バカンスレンタカー
の予約・プラン比較

沖縄と言えばきれいな海を眺めながらのドライブや観光スポット巡りをイメージしませんか。そんなイメージを現実にしてくれるのがバカンスレンタカーです。沖縄本島中部に位置する読谷村の風光明媚な海岸線を伺う場所にバカンスレンタカーは存在。那覇空港近くのレンタカー会社とは違い、滞在ホテルから利用しやすいリゾート地のレンタカー会社です。2015年のオープンしたばかりの新しいブランドとして観光客からの期待も上々。リゾート特有ののんびりした雰囲気の中、気軽にレンタカーを借りることができますよ。現在は軽自動車を中心に格安料金にてサービス展開しているバカンスレンタカー。リゾートホテルが多く観光スポットも点在する地域でのレンタカー会社として注目されています。

約款・規約(PDF)

店舗検索

全国にある営業所

沖縄県読谷村に店舗を構えレンタカーサービスを行うバカンスレンタカー。1拠点での営業スタイルはまさにリゾート地のレンタカーといった雰囲気を持っています。読谷村はリゾートホテルや観光スポットも多く点在する地域で、地元密着のバカンスレンタカーでは穴場スポットやグルメ情報などの情報も満載。米軍基地も近くにあるため異国のリゾート地といった雰囲気も味わえますよ。宿泊先などへの乗り捨てサービスなど独自サービスも展開中で、バカンスレンタカーは地元格安レンタカーとして注目。清潔感あふれる店舗と人気の軽自動車、フレンドリーなスタッフとどれを取っても存在感ある店舗です。南国の雰囲気をより一層満喫できるバカンスレンタカーへ立ち寄ってみませんか。

レンタルできる車種

沖縄本島中部のエリア観光の足として活躍するバカンスレンタカー。狭い道でも楽々走れる軽自動車をレンタカーとして使用し、女性からも人気です。配車される車は、独特なスタイルと広い室内空間が評判のハスラーで、新車ベースの新しいモデルをレンタルできますよ。カーナビやETCはもちろんのこと禁煙車のリクエストも行えるので、タバコを吸わない人でも安心ですね。バカンスレンタカーのある読谷村は観光スポットやリゾートホテルが多く点在する沖縄本島屈指の観光エリア。取り回しの良いハスラーは、軽自動車ならではの低燃費も見逃せません。経済的にも環境的にも優れたレンタカーを用意するバカンスレンタカーは、沖縄観光のパートナーにおすすめです。

バカンスレンタカーの料金について

バカンスレンタカーの基本料金は嬉しい免責補償料込み。任意加入だと迷ってしまいがちな免責補償ですが、最初から付いて案内しているのでどなたも安心してドライブすることができます。さらに全プランにカーナビとETC、カーオーディオも標準装備となっていて大変お得。また、カーナビは 日英中(繁体)韓の4ヶ国語に対応できるマルチランゲージタイプ、カーオーディオはスマートフォンと連携可能と、多彩なニーズの沖縄旅行をしっかりサポートしてくれます。オプション料金となるジュニアシート・チャイルドシート・ベビーシートも1台540円とリーズナブルにレンタルできるので、家族旅行での利用にもおすすめです。

乗り捨て料金

出発場所と異なる場所へ返却する乗り捨てサービス。1店舗で営業の場合に乗り捨てサービスは行われないことが通常ですが、バカンスレンタカーではおすすめのサービスとして実施。宿泊先などでの乗り捨てがしやすくなっています。バカンスレンタカーのある読谷村や、リゾートホテルが多く集まる恩納村での乗り捨てサービスは2,160円とリーズナブルな料金設定。他の地域でも3,240円~4,320円にて乗り捨てサービスを利用できますよ。地元の格安レンタカーではほとんど実施していない乗り捨てサービスを行うことで、観光客の時間効率も上昇。宿泊先でゆっくり過ごす時間もできますね。バカンスレンタカーの乗り捨てサービスは利用者の立場に立った便利なサービスですよ。

バカンスレンタカーの免責補償制度について

保険補償制度について

保険補償制度の種類1名限度額
及び1名事故限度額
対人補償無制限
(自賠責保険含む)
対物補償無制限
(免責額5万円)
車両補償時価
(免責額5万円)
人身傷害補償3,000万円まで
保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

車両クラス料金/24時間
SK1,080円(税込)
レンタカーを使い楽しく観光する場合には免責補償制度は注目すべき項目です。万一事故が起きた場合には対物や車両保険において一定の自己負担が必要な免責額が設定。バカンスレンタカーではどちらも5万円が免責額となっており、免責補償制度に加入しておくことで免責額の支払いが免除されます。1日1,080円で不足の事態に備えることが可能で、とてもお得な制度ですよ。レンタカーで出発する前に加入し、シートベルト着用が条件ですので、安全第一が最優先。交通ルールを守らず事故が起きた場合には制度が適用されないことも知っておいた上で、ドライブをより楽しむためのアイテムの一つとして免責補償制度はおすすめですよ。

NOCについて

免責補償制度について

レンタカーで自走し
予定の店舗に返却した場合
20,000円
レンタカーで自走できず
予定の店舗に返却しなかった場合
50,000円
レンタカーに事故など不足の事態が起きた場合、修理する期間中は車のレンタルができなくなります。それゆえレンタカー会社ではノンオペレーションチャージを設定して休業補償を請求することに。自走して店舗へ戻ることが可能な場合は2万円、自走不可能な場合には5万円の自己負担金が発生します。どちらにせよノンオペレーションチャージが発生した時には利用者にとってはかなりの負担。バカンスレンタカーではこの負担を軽減するレンタカー安心パック制度を用意。24時間540円というリーズナブルな加入費でノンオペレーションチャージの自己負担を免除してくれますよ。

貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。
バカンスレンタカーをレンタルする際には下記のものが必要になりますので忘れずにお持ちくださいね。

・運転者全員の運転免許証
・決済用クレジットカード
・ETCカード(使用する方のみ)
・現住所や本人確認ができるもの(初回のご利用時のみ)

ターミナルに到着~営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、貸出営業所に向かいます。
送迎がある営業所の場合は車で、送迎がない営業所の場合は徒歩または公共交通機関を利用してお向かいください。
営業所へは近くても5-10分ほどかかります。
レンタカーの予約時間は空港や駅到着時間の15-30分後に設定するのがおすすめです。

営業所にて諸手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

料金の支払い

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。
オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。
バカンスレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。

利用可能なカード会社:VISA/Master/JCB/Amex/Diners/Discover/銀聯
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金はバカンスレンタカーでの現地決済となります。

バカンスレンタカーの営業所がある都道府県で探す