宮古島レンタカージオ
の予約・プラン比較

空港でプラカードを持って出迎えをするスタッフの姿に、南国気分も盛り上がる宮古島レンタカー ジオ。世界の名だたるオープンカーを中心に高級車種を取りそろえる観光レンタカーとして評判です。田園地帯広がる市街地の外れに店舗を構え、利用者を笑顔で出迎えてくれますよ。幹線道路沿いの立地は、空港や市の中心地からも近く、観光にも出向きやすいので観光客の評価も抜群。宮古島レンタカー ジオは、島きっての高級外車のレンタカーとして地元でも有名な存在。ワンランク上の優雅なリゾートライフに花を添えてくれますよ。日本屈指のビーチリゾートでおすすめの宮古島レンタカー ジオ。憧れのオープンカーで島内ドライブを楽しむのもいいですよ。

約款・規約(PDF)

店舗検索

宮古島レンタカージオについて

宮古島を訪れた人が宮古島を優雅に観光するために存在するのが宮古島レンタカー ジオです。宮古空港近くに営業所を構え島内全域に点在するリゾートホテルへの送迎も実施。乗り捨てはできないものの独自のサービスが魅力的で、車の整備も新車同様に行われていますよ。潮気を含んだ海風で傷みやすい外車の塗装も丁寧な点検と洗車で、誰もが納得の状態。展開している地域が島だからこそのサービス体制が宮古島レンタカー ジオの自慢です。また空港から近いため、送迎からレンタカーでの出発までに所要する時間も短時間で済むことも特徴的。宮古島観光のパートナーとして大変人気のレンタカー会社ですよ。宮古島レンタカー ジオの良質なレンタカーで風を切って走ってみませんか。

宮古島レンタカージオの料金について

宮古島をラグジュアリーに楽しみたい。そんな時におすすめの宮古島レンタカー ジオ。取り揃える車種もポルシェやベンツなど世界的な名車が中心で、日産の高級車種もありますよ。動力性能抜群で誰もが憧れるポルシェ僕スターは1泊2日17,850円~とお値打ちな料金が魅力的。宮古島レンタカー ジオは、なかなか手が出ない高級外車を手頃な料金でレンタルできる格安店でもあります。世界最高峰の一台、ベンツSL500は1泊2日30,600円からレンタル可能。人気のプジョーのオープンカーにいたっては、1泊2日10,200円~の破格な料金ですよ。一度はハンドルを握ってみたい車を借りれる宮古島レンタカー ジオで、日常とは違う優雅さを体感してみるのもいいですね。

宮古島レンタカージオの免責補償制度について

免責補償の種類

対人補償事故相手の死傷が対象。高額になりやすいため補償額が無制限のことが多い。
対物補償他人の車や家屋など物損が対象。免責額の設定がある場合が多い。
車両補償レンタカー車両が対象。免責額の設定がある場合が多い。
人身傷害補償レンタカーに乗っている人(運転者や同乗者)が対象。実際の損害額が支払われる。
搭乗者傷害補償レンタカーに乗っている人(運転者や同乗者)が対象。予め定められた金額が支払われる。
免責額上記の各補償内で、お客様が自己負担しなければならない金額のこと。

保険補償制度の補償内容については、大まかに四つの区分に分けられます。対人補償は第三者を事故に巻き込んでしまった際に適用される補償。ドライバーや同乗者の怪我や死傷ではありません。対物補償は物損が対象となり、相手の物を破損した際に補償される制度。レンタカーはこれに含まれません。レンタカー会社から借りた車両を破損した際に適用されるのは車両補償。対物補償とは別に設けてあります。そして最後が人身傷害補償。この補償はドライバーや同乗者が交通事故によって、後遺症が残った場合や死亡したケースに適用されます。

保険補償制度について

対人補償1名限度額 無制限 (自動車損害賠償責任保険を含む。免責額:なし)
対物補償1事故限度額無制限(免責額:100,000円)
車両補償1事故限度額時価額(免責額:100,000円)
搭乗者補償1名限度額2,000万円

保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

レンタカー観光をする上で気になる項目の一つが免責補償制度です。この免責補償制度とは、事故の際に自己負担となる対物と車両の免責額を補償してくれる制度。万一の備えという意味では加入しておいた方がおすすめです。宮古島レンタカージオでは外車レンタルが中心のため免責額は対物、車両ともに10万円に設定。観光途中としては利用者の負担も増大してしまいます。免責補償制度は金額補償だけでなく安心して観光を楽しめるという側面も有しており、加入しておきたい制度。ただ一時停止や速度違反などが事故原因として認められれば制度の適用ができなくなるので、安全運転に努めたいですね。

NOCについて

予定の営業店にレンタカーを返還した場合(自走可能な場合)100,000円
予定の営業店にレンタカーを返還できなかった場合(自走不可能な場合)150,000円

宮古島で外車を中心にレンタルする宮古島レンタカージオ。外車ゆえに免責額も10万円と高い金額ですが、ノンオペレーションチャージも他のレンタカー会社に比べて高めの金額設定です。自走可能な場合で10万円、自走不可能な場合は15万円のチャージ費用が発生。事故で車が修理に入る期間中の休業補償でもあるノンオペレーションチャージ。外車ならではの高めの金額で、免責補償制度に加入していても事故の場合には負担する必要があります。出発前に係から説明があってもピンと来ない人も多いですが、安全運転で無事故ならば発生しない費用ですので、安全運転の大切さを実感できる要素の一つと言えるでしょう。

貸出当日の流れ

・ターミナルに到着~店舗へ
宮古島からは無料、宿泊先は応相談で有料にて送迎サービスあり。予約時に予約フォームに送迎希望の旨を記入し、当日は「レンタカー予約完了のお知らせ」メールに記載の指示に従ってください。

・店舗にて諸手続き&注意事項を説明
当日受付時には運転者本人の運転免許証の提示が必須。コピーを取って書類を作成し、スタッフとともに利用プランと簡単な規約を確認します。その後プラン分の金額をお支払いし、店舗での手続き完了です。

・キズ等はないか車両の現車確認
配車時にはスタッフから車の説明があります。各種装備品の操作方法など分からないことは必ず確認して、レンタルする車を正しく理解しましょう。最後は車の状態確認です。返却時のトラブルを避けるためにも、外装のキズやへこみ、装備品やミラーの角度に至るまで、スタッフと一緒にご自身の目でもしっかりチェックしてくださいね。

送迎サービス

・宮古島空港からの送迎
宮古島空港に到着したら、宮古島レンタカージオの営業所へ電話をします。手荷物受取所で荷物を受け取り後、到着ロビーへ移動するとプラカードを持ったスタッフが出迎えてくれます。
【宮古島レンタカージオ:0980-79-5666】

・宿泊先からの送迎料金(片道)
平良地区:2,000円
下地地区・来間島・伊良部島:2,500円
池間島・上野地区:3,500円

持ち物

・運転者全員の運転免許証
・決済用クレジットカードまたは現金
・ETCカード(使用する方のみ)

お支払い

・現金
・クレジットカード
利用可能なカード会社:VISA/Master/Amex
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金は宮古島レンタカージオでの現地決済となります。

宮古島レンタカージオの全国にある営業所について

リゾート地のレンタカー営業所はどこも同じイメージ。そんなイメージを払拭するのが宮古島レンタカー ジオです。ヤードやピットには高級外車がズラリと並んでおり、まるで外車ディーラーの様相。憧れのオープンカーのハンドルを握れると思うとワクワクしてしまいますね。優雅で上質な宮古島での時間を演出する宮古島レンタカー ジオは、店舗スタッフの対応も南国の風のように心地良いもの。別料金でホテルのエントランスに車を配車してもらえるサービスもあったりと、宮古島レンタカー ジオならではのサービスが充実。ワンランク上の観光に相応しいレンタカー会社ですよ。宮古島でもひときわ光る存在感を持つ宮古島レンタカー ジオ。プレミアムな一台を選んでみてはいかがですか。

宮古島レンタカージオでレンタルできる車種について

憧れの外車を中心にレンタカーサービスを行う宮古島レンタカー ジオ。南国リゾートに相応しい車種が豊富にそろっています。誰もが一度は乗ってみたいポルシェボクスターやベンツSLは、観光客にも人気の看板車種としておすすめ。オープンスポーツカーで夫婦やカップルなど大切な人との優雅でロマンチックなひと時を演出してくれますよ。また家族連れにもおすすめな車種としてプジョーがラインナップ。4人乗車可能なオープンタイプからパノラミックルーフ仕様の407まで数タイプが用意されています。宮古島レンタカー ジオではエルグランドやフーガといった日本車もあるので、様々なケースでの活用が可能。宮古島レンタカー ジオで観光プランに合った車を探してみるのも楽しいですよ。

宮古島レンタカージオの営業所がある都道府県で探す