1. トップ
  2. アジア
  3. ウズベキスタン
  4. サマルカンド

サマルカンドの概要

サマルカンド

画像の出典元: 

人口-
都市コードSKD
人気の航空会社
  • ウズベキスタン航空
  • ターキッシュ エアラインズ
飛行時間9~15時間
サマルカンド発の航空券情報はこちら

サマルカンドまでは飛行機でおよそ9~15時間で行くことができます。サマルカンドの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてサマルカンド旅行を有意義に楽しみましょう。

サマルカンド行きの最安値を比較

ウズベキスタン国内からのサマルカンド行き 最安値を比較

東西の文化を繋いだ青き古都「サマルカンド」

中央アジアに位置するウズベキスタンの都・サマルカンド。現在でもウズベキスタン第2の都市として、その名を知られています。青色を基調とした建造物の美しさから「青の都」と呼ばれ、世界中から旅行者が訪れる観光名所です。市内にある「レギスタン広場」にはイスラーム世界の学院・マドラサが3棟建っており、当時の歴史を感じることができます。また、「アラベスク」という幾何学模様が施されたモスクから、イスラム文化を存分に味わえるのも魅力のひとつです。グルメに関しては、サマルカンドならではのもっちりとしたナンが人気を集めています。

サマルカンドの歴史

サマルカンドは、古くからシルクロードの要衝として歴代王朝の首都に選ばれてきました。東洋と西洋を結ぶ中継地点であったサマルカンドはまさに「文化交差路」として、世界遺産に登録されています。そして、ティムール朝の首都であった15世紀に最盛期を迎えたサマルカンド。この王朝の創始者であるティムールの墓廟「グーリ・アミール廟」は、現在でもこの都市のシンボルとして存在感を放っています。

サマルカンドの経済

機械、綿花、絹などの工業が経済の中心となっていますが、国全体で観光業に力を注いでいる影響で、その比率も上昇中。歴史的建造物が人気を集めるウズベキスタンの中でもとくに歴史が古く名所の多いサマルカンドは、国内の観光業に一役買っています。

サマルカンド行きの格安航空券について

日本からサマルカンドへの直行便はありません。そのため、ロシアの各都市とウズベキスタンの首都タシュケントを経由して行くルートが一般的。格安航空券をお求めの方には、北京またはソウルとタシュケントを経由するプランが良いでしょう。利用する航空会社や経由地によって乗り継ぎ時間が大幅に異なりますので、注意が必要です。詳細はスカイチケットのホームページにてご覧になれます。

サマルカンドの気候

サマルカンドは雨の降る日が少ないため、湿度が低く晴れる日が多いです。しかし、年間の寒暖差が激しく、夏は40度近くまで気温が上がる一方、冬は氷点下まで気温が下がり、非常に寒い日が続きます。そんなサマルカンドのベストシーズンは、3~5月と9~11月。日中と朝晩の気温差は激しくなっているので、簡単に脱ぎ着できる服装が望ましいでしょう。

サマルカンドの主な交通手段

サマルカンドの主な交通手段

画像の出典元: Adam Jones

市内では「マルシュルートカ」と呼ばれる乗り合いバスが運行しており、移動手段として便利。ほかにもウズベキスタンの首都・タシケントとサマルカンドを結ぶ鉄道が通っているので、国内中心部まで足を伸ばしたい方は利用すると良いでしょう。

サマルカンド行き航空券利用者の声

羽田⇔サマルカンド 36歳男性

サマルカンドという響きに惹かれて航空券を買いました。とりあえず、羽田から同じウズベキスタンのタシュケントまでの航空券を手に入れました。格安航空券のサイトで予約したので不安でしたが、無事に羽田で航空券を受け取ることができました!アシアナ航空で、まずは仁川国際空港へ向かいます。その後、トランジットでタシュケントまでの道のりです。仁川国際空港は韓国に留学したことがあるので、少し懐かしい感じがしました。飛行機の時間になったので、搭乗口に向かうとウズベキスタンやカザフスタンの乗客がたくさんいました。この時点で異国の雰囲気がしてきます。タシュケントまでは意外と遠かったです。トルコ寄りなのでほぼヨーロッパです。タシュケント空港からサマルカンドまでは列車で行きました。「世界の車窓から」という番組に出てきそうな世界観です。ひたすら乾燥した大地が続きます。ようやくサマルカンドへ着くともう夜でした。ゆっくり寝て翌日にブルーモスクなどを見学して帰国しました。帰りの空港はタシュケントから成田までの飛行機でした。帰りは日本へ行くだけなので、気が楽です。ケータイで撮った写真を眺めたり、本を読んだりして、帰りの飛行機の時間を過ごしました。

成田⇔サマルカンド 29歳男性

旅行でサマルカンドへ行くのに航空券を買いました。格安航空券のサイトで探していたら、タシュケントまでの便しかありませんでした。とりあえず、成田・タシュケント間の航空券にして、サマルカンドまではバスか列車で行くことにしました。成田で友達と待ち合わせて、大韓航空で仁川国際空港へ向かいます。出国審査や荷物検査もパスして、搭乗口へ行くと韓国人ばかりでした。仁川国際空港は、成田より大きいイメージです。友達も大きいと言っていました。だいぶ乗り継ぎまで時間があったので、カフェでお茶して過ごしました。仁川からタシュケントまではかなり遠いので、映画も二本ぐらい見た気がします。あとは、サマルカンドまでの行き方などをガイドブックで見ていました。タシュケント空港に着くとウズベキスタンの風が顔に当たり、外国らしい雰囲気が漂います。さっそくサマルカンド行きのバスを見つけて、時刻表を確認したら、1時間後ぐらいに出発するバスがあったので、切符を買って乗り込みました。サマルカンドはなかなかよかったです。外国人以外にも、ウズベキスタン人の観光客もいて、楽しそうにブルーモスクで写真を撮っていました。今度は違う場所も観光してみたいですね。

大阪⇔サマルカンド 25歳女性

友達と本屋でたまたまサマルカンドのブルーモスクを見て、行きたいねという話しになり、格安航空券のサイトで航空券をゲットしました。ちょっとマニアックな場所なので、なかなかツアーや航空券もなくて、探すのに苦労しました。飛行機は大韓航空で大阪から仁川、そしてタシュケントまで行きます。そこから、電車でサマルカンドという計画です。空港で友達と待ち合わせ、アシアナ航空の航空券を手にし、手続きやら荷物検査を終えました。仁川まではすぐでした。そこから、乗り継ぎをして、ウズベキスタンのタシュケントまで行くのですが、ずっとおしゃべりして、食べての繰り返しだった記憶しかありません…。タシュケントからはバスがよく分からなくて、電車のよさそうな席を買いました。庶民の乗る列車という感じで、異国情緒たっぷりでした。来るサマルカンドにも胸が高鳴ります。ガタンゴトン揺られながら、ようやくサマルカンドへ着きます。途中、何度も駅で止まっていたと思います。もう、サマルカンドは市場やモスクが完全に異世界でした!日本にだったら味わえないようなイスラミックな空間が広がっています。めっちゃテンション上がりました!

サマルカンド旅行 よくあるFAQ

模造刀を日本のお土産として、海外へ持っていきたいです。どうしたらいいですか?

英語の証明書などをつけ、預け荷物にすれば問題ないでしょう。

化粧水は機内へ持ち込めますか?

容器が100ml以下であれば持ち込めます。

クリームも機内持ち込み制限に含まれるのでしょうか?

はい。含まれます。100ml以下の容器であれば機内持ち込みへ、100mlを超える容器の場合は預け荷物にするといいでしょう。

必ず荷物は預けないといけないのですか?

いいえ。機内持ち込みの基準に適合していれば、預けずに機内持ち込みのみで構いません。また、預け荷物がないと目的地の空港でも荷物を待つ手間が省けます。