1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ロシア
  4. サンクトペテルブルグ

サンクトペテルブルグの概要

サンクトペテルブルグ

画像の出典元: Rob

人口-
都市コードLED
人気の航空会社
  • アエロフロートロシア航空
  • 日本航空
  • フィンランド航空
飛行時間11~13時間
サンクトペテルブルグ発の航空券情報はこちら

サンクトペテルブルグまでは飛行機でおよそ11~13時間で行くことができます。サンクトペテルブルグの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてサンクトペテルブルグ旅行を有意義に楽しみましょう。

サンクトペテルブルグ行きの最安値を比較

  • 大阪国際空港(伊丹)発  サンクトペテルブルグ(LED)

ロシア国内からのサンクトペテルブルグ行き 最安値を比較

ロシアが誇る世界遺産の帝都「サンクトペテルブルク」

バルト海の最奥、ネヴァ川の河口に位置するサンクトペテルブルクは、ロシア連邦第二の都市。帝都でもあったこの街は、「北のベニス」とも呼ばれる国内最大級の観光地です。エルミタージュ美術館に代表される旧市街の歴史地区では、数多くの建造物が世界遺産に登録されています。色彩豊かで豪華な館や寺院からは、この街が繁栄していた時代を彷彿させます。また、サンクトペテルブルクはプーキシンやドストエフスキーといったロシア文学の巨人を輩出した地。旧市街には彼らも愛したであろう、静かながらも活力をみなぎらせるカフェが点在しています。

サンクトペテルブルグの歴史

皇帝ピョートル1世によって一から人工的に作られた計画都市、サンクトペテルブルク。それ以前は葦の生い茂る一面の湿地帯で、1703年から10年以上をかけて帝都として建設されました。社会主義革命によってソヴィエト連邦が成立すると、首都はモスクワへ移転し、サンクトペテルブルクは「レニングラード」と改称させられました。ソヴィエト崩壊後、モスクワに次ぐ主要都市として今日まで重要な地位にあり続けています。

サンクトペテルブルグの経済

サンクトペテルブルクは長らくロシア帝国の首都であり、今なお文化の中心地となっています。政都モスクワに対して、サンクトペテルブルクはエルミタージュ美術館やマリインスキー劇場などを要する芸術の都です。また、国土に比べて海の非常に少ないロシアにおいて、サンクトペテルブルクは重要な港湾都市のひとつ。そのため、造船業や輸出用の食品加工業も発達しています。

サンクトペテルブルグ行きの格安航空券について

現在、日本からサンクトペテルブルク・プルコヴォ空港への直行便はありません。成田空港からは、同国のLCCであるアエロフロートロシア航空を利用してモスクワを経由するのが、おすすめの格安航空券です。関西国際空港からは、ドバイ経由のエミレーツ航空、イスタンブール回りのトルコ航空、または北京を経由しての中国国際航空の利用が、比較的リーズナブルな格安航空券となります。空港から市街へは鉄道がなく、バスかタクシーでの移動となります。

サンクトペテルブルグの気候

ヨーロッパでも高緯度にある都市のひとつで、冷涼な気候です。涼しい夏季は短く、厳しい寒さの冬季は長いのが特徴。また、5月下旬から7月中旬にかけては白夜となり、夜でも陽が沈みきることはなくなります。外歩きにはありがたいですが、体調を崩す人もいるようなので注意が必要です。

サンクトペテルブルグの主な交通手段

サンクトペテルブルグの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

モスクワからサンクトペテルブルクまでは、高速鉄道で4時間弱です。ヘルシンキまでも同じく3時間40分ほどで行くことができます。市内の移動は、地下鉄か路面電車が一般的。前者はジェトンと呼ばれる専用コインを購入し、改札機に投入するシステムとなっています。基本的にどの公共交通機関も定額なので、料金で迷うことはあまりありません。

サンクトペテルブルグ行き航空券利用者の声

成田⇔サンクトペテルブルク 32歳男性

長い間行きたいと思っていたのに、ビザの取得が面倒で後回しにしてきたロシア。一緒に行く友人も見つからず、一人旅なのも躊躇する原因の一つでした。こんな事を言ってたらいつまでも行けない!と意を決して弾丸で行く事にしました。興味があるのはサンクトペテルブルクだけなので、現地3日あれば十分という予定でプランニングです。寒いのは嫌なので、夏に決定。航空券を探して見るとアエロフロート航空がかなり安かったので即購入。乗り継ぎの時間帯によって、値段が違っていたので、待ち時間が少な目の便にしました。

結局ビザはロシア大使館まで行く事なく、ロシアビザセンターに依頼したので簡単でした。成田からモスクワまでが約10時間、2時間の待ち時間のあと国内線でサンクトペテルブルクまでは1時間20分でした。アエロフロート航空は初めて利用しました。座席が2列、4列、2列の窓側だったので、一人旅の身としては隣が気になるところですが、物静かなロシア人留学生だったので助かりました。シートピッチも普通、パーソナルモニターも普通、ちょっと日本語のプログラムが少ないと思いましたが、問題なし、一番問題だったのは機内食。口コミを見て想像はしていましたが、特に帰便の食事には手をつけてない人も多いくらいでした。何か食べるものを持ち込めば良かったと後悔。

モスクワの空港では入国審査もセキュリティも長蛇の列で、一向に進まないのでかなりイライラしましたが、無事乗り継いでサンクトペテルブルクに到着しました。憧れのエルミタージュ美術館も、開館から閉館まで粘って堪能し、ロシア料理の美味しさに感動した3日間、思い切って行って本当に良かったです。

成田⇔サンクトペテルブルク 29歳女性

ゴールデンウィークに駆け足でしたが、サンクトペテルブルクに旅行してきました。エルミタージュ美術館をゆっくりと見学したいのと、コレクションしているスタバのご当地タンブラーを買いたい、本場のボルシチを食べたいというのが目的でした。ゴールデンウィークだし、格安航空券は無理かなあ、と思っていましたが、時期が早かったためか、アエロフロート航空のかなりお安いチケットを見つける事ができました。旅行先のナショナルフラッグに乗るのは、行きからテンションが上がるので好きです。

ロシア入国には、短期観光でもビザが必要なので、旅行社にバウチャーを作って貰い、それをもって東京のロシア大使館まで行き申請し、二週間後に無事ビザを発給して貰えました。成田からモスクワまでの10時間は、隣がまさかの空席だったのでかなり快適でした。エコノミーなのに、スリッパやアイマスクのアメニティがあったのは優秀だと思います。機内食は可もなく不可もなく、CAの方はあっさりはしていましたが、きちんとサービスされていたので好感が持てました。モスクワの空港には無料のWiFiが飛んでいるのですが、パスワードをSMSで受け取らないといけないので、接続可能なスマホがないとアウト。結局入ったカフェのWiFiを使わせて貰いました。サンクトペテルブルクでは、目的すべて達成。特にエルミタージュは想像以上に素晴らしかったので、いつか美術好きの母を連れて再訪したいと思っています。

成田⇔サンクトペテルブルク 42歳女性

私自身は特に興味はなかったのですが、夫がモスクワとサンクトペテルブルクに行きたいというので、お供してきました。手配関係は全て私、ロシアビザだけは、地方都市から大使館に出向くのが大変なので、ロシアビザセンターさんに委託してみました。事前に手配したのは、格安航空券探し、モスクワとサンクトペテルブルクのホテルの予約、サンクトペテルブルクからモスクワ行きの夜行列車の予約、そしてエルミタージュ美術館のチケットをネットで事前購入、です。

航空券は、最初にサンクトペテルブルクに行き、帰りはモスクワから帰国という周遊チケットをサーチしたら、最安値が大好きなエミレーツ航空だったので迷うわず予約。エミレーツは機内サービスも充実しているのに、なんでこんな安いのかいつも不思議です。少し遠回りにはなりますが、飛行機大好きなので長く乗れるのは問題なしです。成田発が夜なのも地方都市からだと助かるんです。今回は旅行シーズンだったためか満席でしたが、ちゃんと夫婦で並び席も貰えたし、豊富な機内プログラムに見たい映画が二本もあったので飲み物とスナックを頂きながら楽しい時間を過ごせました。

ドバイでの乗り継ぎ時間はプライオリティパスのラウンジで軽食を食べてのんびり。モスクワの空港に到着した途端、ああロシア!と思うような態度の職員にむかっとしたりしましたが、このロシアスタイルも一週間の旅行ですっかり慣れました。初めて海外で夜行列車に乗りましたが、一等の二人用コンパートメントだったのでとても快適で良い思い出になりました。現地では色々あったロシアの旅でしたが、総合すると満足の良い旅だったと思います。

サンクトペテルブルグ旅行 よくあるFAQ

アエロフロート航空を利用します。オンラインチェックインの時間について教えて下さい。

オンライン・チェックインはご利用便出発の24時間前から45分前までご利用頂けます。

アエロフロート航空の機内持ち込みの手荷物の規定について教えて下さい。

機内には、10kg以内で、3辺の和が115cm以内のお荷物を1つ持ち込む事が出来ます。

アエロフロート機では、車椅子を預ける事は出来ますか?

はい、お客様が利用する場合、無料でお預かりします。32kgを超える大型の電動車椅子をお預けになる場合は、出発時刻の36時間までに航空会社にその旨をお知らせください。