1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. イタリア
  4. ローマ

ローマの概要

ローマ

画像の出典元: ja.wikipedia.org

人口約262.7万人
都市コードROM
人気の航空会社
  • アシアナ航空
  • キャセイパシフィック航空
  • アリタリア - イタリア航空
飛行時間14~15時間
ローマ発の航空券情報はこちら

ローマまでは飛行機でおよそ14~15時間で行くことができます。ローマの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてローマ旅行を有意義に楽しみましょう。

ローマ行きの最安値を比較

イタリア国内からのローマ行き 最安値を比較

イタリアを代表する、観光でも定番の大都市「ローマ」

イタリアの首都である「ローマ」。ローマと言ったら観光は欠かせません。コロッセオなど紀元前の建造物や古代遺跡が、今も多く残っています。他にもトレビの泉やスペイン広場など数多くの観光スポットがあり、1日ではまわり切れないほど見どころが沢山ある街です。一方スポーツでは、サッカーを連想する方がいらっしゃるかもしれません。「ASローマ」というサッカーチームは、日本でも大活躍していた中田英寿選手が、かつて在籍していたことで、話題を呼びました。イタリアのみならず、ヨーロッパを代表する大都市です。

ローマの歴史

ローマが大きく発展したのは、紀元前7世紀のこと。都市国家としての整備が進み、のちにローマは政治と経済の中心へと大きく発展していきます。そして、ローマ帝国の首都となり、皇帝アウグゥストゥスの時代には世界最大の都市と言われるまでになりました。その後、数々の戦争を乗り越え、現在ではヨーロッパを代表する観光都市として親しまれています。そして、大企業の本社や宮公庁が立ち並ぶ、世界的にも重要な都市です。

ローマの経済

ローマの経済の資本は主に行政と観光から成り立っています。イタリアの大企業の本社や多国籍企業、そして大手新聞社などマスコミ社は、ローマに拠点を置いているところが多いです。一方観光業では、古代遺跡や美術館が多く残っており、世界各国から多くの観光客が訪れています。特にスペイン広場やヴェネト通り周辺には、高級ホテルやブティックなどが立ち並び、1年中賑わっているスポット。ローマの経済においても、重要な役割を担っています。

ローマ行きの格安航空券について

日本から、イタリアのローマにあるフィウミチーノ空港までの直行便は、成田空港よりアリタリア航空が毎日1便程度運航しています。しかし、タイミングが合わなかったり直行便の予約が取れなかった場合は、最低1か所以上経由する必要があります。経由地点では、ミュンヘン、パリ、ロンドンなどのヨーロッパ各都市が主になるでしょう。出航している主な航空会社はアリタリア航空の他に、エールフランス航空、ルフトハンザ航空などがあります。また、格安航空券を手に入れたい方には、北京で一度乗り継ぐ、中国国際航空がオススメです。

ローマの気候

イタリア・ローマの気候は日本とさほど変わらず、四季もあります。ローマへ訪れる際は日本での服装とおおむね同じで大丈夫です。ただ、湿度は日本よりも低いため、日陰などは少し肌寒く感じるかもしれません。そのため、夏場でも、薄手のカーディガンなどすぐに羽織れるものがあると良いでしょう。また、ローマには梅雨の時期がなく降水量も日本より少ないです。しかし、秋から冬の時期は比較的雨が降りやすいので、雨具を持っていくのをオススメします。

ローマの主な交通手段

ローマの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

ローマでの主な交通手段は、地下鉄、バス、トラム(路面電車)です。いずれの交通手段も同じ会社が運営しているため、全てに使用できるフリーパスもあります。ローマ観光の場合、このフリーパスを購入しておくと非常に便利でしょう。時間制限制となっており、記載されている時間内なら乗り放題。駅やバス停に自動販売機が置いてあるのでそこで購入可能です。ただし、お釣りが出ない場合もあるので、小銭を少し多めに用意しておきましょう。