トラベルレンタカー
の予約・プラン比較

沖縄旅行や出張のパートナーとして地元密着サービスが評判なトラベルレンタカー。沖縄を知り尽くしたレンタカー会社ならではの豊富な格安プランや充実補償が人気です。離島を含め沖縄で店舗を構えるトラベルレンタカーは、海を飛び越え四国の愛媛県にも進出。2県にまたがり地元密着で培ったノウハウで、レンタカーを通じて旅や出張をサポートしています。また格安レンタカーであるにも関わらず登録年数が新しいモデルが多いのもトラベルレンタカーの特徴で、レンタカーは全車AT車ですよ。お客様からの要望を素早くサービスに反映するトラベルレンタカーでは、ベビーカーの貸出などにも即時対応。レンタカーをレンタルする方の幅広い要望に応えてくれます。

店舗検索

トラベルレンタカーとは?

トラベルレンタカーは、株式会社ルフト・トラベルレンタカーが運営するレンタカー会社です。本拠地である沖縄には営業所が4店舗。沖縄本島と石垣島、さらに宮古島にも営業所を構え、観光客やビジネスシーンで多くの方が利用しています。トラベルレンタカーではWebチェックインサービスを導入しているため、レンタカーに乗り込むまでの手続きがスムーズ。沖縄以外にも、北海道に1店舗と愛媛に3店舗の営業所がありますよ。

トラベルレンタカーの特徴

旅に合う車種選びが可能

トラベルレンタカーで借りることが出来るレンタカーは、国内メーカーの幅広い車種が用意されています。スズキワゴンRなどの軽自動車やトヨタヴィッツなどのコンパクトカーは少人数でのドライブに最適でしょう。沖縄には電車が無いため観光地を巡るには車での移動が欠かせず、ガソリン代も気になるところ。ですがトラベルレンタカーでは、ハイブリッド車もレンタルしていますので、ガソリン代を節約したい方におすすめです。他にもグループやご家族でゆったり利用するのに最適なホンダステップワゴンなどのワゴン車も用意。旅のプランに合わせて車を選べるのが良いですね。

臨機応変に対応する柔軟なサービス

トラベルレンタカーは、利用者の希望をかなえるよう可能な範囲で柔軟に対応してくれますよ。レンタルしている車種は、あらかじめ料金や車体の大きさでクラス分けされており、事前予約ではクラスを指定するのみで車種を指定することはできません。ですが、混雑していない場合などは希望の車種を聞き、可能ならその車種を割り当てるよう努力してくれるそう。混雑していなければ予約したその当日にレンタルすることも可能な場合がありますので、急な出張や予定が変わった場合にも相談してみると良いでしょう。

近隣なら駅やホテルへの送迎が可能

トラベルレンタカーでは空港への送迎サービスを実施していますが、送迎が可能なのは空港だけではありません。宿泊するホテルやモノレール駅など空港以外の場所へも、希望があれば送迎が可能。ただ、トラベルレンタカーでは送迎が可能な範囲が限定されていますので、宿泊するホテルがかなり遠い場合などはサービスを受けられないこともありますよ。沖縄県内では、独自に送迎サービスを実施しているリゾートホテルもあり、どちらのサービスを利用するか迷うところ。沖縄旅行のプランを決める際には、送迎サービスを利用するタイミングについてもあらかじめ決めてからレンタカーを予約すると良いでしょう。

全国にある営業所

沖縄県や愛媛県に特化して地元密着の営業スタイルを貫くトラベルレンタカー。沖縄県では本島の那覇空港や石垣島、宮古島の各空港に営業所を展開しています。どの空港も地域観光の拠点となっているため観光客の利便性も飛躍的に向上。空港近くに店舗があれば飛行機を降り立ってすぐにレンタカーで出発することも可能ですね。これは愛媛県でも同様で、トラベルレンタカー松山空港店では多くの方が、到着後すぐにレンタカーで観光へと出発。道後温泉などの観光地巡りを時間いっぱいに楽しんでいますよ。各空港から営業所への無料送迎サービスを実施しており、スタッフの対応の素早さも魅力的。笑顔あふれるトラベルレンタカーは楽しい旅のきっかけ作りにもおすすめです。

トラベルレンタカーで借りられる車種

軽自動車(モコ・ワゴンRなど)

借りれる車種: 日産・モコ ダイハツ・タント スズキ・ワゴンR など 基本的に借りられる軽自動車の代表車種は人気のワゴンRをはじめとした最大4人乗りの車両になります。スーツケースはトランクに最大2個まで搭載可能。ただし、大きいスーツケースになると入らない可能性があるので注意が必要です。軽自動車は後部座席もタイトな作りになっている為、2-3人でゆったり乗るのがおすすめです。

コンパクト(マーチ・キューブなど)

借りれる車種: 日産・マーチ 日産・キューブ トヨタ・ヴィッツ など コンパクトカークラスでは人気車種トヨタのヴィッツやマーチ、キューブ等がレンタル可能です。燃費も良く、長時間のドライブにもおすすめのクラスです。また車体も小さく小道も走りやすく初心者にも安心な作りになっています。小さいながらも最大5人まで乗ることが可能。ファミリーや友達同士の旅行におすすめのクラスです。

ミドル・セダン(シエンタ・アクセラなど)

借りられる車種: マツダ・アクセラ トヨタ・プレミオ トヨタ・シエンタ など ミドル・セダンクラスからはアクセラやプレミオ、シエンタなどをピックアップ。ミドル・セダンクラスの中でもトップレベルの燃費の良さを誇る車なので、長時間の走行にも最適です。トランクにはスーツケースにして2個分のスペースがあり、乗車人数も5人が快適に乗れる広々空間。軽やコンパクトとは違ったドライブが味わえますよ。

ワゴン(セレナ・ハイエースワゴンなど)

借りられる車種: 日産・セレナ ホンダ・ステップワゴン トヨタ・ハイエースワゴン など 高い走行性能に多く積める積載量、良好な燃費を誇るワゴンクラスからは、日産のセレナやホンダのステップワゴン、トヨタのハイエースワゴンなどがレンタルできます。車体は基本的にセダンクラスに似ているため、バンのような多めの積載量とセダンのような安定性と良いとこどりのクラス。長期旅行や大人数での観光など、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

エコカー・ハイブリッド(アクア・フィットなど)

借りられる車種: トヨタ・プリウス トヨタ・アクア ハイブリッド ホンダ・フィット ハイブリッド など 近年で増加してきた、環境とお財布にやさしいハイブリッドカーも取り扱っています。ガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターとを兼ね備えたこのクラスは、何と言ってもその燃費の良さが特徴。少ないガソリン消費で済むので出費を抑えながら旅行ができます。乗車人数や積載量もミドル・セダンクラスとあまり変わらない点も良し。

スポーツ・オープンカー(コペン・フェアレディZなど)

借りられる車両: ダイハツ・コペン 日産・フェアレディZ など レンタカーの目玉と言えるスポーツ・オープンカー。運転することに重きを置いたスポーツカータイプは高スピードを出した際の運動性に優れており、快適なドライブを楽しめます。また多くのスポーツカーは屋根がない、あるいは屋根の脱着が可能なオープンカータイプでもあり、文字通り肩で風を切ることができます。家族や友人との旅行はもちろん、恋人とのデートもカッコよく行きましょう!

トラベルレンタカーの感想・口コミ

トラベルレンタカーの料金について

ルフト・トラベルレンタカーの料金体系はとってもシンプル。基本料金は【利用料金+免責補償料+消費税+カーナビ+ETC】が含まれた金額です。例えばコンパクトカークラスを日帰り利用した場合、基本料金は3,400円~(利用する店舗や日時によって変動します)。とてもリーズナブルな価格に加え、1日1,620円の免責補償料がしっかり含まれているので安心です。空港からの無料送迎はもちろん、チャイルドシートも無料でレンタルが可能。また、地域に密着している会社ならでは、沖縄観光の各種割引チケットやクーポンも用意があるのでぜひご利用くださいね。

トラベルレンタカーの免責補償制度について

保険補償制度について

保険補償制度の種類1名限度額
及び1名事故限度額
対人補償無制限
対物補償無制限
(免責額5万円)
車両補償時価
(免責額5万円)
人身傷害補償3,000万円
保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

車両クラス料金/1日
全車両クラス1,620円(税込)
慣れない土地をレンタカーでドライブするとき、保険や免責補償制度について気になったことはありませんか。沖縄と愛媛でサービス展開するトラベルレンタカーでは、1日1,620円というリーズナブルな追加料金で免責補償制度に加入することが可能。事故が起きた場合に対物や車両に設定されている各5万円の免責額が制度加入により支払い免除されます。申し込みやすい料金で安心してレンタカーのハンドルを握れるのであれば、免責補償制度に加入しておいた方が賢明ですね。免責額による自己負担のことを考えるとなおさらで、トラベルレンタカーでは出発前までに申し込むことが条件。安全第一ながらも安心してレンタカーでのドライブを楽しんで下さいね。

NOCについて

免責補償制度について

車両が予定の営業所へ
返還された場合(自走可)
20,000円
車両が予定の営業所へ
返還されなかった場合(自走不可)
50,000 円
レンタカーを店舗に返す際、次に車を貸し出すことが不可能と判断された場合にノンオペレーションチャージが請求されます。これは事故の修理でレンタカーとして営業できない期間にかかる休業補償金で、原則は利用者の自己負担。自走可能な場合で2万円、自走が不可能な場合では5万円と負担もかなりのものです。トラベルレンタカーでは、このオペレーションチャージを免除する魅力的な制度もご用意。独自のあんしん保証制度は事故で最大5万円発生する自己負担金を全額補償し、万一の時でも安心ですよ。ただ交通ルールを無視した事故などが実証されると制度適用外となりますので、くれぐれも安全運転を心がけて下さいね。

貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。
トラベルレンタカーをレンタルする際には下記のものが必要になりますので忘れずにお持ちくださいね。

・運転者全員の運転免許証
・決済用クレジットカードまたは現金
・ETCカード(使用する方のみ)
・パスポート(国際免許証でご利用の方)
・各国大使館、領事館またはJAFが発行した日本語翻訳文の原本(イタリア・スイス・ドイツ・フランス・ベルギー・台湾のいずれかの国や地域で発行された運転免許証をお持ちの方)

ターミナルに到着~営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、貸出営業所に向かいます。
送迎がある営業所の場合は車で、送迎がない営業所の場合は徒歩でお向かいください。
営業所へは近くても5-10分ほどかかります。
レンタカーの予約時間は空港や駅到着時間の15-30分後に設定するのがおすすめです。
空港や地方の駅の場合、トラベルレンタカーでは送迎を行っている営業所があります。
送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってくださいね。

営業所にて諸手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

料金の支払い

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。
オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。
トラベルレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。下記事項にご注意ください。

利用可能なカード会社:JCB/DC/Amex/UC/VISA/Master
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金はトラベルレンタカーでの現地決済となります。

トラベルレンタカーの営業所がある都道府県で探す