教・マナーについて

セーシェルの文化

セーシェルは18世紀以降イギリスとフランスに占領されていました。またアフリカも近いことからそれぞれの国の文化が現在も見られます。現在は観光地として徐々に有名になってきており、観光客向けにセーシェルの文化を垣間見る事が出来るようになっています。

セーシェルの宗教

セーシェルではカトリック教徒が全体の86%ほどを占めます。他の宗教も信仰されていますが、ごく少数にとどまってます。

セーシェルのマナー

観光地化が進んできているとはいえ、受け入れ態勢は万全ではありませんし、何より現地で暮らしている人の習慣を重んじています。環境保全はもちろんの事、セーシェルでの慣習があれば必ずそれに従うようにしましょう。

セーシェルの食文化

画像の出典元: flickr.com

セーシェルは過去フランス領であった時期もあり、おもにフランスとアフリカの影響が食文化に色濃く表れています。主にココナッツや多種の果実、豊富な魚介類が食されています。主食はキャッサバなどのイモ類で、パンの木の実も食べる事が出来ます。また労働力としてインドや中国から移民してきた人達の影響で、カレーや醤油を使った食文化も広がっています。特にココナッツミルクを使用したカレーは人気があります。

セーシェルの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: bingwallpaper.anerg.com

セーシェルの主要観光地

多くの島を有するセーシェルは世界屈指の綺麗なビーチがあることで有名です。特にラ・ディーグ島のアンス・スース・ダルジャンは新婚旅行先として選ばれる事が多く、波風に削られた岩と透き通る海が織りなす光景は芸術を思わせる程です。また、海だけではなく植物が豊かな島が多いのも特徴。プララン島のヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区は世界遺産にもなっており、30種類ほどの固有種の植物が自生している為、学術的にも貴重な場所となっています。

セーシェルの世界遺産

セーシェルには世界遺産が二つあります。 一つはプララン島のヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区です。ヴァレ・ド・メは現地の言葉で巨人の谷を意味し、ここに自生する植物の多くが非常に大きいことから由来しています。中でもココデメールというヤシの木は世界中で見てもそのほとんどがここに自生している貴重な植物となっています。ただし入場料は割高なので注意が必要です。 もうひとつの世界遺産、アルダブラ環礁はサンゴ礁が隆起してできた世界二位の面積を誇る環礁です。ここにはインド洋唯一のゾウガメであるアルダブラゾウガメが生息しています。また固有種の鳥類が多く生息している事でも知られています。

セーシェルのお土産について

暑い国ならではのヤシの実細工や多種のドライフルーツなどがセーシェルのお土産の定番となっています。また、ココナッツを使った石鹸やオイルクリームなどの加工製品も人気があります。イギリスの植民地だったころの名残で紅茶も購入する事が出来ます。

セーシェル行き航空券利用者の声

成田⇔セーシェル 35歳男性

ハネムーンでセーシェルに行きました。日本からは直行便がないので、エミレーツ航空を利用しドバイ経由でセーシェルに行きました。エミレーツ航空は最新の設備を搭載していて、エンターテイメントを楽しむことができました。セーシェルでは「ヒルトン・セイシェル・ノートルム・リゾート&スパ」というリゾートに泊まりました。セーシェルの中ではこじんまりとしたリゾートだそうで、アットホームな雰囲気がしました。幸い1棟1室のヴィラタイプの部屋を利用することができました。約90平米もあり、広々としてとても使いやすかったです。ハネムーン特典としてスパークリングワイン1本とカップルマッサージが付きました。このリゾートは13歳以下の子供は宿泊できない大人のリゾートだったため、カップルでのんびりと過ごす人たちが多く、静かで穏やかなときを過ごすことができました。プライベートビーチで遊んだり、海が見えるスパでくつろいだりして過ごしました。
帰路ですが、ドバイへは13時頃に着き、成田行きのフライトが深夜だったため、ドバイ観光をすることにしました。バージュアルアラブ、モスク、ドバイモールなど観光名所を一通り見ることができよかったです。

成田⇔セーシェル 35歳女性

ハネムーンでセーシェルに行きました。エミレーツ航空を使いドバイ経由だったので、長時間のフライトでしたが思い切って行ってよかったと思っています。他の航空会社だとハネムーンにはケーキがもらえるようなことがあったと思いますが、エミレーツ航空は特にそういうことはありませんでした。それで、機内ではシャンパンを飲んだりして楽しみました。ホテルは一生に一度だと思って、プール付のビラがあるフォーシーズンズリゾートに泊まりました。フォーシーズンズはセーシェルでも特に美しいビーチがあるエリアにあり、ここから見る光景は素晴らしいものでした。部屋は一戸建てでなんと186平米もの広さ!自分たちだけのプールが付いていて最高でした!滞在中、プララン島へ遊びに行きました。セーシェルで2番目に大きい島で、マヘ島とは違った雰囲気でとてもよかったです。帰路はドバイで半日時間があったので、ショッピングをしにモールへ行きました。こちらもとてもよかったです。

成田⇔セーシェル 50歳女性

セーシェルはハネムーンで人気があるようです。日本からは直行便がなく、とても遠いので家族で行くには難しいかもしれませんね。私たちは結婚25周年記念に夫婦だけでセーシェルを訪れました。エミレーツ航空でドバイ経由で行くのがいちばん楽だと旅行会社の方からアドバイスをいただき、帰りにはオプションでドバイの観光をプラスし、ドバイ経由で行くことにしました。セーシェルのリゾートは欧米人が多く、日本人はもとよりアジア系の人がとても少なかったです。おしゃれな人が多く、リゾートウエアもとても素敵でした。ファミリーで訪れている人たちも多く、かわいい子供たちがたくさん遊んでいました。ホテルや観光スポットも日本語が通じるところが少なかったです。私たちはマヘ島のほかラディーグ島やプララン島へも遊びに行きました。それぞれ異なった雰囲気があり、とても面白かったです。1週間の滞在はあっとう間でした。欧米の人たちは長期滞在をしているようで、とてもうらやましかったです。機会があれば、再び訪れてみたいと思いました。

セーシェル旅行 よくあるFAQ

セーシェルで旅行のベストシーズンはいつ?

4月下旬から10月頃が天候も穏やかで過ごしやすいです。

セーシェルへ行くには日本からだとどのルートがありますか?

エミレーツ航空でドバイ経由、エティハド航空でアブダビ経由が一般的なルートです。

エミレーツ航空ではオンライン・チェックインができますか?

オンライン・チェックインはご出発の48時間前からご利用いただけます。 エミレーツ航空のサイトからオンライン・チェックインをご利用ください。

オンライン・チェックインをする場合は、空港にいつ到着すればよいですか?

お荷物をチェックインする場合は、定出発時刻の少なくとも90分前までに空港に到着してください。チェックインするお荷物がない場合は、予定出発時刻の少なくとも60分前までに空港に到着してください。