宮古島レンタカージオ
の予約・プラン比較

空港でプラカードを持って出迎えをするスタッフの姿に、南国気分も盛り上がる宮古島レンタカー ジオ。世界の名だたるオープンカーを中心に高級車種を取りそろえる観光レンタカーとして評判です。田園地帯広がる市街地の外れに店舗を構え、利用者を笑顔で出迎えてくれますよ。幹線道路沿いの立地は、空港や市の中心地からも近く、観光にも出向きやすいので観光客の評価も抜群。宮古島レンタカー ジオは、島きっての高級外車のレンタカーとして地元でも有名な存在。ワンランク上の優雅なリゾートライフに花を添えてくれますよ。日本屈指のビーチリゾートでおすすめの宮古島レンタカー ジオ。憧れのオープンカーで島内ドライブを楽しむのもいいですね。

約款・規約(PDF)

店舗検索

全国にある営業所

リゾート地のレンタカー営業所はどこも同じイメージ。そんなイメージを払拭するのが宮古島レンタカー ジオです。ヤードやピットには高級外車がズラリと並んでおり、まるで外車ディーラーの様相。憧れのオープンカーのハンドルを握れると思うとワクワクしてしまいますね。優雅で上質な宮古島での時間を演出する宮古島レンタカー ジオは、店舗スタッフの対応も南国の風のように心地良いもの。別料金でホテルのエントランスに車を配車してもらえるサービスもあったりと、宮古島レンタカー ジオならではのサービスが充実。ワンランク上の観光に相応しいレンタカー会社ですよ。宮古島でもひときわ光る存在感を持つ宮古島レンタカー ジオ。プレミアムな一台を選んでみてはいかがですか。

レンタルできる車種

憧れの外車を中心にレンタカーサービスを行う宮古島レンタカー ジオ。南国リゾートに相応しい車種が豊富にそろっています。誰もが一度は乗ってみたいポルシェボクスターやベンツSLは、観光客にも人気の看板車種としておすすめ。オープンスポーツカーで夫婦やカップルなど大切な人との優雅でロマンチックなひと時を演出してくれますよ。また家族連れにもおすすめな車種としてプジョーがラインナップ。4人乗車可能なオープンタイプからパノラミックルーフ仕様の407まで数タイプが用意されています。宮古島レンタカー ジオではエルグランドやフーガといった日本車もあるので、様々なケースでの活用が可能。宮古島レンタカー ジオで観光プランに合った車を探してみるのも楽しいですよ。

宮古島レンタカージオの料金について

ポルシェのオープンをはじめハイクラスな輸入車も案内している宮古島レンタカージオ。全プランの基本料金には免責補償料と消費税が含まれていて料金明瞭です。加えて全車カーナビを標準搭載、車で13分ほどの距離にある宮古空港からは無料送迎が利用可能。基本料金を支払うだけでこれだけのサービスが受けられるのはうれしいですね。ポルシェボクスターの日帰り基本料金は16,800円。旅先で万が一の事故の際にかかる免責料はハイクラスな車では割高になりがちですが、免責補償付きのプランなら憧れのオープンカーも安心して運転できますよ。

宮古島レンタカージオの免責補償制度について

保険補償制度について

保険補償制度の種類1名限度額
及び1名事故限度額
対人補償無制限
(自賠責保険を含む)
対物補償無制限
(免責額10万円)
車両補償時価
(免責額10万円)
人身傷害補償2,000万円
保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

車両クラス料金/1日
軽自動車1,000円(税抜)
307SW・307CC・エルグランド2,000円(税抜)
ML350・308CC2,500円(税抜)
500SL・Boxster3,000円(税抜)
レンタカー観光をする上で気になる項目の一つが免責補償制度です。この免責補償制度とは、事故の際に自己負担となる対物と車両の免責額を補償してくれる制度。万一の備えという意味では加入しておいた方がおすすめです。また免責補償制度は金額補償だけでなく安心して観光を楽しめるという側面も有しており、加入しておきたい制度。ただ一時停止や速度違反などが事故原因として認められれば制度の適用ができなくなるので、安全運転に努めたいですね。

NOCについて

免責補償制度について

レンタカーで自走し
予定の店舗に返却した場合
100,000円
レンタカーで自走できず
予定の店舗に返却しなかった場合
150,000円
宮古島で外車を中心にレンタルする宮古島レンタカージオ。外車ゆえに免責額も10万円と高い金額ですが、ノンオペレーションチャージも他のレンタカー会社に比べて高めの金額設定です。自走可能な場合で10万円、自走不可能な場合は15万円のチャージ費用が発生。事故で車が修理に入る期間中の休業補償でもあるノンオペレーションチャージ。外車ならではの高めの金額で、免責補償制度に加入していても事故の場合には負担する必要があります。出発前に係から説明があってもピンと来ない人も多いですが、安全運転で無事故ならば発生しない費用ですので、安全運転の大切さを実感できる要素の一つと言えるでしょう。

貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。
宮古島レンタカージオをレンタルする際には下記の3点が必要になりますので忘れずにお持ちくださいね。

・運転者全員の運転免許証
・決済用クレジットカードまたは現金
・ETCカード(使用する方のみ)

ターミナルに到着~営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、貸出営業所に向かいます。
送迎がある営業所の場合は車で、送迎がない営業所の場合は徒歩でお向かいください。
営業所へは近くても5-10分ほどかかります。
レンタカーの予約時間は空港や駅到着時間の15-30分後に設定するのがおすすめです。
空港や地方の駅の場合、宮古島レンタカージオでは送迎を行っている営業所があります。
送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってくださいね。

営業所にて諸手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

料金の支払い

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。
オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。
宮古島レンタカージオでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。

利用可能なカード会社:VISA/Master/Amex
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金は宮古島レンタカージオでの現地決済となります。

宮古島レンタカージオの営業所がある都道府県で探す