南十字星レンタカー
の予約・プラン比較

沖縄本島で社名のようにキラリと光を放つ魅力あるサービスが自慢の南十字星レンタカー。地域特化型で沖縄を知り尽くした地元密着のサービス体制が多くの利用者から評判です。大手から格安レンタカーまでが軒を連ねる那覇空港からほど近い場所に店舗を構え、レンタカーでの旅をしっかりサポート。コンパクトカーを中心にハイブリッドカーから8人乗りワゴンまで豊富な車種で様々な観光プランに対応しています。南十字星レンタカーの白を基調とした清潔感あふれる店舗は、南国ムードがいっぱい。観光客のリゾート気分をより一層盛り上げてくれますよ。他社にも負けない独自のサービスは、南十字星レンタカーを利用することで体感が可能です。

店舗検索

南十字星レンタカーについて

沖縄本島で旅のパートナーとしてレンタカー事業を展開中なのが南十字星レンタカー。地元の格安レンタカーがひしめき合う中、1店舗営業ならではの独自性と個性的なサービスが評判です。大手レンタカー会社が行っている乗り捨てサービスは無いものの、那覇空港から近い立地がそれ以上の利便性を生み出していますよ。地域密着を自負する南十字星レンタカーは、空港からも那覇市街地へも好アクセス。沖縄本島の各観光スポットへも出向きやすい場所に店舗があるため、初めての方でも安心ですよ。レンタカー観光のメッカとも言われる沖縄本島で、人気車種を中心に旅をサポートしてくれる南十字星レンタカー。レンタカー選びに迷われているなら利用してみてはいかがですか。

南十字星レンタカーの料金について

南十字星レンタカーは、軽自動車やコンパクトカーを中心とした格安なレンタカー料金が話題を呼んでいます。最新のワゴンRを使用する軽自動車クラスは1日2,400円からと破格な料金です。1,300ccクラスのコンパクトカーでも1日2,800円から利用でき全車禁煙車、ナビやETCも標準装備。コンパクトハイブリッドカーでも1日3,100円と、今すぐにでも借りてみたくなる料金ですね。南十字星レンタカーでは、ここまで低価格にも関わらず使用するレンタカーが新型がほとんどで、保険料も込み。どうしてここまで安くできるのかと考えてしまうほどです。レンタカーの点検や整備も怠りなく実施している南十字星レンタカーは、経済性重視の方にはおすすめ。お得にレンタカーを借りてみませんか。

南十字星レンタカーの免責補償制度について

免責補償の種類

対人補償事故相手の死傷が対象。高額になりやすいため補償額が無制限のことが多い。
対物補償他人の車や家屋など物損が対象。免責額の設定がある場合が多い。
車両補償レンタカー車両が対象。免責額の設定がある場合が多い。
人身傷害補償レンタカーに乗っている人(運転者や同乗者)が対象。実際の損害額が支払われる。
搭乗者傷害補償レンタカーに乗っている人(運転者や同乗者)が対象。予め定められた金額が支払われる。
免責額上記の各補償内で、お客様が自己負担しなければならない金額のこと。

保険補償制度の補償内容については、大まかに四つの区分に分けられます。対人補償は第三者を事故に巻き込んでしまった際に適用される補償。ドライバーや同乗者の怪我や死傷ではありません。対物補償は物損が対象となり、相手の物を破損した際に補償される制度。レンタカーはこれに含まれません。レンタカー会社から借りた車両を破損した際に適用されるのは車両補償。対物補償とは別に設けてあります。そして最後が人身傷害補償。この補償はドライバーや同乗者が交通事故によって、後遺症が残った場合や死亡したケースに適用されます。

保険補償制度について

対人補償1名限度額無制限(自賠責保険含む)
対物補償1事故限度額無制限(免責額:5万円)
車両補償1事故限度額時価額(免責額:5万円)
搭乗者補償1事故限度額500万円

保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

全クラス(Sクラス・HVクラス・WSクラス・ミュージックレンタカー)1,620円/24時間

レンタカーのハンドルを握る際、レンタカー保険による保障内容はとても気になる項目の一つです。更に一歩踏み込んだ免責補償制度は、安心してレンタカー観光をする上で便利な制度。保険に免責補償制度をプラスすることで、事故にあったとき自己負担を最小限に抑えることができますよ。南十字星レンタカーでは、対物と車両保険にそれぞれ5万円の免責金額を設定され、事故では自己負担が発生。免責補償制度へ加入することで、この自己負担額が補償されます。レンタカー出発前に免責補償制度へ申し込むことで、レンタカー料金を含めて様々な割引サービスを受けれるのも南十字星レンタカーの魅力の一つ。コンパクトカー中心にサービス展開する南十字星レンタカーではリーズナブルな金額で免責補償制度に加入できるのもいいですね。

NOCについて

1.凹みや傷などがついた状態20,000 円
2.禁煙車両で喫煙があった場合20,000円+クリーニング代
3.道路交通法に基づいた安全な走行ができない状態50,000円
4.損傷が激しい場合や自走ができない状態50,000円

レンタカーを借りる際、事前説明を受けるものの一つにノンオペレーションチャージがあります。これは事故の修理によりレンタカーとしてお客様に貸出できない期間中に発生する営業補償金のこと。修理代金とは違い万一事故を起こした場合には、損傷の程度に関わりなく補償金が発生する特徴をもっています。南十字星レンタカーでは2万円から5万円の範囲でノンオペレーションチャージが発生。また禁煙車両で喫煙があった場合でも車内クリーニング費用として補償金を負担することになりますので注意が必要です。当て逃げにあってもチャージの対象となりますが、安全運転で普通にレンタカーを返却すれば何も問題ないため、安全優先でドライブを楽しみましょう。

貸出当日の流れ

・ターミナルまたは駅に到着~店舗へ
当日に那覇空港又は小禄駅、赤嶺駅を利用する方は、無料送迎サービスが利用可能です。車を待機させる場所がないため連絡を入れてからの送迎となりますが、お電話一本でスタッフが迎えに来てくれるので便利。事前に申請の上、ぜひ利用してください。

・店舗にて諸手続き&注意事項を説明
店舗での手続きは運転免許証やレンタル内容の確認、保険補償等の説明などです。終了後には貸渡契約書の控えが渡されるので、返却まで大切に保管しましょう。裏面にある貸渡約款と事故時の注意事項等の記載はご一読を。

・キズ等はないか車両の現車確認
引き渡しの際にスタッフと一緒にレンタル車両の確認(キズやへこみ等)を行って出発となります。この時に車両に関する疑問などあれば質問してクリアにしておきましょう。

送迎サービス

・那覇空港からの無料送迎
必ず先に手荷物の受取を済ませ、店舗へ連絡を。早めに連絡を入れても送迎車は空港内で待機ができないので、手荷物受取後に到着ロビーへ出る際に電話してください。電話をしたら到着ロビーを外に出て、横断歩道を渡ったところにあるレンタカー会社の送迎バス乗り場へ。11-Bの看板近くに立っている南十字星レンタカー沖縄の青い旗が目印なので、そちらで送迎車をお待ちください。
【南十字星レンタカー:098-858-8234】

持ち物

・運転者全員の運転免許証(国際免許証ではレンタル不可)
・決済用クレジットカードまたは現金
・ETCカード(使用する方のみ)

お支払い

・現金
・クレジットカード(現地一括払いのみ)
利用可能なカード会社:DC/JCB/Amex/Diners
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金は南十字星レンタカーでの現地決済となります。

南十字星レンタカーの全国にある営業所について

沖縄本島において1店舗でレンタカーサービスを行う南十字星レンタカー。離着陸する飛行機のエンジン音が聞こえる空港近くにレンタカー拠点を構えています。白を基調とした清潔感あふれる店舗は南国ムードが漂い、南十字星のようにひときわ輝く雰囲気が魅力的。ここから観光へと出発する方の気分をより一層盛り上げてくれますよ。レンタカー利用者の旅のサポートを行う南十字星レンタカーでは、飛行機の到着に合わせた無料送迎を実施。チェックインからレンタカー出発までのスピーディさも特徴的です。観光スポットの穴場情報を教えてくれるのも地元密着の南十字星レンタカーならでは。清潔な店舗ときれいな車で気持ちよく観光へ出発できますね。

南十字星レンタカーでレンタルできる車種について

二度三度と利用を重ねるリピーターも多い南十字星レンタカー。評価される理由として人気車種を取り揃えていること見逃せません。全てのモデルが禁煙、そしてETCとナビが標準装備。街乗りに便利な軽自動車は最新のワゴンRを使用しています。アイドリングストップでエコな燃費が魅力で、女性の一人旅にもおすすめ。南十字星レンタカーで人気のコンパクトカーは、定番のヴィッツに加え上級のラクティスもラインナップしていますよ。3列シートのラクティスは小型車ながらも積載能力も高く、お土産もたっぷり積み込み可能です。アクアやフィットなどのハイブリッドカーも用意されており、車選びに迷うほど。魅力ある車種が多い南十字星レンタカーで、旅プランに合った車を見つけてみませんか。

南十字星レンタカーの営業所がある都道府県で探す