リテノアレンタカー
の予約・プラン比較

鹿児島空港にほど近い場所にあるリテノアレンタカー。茶畑に囲まれ、鹿児島らしいのどかな風景の中に営業所を構えています。カーレンタル業の他、自動車販売、整備工場(九州運輸局長認証)も兼ね備えた車のスペシャリスト。レンタル車には中古車クラスも導入していますが、整備点検と清掃を徹底し、安心&快適に利用することができます。また、様々な無料サービスが用意されているのも嬉しいポイント。地域密着型のレンタカー会社なので、鹿児島を旅先に選んでくれた方への感謝の気持ちを大切にしているそうです。基本営業は朝8時から、夜は20時30分まで。早朝に鹿児島空港に到着する方も、夕方〜夜のドライブをご希望の方も、便利に利用することができそうですね。

約款・規約(PDF)

リテノアレンタカーとは

リテノアレンタカーは鹿児島のレンタカー会社。鹿児島空港近くに店舗を構えているので、県外からの旅行者にも重宝されているようです。リーズナブルな値段でレンタルできるのは、丁寧なメンテナンスの上で中古車を導入しているから。自社整備工場を備え、車販売業も行う会社ならではのコストカットが実現されています。整備点検・清掃ともに行き届いているので、安心&快適なドライブができるはずですよ。

リテノアレンタカーの特徴

便利な送迎あり

リテノアレンタカーの嬉しいサービスのひとつに、無料送迎サービスがあります。遠方から鹿児島旅行に来られる方や長期滞在を予定している方は、どうしても荷物が多くなってしまいがち。そんな時に送迎車を利用できれば、時間も労力もカットすることができますよね。同乗できるのは7人までなので、必ず運転者と契約者の方が優先して乗るようにしてください。

オプションも豊富!ニーズに合わせて活用

リテノアレンタカーでは、利用者の様々な要望に対応するオプションが用意されています。ちなみにETC車載器とカーナビは全ての車に標準装備。土地勘のない場所でも快適&スムーズにドライブできれば、観光の時間を有意義に使うことができますね。また、冬はスタッドレスタイヤも追加レンタル可能。鹿児島は雪が降らないというイメージもありますが、山岳地帯などは積もることもあるのだそうです。とは言えスタッドレスが用意されている店舗は県内には少ない模様。冬季に自然の中をドライブするご予定の方は、リテノアレンタカーのご利用を検討してくださいね。オプションをご希望の方は当日スムーズに出発するため、予約時にその旨をお伝えください。

豊富な車種から最適な車をチョイス

実はかなりの車社会である鹿児島。公共交通機関だけではアクセスが難しいスポットも多いため、ご旅行の際にもレンタカーの利用をおすすめします。リテノアレンタカーでは最小で軽自動車クラスから、最大で8人乗りのファミリークラスをご用意。それぞれのグループや旅行スタイルにぴったりの車を選ぶことができるのではないでしょうか。自社で整備工場も備えていることから、徹底したメンテンスの上で中古車の導入が可能に。快適ながらリーズナブルな価格でレンタルできるのも、リテノアレンタカーの特色のひとつです。加えて新車のご用意もあり、軽自動車クラスにやコンパクトクラスなどの新型車はビジネス利用の際に最適です。

リテノアレンタカーの営業所

地域密着型のリテノアレンタカーの営業所は、現在鹿児島県霧島市に1店舗のみ。緑溢れる自然豊かな場所にあり、運が良ければ飛行機の発着の様子を見ることもできるそうです。鹿児空港から車で約5分なので、飛行機をご利用の方には大変便利なロケーションではないでしょうか。空港への無料送迎サービスを活用すれば、空の旅からドライブへのシフトもスムーズ。時間も労力もカットできるので、その分観光を満喫することができそうですね。

リテノアレンタカーで借りられる車種

軽自動車(ワゴンR・ライフ・AZワゴン 他)

借りられる車種:
ワゴンR・ライフ・AZワゴン・ムーヴカスタム・ムーヴ など
 
リテノアレンタカーで借りれる軽自動車の代表車種は人気のワゴンRをはじめとした最大4人乗りの車両になります。スーツケースはトランクに最大2個まで搭載可能。ただし、大きいスーツケースになると入らない可能性があるので注意が必要です。軽自動車は後部座席もタイトな作りになっている為、2-3人でゆったり乗るのがおすすめです。

コンパクト(パッソ・ヴィッツ・マーチ他)

借りられる車種:
パッソ・ヴィッツ・マーチ など

リテノアレンタカーのコンパクトカークラスでは人気車種トヨタのパッソやヴィッツ、日産のマーチ等がレンタル可能です。燃費も良く、長い時間ドライブするにもおすすめのクラスです。また車体も小さく小道も走りやすく初心者にも安心な作りになっています。小さいながらも最大5人まで乗ることが可能。ファミリーや友達同士の旅行におすすめのクラスです。

ワゴン(セレナ他)

借りられる車種:
日産・セレナ ホンダ・ステップワゴン  など 

高い走行性能に多く積める積載量、良好な燃費を誇るワゴンクラスからは、日産のセレナやホンダのステップワゴンなどがレンタルできます。車体は基本的にセダンクラスに似ているため、バンのような多めの積載量とセダンのような安定性と良いとこどりのクラス。長期旅行や大人数での観光など、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

リテノアレンタカーの感想・口コミ

レビューをもっと読む

リテノアレンタカーの料金体系

行き届いた清掃と整備で中古車を利用し、リーズナブルな料金を実現したリテノアレンタカー。通常料金の中には事故時にサポートを受けるための保険が含まれています。ただし対物補償および車輛補償はそのくくりではないので、ご心配な方は別途、免責補償制度に加入するのがおすすめ。21歳以上で免責取得1年以上の方は加入可能で、1日24時間1,100円で手厚い補償を受けることができます。その他装備に関しては、ETC車載器とカーナビ装備は付帯されていて別途費用は不要。チャイルドシート・ベビーシート、スタッドレスなどのオプションは有料となり、事前予約が必要です。

リテノアレンタカーの補償制度

保険補償制度(事故時の損害補償)

リテノアレンタカーでは、レンタルする車すべてに基本的な保険補償制度が付帯。予想外のトラブルが起きたときにも規定内でのサポートを受けることができます。ただし貸渡約款違反の上の事故および損害、また警察の事故証明が取得できない場合の損害はこの範囲ではありませんので、くれぐれもご注意を。なお保険補償制度が適用された場合でも、対物補償および車輛補償の免責額としてそれぞれ5万円の負担は必要となります。安全運転を心がけて、ドライブを楽しんでくださいね。

免責補償制度(事故時の免責料金補償)

保険補償制度に加えて、任意の免責補償制度に加入することも可能です。加入料は1日24時間1,100円(税込)。万一の事故の際、利用負担となる対物免責額と車輌免責額の支払いが免除される制度です。別途料金がかかるものの、何かあった時にも手厚いサポートが約束されていれば安心ですよね。21歳以上で免責取得1年以上の方は、基本的に加入することができます。ご自身で気を付けて利用するのはもちろんのこと、転ばぬ先の杖として加入しておくのも良いかもしれません。

NOC(ノンオペレーションチャージ)

ノン・オペレーション・チャージは別名「休業休車補償料 」。レンタカー利用時に事故や盗難、故障や汚損などで車両の修理・清掃が必要になった場合、営業補償の一部として支払いをしなければならない制度です。 その場合は自走の可否によって金額が異なり、自走して営業所で変換された場合は2万円。自走不可能な場合は5万円で、レッカー費用は別途必要となります。 許可なくペットを同乗させた場合や、禁煙車輛での喫煙があった場合もノンオペレーションチャージの請求対象となるので気を付けてください。規約に従って綺麗に気持ちよく利用してくださいね。

貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。リテノアレンタカーでレンタルする際には、
・【運転者全員の運転免許証】
・【決済用クレジットカード】
・【ETCカード(必要の方のみ)】
が必要になりますので、忘れずにお持ちくださいね。

空港・駅に到着後、貸出営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、予約した貸出営業所に向かいます。送迎がある場合は送迎場所に向かってください(※)。送迎がない営業所の場合は徒歩で向かうことになります。営業所へは近くても5-10分ほどかかるので、当日は余裕を持って移動するのがおすすめです。
※送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってください。

営業所にて貸出手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

レンタル料金の支払い(現金・クレジットカード)

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。予約時にチャイルドシート等のオプションを追加し忘れた場合でもここで申告すれば予約・精算が可能です。

また、リテノアレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。
利用可能なカード会社:【VISA/JCB/Master/Amex/Diners】

※現金払いは前もって予約している場合のみ可。その場合、免許証以外の本人確認書類が必要になります。
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。レンタル代金はリテノアレンタカーでの現地決済となります。

リテノアレンタカーの営業所を都道府県から探す