バカンスレンタカー
の予約・プラン比較

沖縄と言えばきれいな海を眺めながらのドライブや観光スポット巡りをイメージしませんか。そんなイメージを現実にしてくれるのがバカンスレンタカーです。沖縄本島中部に位置する読谷村の風光明媚な海岸線を伺う場所にバカンスレンタカーは存在。那覇空港近くのレンタカー会社とは違い、滞在ホテルから利用しやすいリゾート地のレンタカー会社です。2015年のオープンしたばかりの新しいブランドとして観光客からの期待も上々。リゾート特有ののんびりした雰囲気の中、気軽にレンタカーを借りることができますよ。現在は軽自動車を中心に格安料金にてサービス展開しているバカンスレンタカー。リゾートホテルが多く観光スポットも点在する地域でのレンタカー会社として注目されています。

約款・規約(PDF)

店舗検索

バカンスレンタカーについて

大型の米軍機が離発着する嘉手納基地からもほど近い読谷村楚辺に店舗を構えるバカンスレンタカー。観光客の玄関口でもある那覇空港からは車で1時間ほど。沖縄を代表するリゾートホテルや観光スポット、名所旧跡も多く点在する読谷村周辺観光のレンタカー拠点として機能しています。バカンスレンタカーは、2015年グランドオープンと歴史は新しい会社ですが、各地に点在するリゾートホテルへの配車や乗り捨てサービスを展開。独自のサービスで利用者から高い評価を得ていますよ。長期滞在者向けのプランも充実しており、沖縄らしいリゾート気分も感じさせてくれる異国情緒あふれる雰囲気が魅力的な読谷村。沖縄本島中西部に滞在の際は、バカンスレンタカーはおすすめですよ。

バカンスレンタカーの料金について

読谷村周辺観光のパートナーとして人気を集めるバカンスレンタカー。巷で話題の軽自動車ハスラーをレンタカーの使用し、24時間5,400円という格安料金にてサービス展開しています。バカンスレンタカーが特徴的なのが、追加料金。1日追加しても4,320円と初日に比べてかなりお値打ちな料金体系になっています。レンタル時間も90分から設定されており、ちょい乗り利用などでも使いやすいレンタカーですよ。格安な料金には保険代も含まれており、慣れない土地でのドライブも安心。初めての方での気軽にバカンスレンタカーを利用できますね。またETCやカーナビも標準設定され、チャイルドシートも72時間まで540円で装着が可能。ますますお得なバカンスレンタカーです。

バカンスレンタカーの免責補償制度について

免責補償の種類

対人補償事故相手の死傷が対象。高額になりやすいため補償額が無制限のことが多い。
対物補償他人の車や家屋など物損が対象。免責額の設定がある場合が多い。
車両補償レンタカー車両が対象。免責額の設定がある場合が多い。
人身傷害補償レンタカーに乗っている人(運転者や同乗者)が対象。実際の損害額が支払われる。
搭乗者傷害補償レンタカーに乗っている人(運転者や同乗者)が対象。予め定められた金額が支払われる。
免責額上記の各補償内で、お客様が自己負担しなければならない金額のこと。
保険補償制度の補償内容については、大まかに四つの区分に分けられます。対人補償は第三者を事故に巻き込んでしまった際に適用される補償。ドライバーや同乗者の怪我や死傷ではありません。対物補償は物損が対象となり、相手の物を破損した際に補償される制度。レンタカーはこれに含まれません。レンタカー会社から借りた車両を破損した際に適用されるのは車両補償。対物補償とは別に設けてあります。そして最後が人身傷害補償。この補償はドライバーや同乗者が交通事故によって、後遺症が残った場合や死亡したケースに適用されます。

保険補償制度について

対人補償1名限度額無制限(自賠責保険含む)
対物補償1事故限度額無制限(免責額:5万円)
車両補償1事故限度額時価(免責額:5万円)
人身傷害補償1名につき3,000万円まで
保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

SKクラス1,080円/24時間
レンタカーを使い楽しく観光する場合には免責補償制度は注目すべき項目です。万一事故が起きた場合には対物や車両保険において一定の自己負担が必要な免責額が設定。バカンスレンタカーではどちらも5万円が免責額となっており、免責補償制度に加入しておくことで免責額の支払いが免除されます。1日1,080円で不足の事態に備えることが可能で、とてもお得な制度ですよ。レンタカーで出発する前に加入し、シートベルト着用が条件ですので、安全第一が最優先。交通ルールを守らず事故が起きた場合には制度が適用されないことも知っておいた上で、ドライブをより楽しむためのアイテムの一つとして免責補償制度はおすすめですよ。

NOCについて

自走して予定の店舗に返還された場合20,000円
自走不可能な場合50,000円
レンタカーに事故など不足の事態が起きた場合、修理する期間中は車のレンタルができなくなります。それゆえレンタカー会社ではノンオペレーションチャージを設定して休業補償を請求することに。自走して店舗へ戻ることが可能な場合は2万円、自走不可能な場合には5万円の自己負担金が発生します。どちらにせよノンオペレーションチャージが発生した時には利用者にとってはかなりの負担。バカンスレンタカーではこの負担を軽減するレンタカー安心パック制度を用意。24時間540円というリーズナブルな加入費でノンオペレーションチャージの自己負担を免除してくれますよ。

貸出当日の流れ

・ターミナルに到着~店舗へ
空港からの送迎サービスは行われていないので、当日空港をご利用の方は公共交通機関を利用して予約時間までに店舗へ。万が一予約時間に遅れそうな場合は、必ず店舗へ連絡をいれてください。
【バカンスレンタカー:098-956-2009】

・店舗にて諸手続き&注意事項を説明
店舗では貸渡証の作成などの諸手続きが行われます。運転免許証を提示の上契約書に署名し、その後予約内容に応じた料金を支払います。ご出発前には注意事項と保険・補償の説明があるので、不明点は確認しておくと後々安心です。

・キズ等はないか車両の現車確認
車両操作の説明を受けたら、車体のキズなどをチェックして出発となります。返却時のトラブルを防ぐため、ご自身でしっかりご確認してくださいね。ベビーシート・チャイルドシートなどを利用の方は、しっかり取り付けられているかのご確認もお忘れなく。

送迎サービス

空港からの送迎サービスは行われていませんが、タクシー・路線バス・空港リムジンバスが利用できるので不自由はありません。また、読谷村・嘉手納町・北谷町で利用の場合、無料で配車or引き取りを頼める便利なサービスがあります。ご利用の方は予約時の備考欄にその旨を記入してくださいね。

・タクシー
料  金:約5,500円
所要時間:約50分

・路線バス
空港:モノレール那覇空港→旭橋駅(260円)下車→那覇バスターミナル(徒歩約2分)
那覇バスターミナルから 系統番号28番(読谷行き)に乗車
楚辺バス停留所で下車 約990円
所要時間:約90分

・空港リムジンバス
料金:大人1,500円・子供750円(3才〜小学生)
所要時間:約110分
空港リムジンバス「Bエリア」<那覇空港→アリビラ>(約100分)
※アリビラからタクシーに乗り換えて店舗まで約10分。料金は約1500円です。

持ち物

・運転者全員の運転免許証
・決済用クレジットカード
・ETCカード(使用する方のみ)
・現住所や本人確認ができるもの(初回のご利用時のみ)

お支払い

・クレジットカード(現地一括払いのみ)
利用可能なカード会社:VISA/Master/JCB/Amex/Diners/Discover/銀聯
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金はバカンスレンタカーでの現地決済となります。

バカンスレンタカーの乗り捨て料金について

出発場所と異なる場所へ返却する乗り捨てサービス。1店舗で営業の場合に乗り捨てサービスは行われないことが通常ですが、バカンスレンタカーではおすすめのサービスとして実施。宿泊先などでの乗り捨てがしやすくなっています。バカンスレンタカーのある読谷村や、リゾートホテルが多く集まる恩納村での乗り捨てサービスは2,160円とリーズナブルな料金設定。他の地域でも3,240円~4,320円にて乗り捨てサービスを利用できますよ。地元の格安レンタカーではほとんど実施していない乗り捨てサービスを行うことで、観光客の時間効率も上昇。宿泊先でゆっくり過ごす時間もできますね。バカンスレンタカーの乗り捨てサービスは利用者の立場に立った便利なサービスですよ。

バカンスレンタカーの全国にある営業所について

沖縄県読谷村に店舗を構えレンタカーサービスを行うバカンスレンタカー。1拠点での営業スタイルはまさにリゾート地のレンタカーといった雰囲気を持っています。読谷村はリゾートホテルや観光スポットも多く点在する地域で、地元密着のバカンスレンタカーでは穴場スポットやグルメ情報などの情報も満載。米軍基地も近くにあるため異国のリゾート地といった雰囲気も味わえますよ。宿泊先などへの乗り捨てサービスなど独自サービスも展開中で、バカンスレンタカーは地元格安レンタカーとして注目。清潔感あふれる店舗と人気の軽自動車、フレンドリーなスタッフとどれを取っても存在感ある店舗です。南国の雰囲気をより一層満喫できるバカンスレンタカーへ立ち寄ってみませんか。

バカンスレンタカーでレンタルできる車種について

沖縄本島中部のエリア観光の足として活躍するバカンスレンタカー。狭い道でも楽々走れる軽自動車をレンタカーとして使用し、女性からも人気です。配車される車は、独特なスタイルと広い室内空間が評判のハスラーで、新車ベースの新しいモデルをレンタルできますよ。カーナビやETCはもちろんのこと禁煙車のリクエストも行えるので、タバコを吸わない人でも安心ですね。バカンスレンタカーのある読谷村は観光スポットやリゾートホテルが多く点在する沖縄本島屈指の観光エリア。取り回しの良いハスラーは、軽自動車ならではの低燃費も見逃せません。経済的にも環境的にも優れたレンタカーを用意するバカンスレンタカーは、沖縄観光のパートナーにおすすめです。

バカンスレンタカーの営業所がある都道府県で探す