隠岐レンタ・リース
の予約・プラン比較

鳥取県の境港から北に50km程に浮かぶ隠岐の島。日本海の島ならではの海の幸に、他ではなかなか見る事ができない絶景に、歴史スポットにと人気の観光地となっています。島内に点在する観光スポットを巡るにはやはりレンタカーがおすすめ。また、隠岐の島でレンタカーといえば隠岐レンタ・リースが便利です。営業所は隠岐の島の玄関口である西郷港より2km程の場所にありますが、予約をしておけば隠岐レンタ・リースの方が港まで迎えに来てくれます。見どころの多い隠岐の島ですから、隠岐レンタ・リースの送迎のサービスは時間を節約できますし、非常に便利に感じるはず。隠岐の島に到着したら早速レンタカーを借りて島内観光に出かけましょう。

隠岐レンタ・リースとは?

隠岐レンタ・リースは、島根県の隠岐諸島にある隠岐の島のレンタカー会社です。隠岐の島にはたくさんの観光客やビジネスの方が訪れますが、バスや車での移動が便利なためレンタカーを利用する方が絶えません。本土からフェリーで訪れる方が多いため、隠岐レンタ・リースではフェリーが発着する西郷港の近くに専用の待合所を設置。フェリーを降りてすぐにレンタカーへ乗り継ぎたい方には、隠岐レンタ・リースがおすすめですよ。

隠岐レンタ・リースの特徴

車種ごとの細かな料金設定

隠岐レンタ・リースでは、車種ごとの細かな料金設定をしています。少人数の方に人気の軽自動車は、その車体の大きさに違いがあっても料金設定が同じというレンタカー会社も少なくありません。ですが隠岐レンタ・リースでは、車体の大きさで3つのクラスに分け、レンタル料金に差があります。お一人で利用する方や少しでも節約したいという方にはうれしい料金設定ではないでしょうか。他にも、定員7名のミニバンと定員8名のワゴン車も異なる料金が設定されているなどの工夫が施されています。隠岐レンタ・リースでは全てのレンタカーにカーナビが付いていますので、隠岐の島を初めて訪れる方にもおすすめですよ。

西郷港でフェリーを降りたら専用待合室へ

隠岐の島には本土からフェリーで訪れる方が多いのですが、フェリーが発着する西郷港から隠岐レンタ・リースの営業所へは車で約5分、徒歩だと約20分かかります。そこで隠岐レンタ・リースでは、2016年に西郷港の目の前に専用の待合所を設置。フェリーを降りて専用待合所で待機してれば、送迎車が迎えに来て隠岐レンタ・リースの営業所まで送迎してくれるようになりました。フェリーからレンタカーへの乗り継ぎがスムーズに行えますので、隠岐レンタ・リースを利用すれば時間を無駄にすることがありませんね。

24時間受付可能なインターネット予約

隠岐レンタ・リースでは、電話とインターネットでレンタカーの事前予約が可能です。詳しいことを訪ねたい方は電話での予約が最適ですが、営業時間に電話をかけることが難しい方にはインターネットでの事前予約がおすすめ。24時間受付可能なので夜中にゆっくりと予約することも可能ですし、予約フォームの入力方法が簡単なので安心して利用できますよ。チャイルドシートやジュニアシートのオプション指定も出来ますので、お子様連れで利用する場合でもインターネットでの事前予約が便利でしょう。

全国にある営業所

島後、島前にそれぞれにある隠岐レンタ・リースの営業所。それぞれのレンタカー保有台数は島内最大級です。島後にある本店では、レンタカーに加えて、レンタバイクも保有していますので、様々なスタイルで利用できるのもポイントの一つ。島内をのんびりと巡るのであれば、50ccのレンタバイクもおすすめです。サービスも充実しており、港に隠岐レンタ・リース専用の待合室を設けているのもその一つ。フェリー出発までのちょっとした時間ですが快適に過ごす事ができるのです。その他、商用での利用であれば、隠岐レンタ・リースの会員になれますので、レンタカーをよりリーズナブルに利用できます。ちょっとでもお仕事で訪れる方はお見逃しなく。

隠岐レンタ・リースで借りられる車種

軽自動車(ミラ・ライフなど)

借りれる車種:
ダイハツ・ミラ
ホンダ・ライフ
スズキ・ワゴンR など

基本的に借りられる軽自動車の代表車種は人気のワゴンRをはじめとした最大4人乗りの車両になります。スーツケースはトランクに最大2個まで搭載可能。ただし、大きいスーツケースになると入らない可能性があるので注意が必要です。軽自動車は後部座席もタイトな作りになっている為、2-3人でゆったり乗るのがおすすめです。

コンパクト(マーチ・キューブなど)

借りれる車種:
日産・マーチ
日産・キューブ
トヨタ・パッソ など

コンパクトカークラスでは人気車種マーチやキューブ、パッソ等がレンタル可能です。燃費も良く、長時間のドライブにもおすすめのクラスです。また車体も小さく小道も走りやすく初心者にも安心な作りになっています。小さいながらも最大5人まで乗ることが可能。ファミリーや友達同士の旅行におすすめのクラスです。

ミドル・セダン(モビリオ・ボンゴフレンディなど)

借りられる車種:
ホンダ・モビリオ
マツダ・プレマシー
マツダ・ボンゴフレンディ など

ミドル・セダンクラスからはモビリオやプレマシー、ボンゴフレンディなどをピックアップ。ミドル・セダンクラスの中でもトップレベルの燃費の良さを誇る車なので、長時間の走行にも最適です。トランクにはスーツケースにして2個分のスペースがあり、乗車人数も5人が快適に乗れる広々空間。軽やコンパクトとは違ったドライブが味わえますよ。

ワゴン(セレナ・エスティマなど)

借りられる車種:
日産・セレナ
トヨタ・エスティマ など

高い走行性能に多く積める積載量、良好な燃費を誇るワゴンクラスからは、日産のセレナやトヨタのエスティマなどがレンタルできます。車体は基本的にセダンクラスに似ているため、バンのような多めの積載量とセダンのような安定性と良いとこどりのクラス。長期旅行や大人数での観光など、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

隠岐レンタ・リースの感想・口コミ

レビューをもっと読む

隠岐レンタ・リースの料金について

隠岐レンタ・リースの基本料金は、スカイチケット特典がたくさん付いていてお得。全てのお客様が安心してレンタカーを利用できるよう、全プランの基本料金には免責補償料込で案内しています。基本料金は利用日時を選択するだけで表示されるので明瞭。料金の比較検討もしやすく、納得のレンタカー選びができますよ。また、軽自動車から8人乗りワゴンまで、どの車両クラスを選択してもカーナビは標準装備。島後(旧西郷町内)からの無料送迎も付いているので、基本料金にオプション料金が発生することなくレンタカーを利用することも十分可能です。

乗り捨て料金

レンタカーを借りる際に一番気になるのはやはりその料金ですよね。隠岐レンタ・リースでは3時間からと気軽にレンタカーを使う事が可能です。最も安い軽自動車のクラス、3時間での料金は3,000円、24時間の利用ですと4,800円、以降1日毎にプラス4,500円となっています。最も大きい8人乗りのワゴン車ですと24時間で18,300円、以降1日毎にプラス15,700円です。隠岐レンタ・リースでは標準で免責保証が含まれていますので、その他発生するのは利用した分のガソリン代のみです。隠岐レンタ・リースでは24時間で3,000円からのレンタバイクもありますので、よりりリーズナブルな移動手段をお探しの方はそちらもご検討ください。

隠岐レンタ・リースの免責補償制度について

保険補償制度について

保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

レンタカーをドライブするにあたって保険の保障内容や免責補償制度が気になったことはありませんか。基本料金に含まれるレンタカー保険とは違い免責補償制度は加入も任意のため、加入するかどうか判断に迷うところです。隠岐レンタ・リースでは車種によって違うものの1日1,000円から1,500円という格安な免責補償制度加入料金が魅力的。通常のレンタカー保険では事故の際に対物3万円、車両5万円の免責額が設定されており、これが自己負担となります。しかし免責補償制度に加入することで、これら自己負担となる免責額を全額補償。観光途中の痛い出費を抑えるのにも役立つ制度です。信号無視やスピード違反など制度が適用されないケースもあるため、レンタカーの運転時には安全第一で行きたいですね。

NOCについて

レンタカーを借りるにあたってノンオペレーションチャージという言葉を聞いたことはありませんか。事故でレンタカーが修理に入っている期間中など車が営業休止中に発生する休業補償費用のことで、利用者の自己負担金として処理されます。隠岐レンタ・リースでは過失、無過失に関わらずノンオペレーションチャージが発生。自走可能な場合は1万円、自走不可能な場合では3万円の補償費用が自己負担として必要になってきます。この休業補償費用は、免責補償制度へ加入の場合でも負担する必要があるため、安全には配慮してドライブを楽しみたいですね。

貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。
隠岐レンタ・リースをレンタルする際には下記の3点が必要になりますので忘れずにお持ちくださいね。

・運転者全員の運転免許証
・決済用の現金またはクレジットカード
・ETCカード(必要な方のみ)

ターミナルに到着~営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、貸出営業所に向かいます。
送迎がある営業所の場合は車で、送迎がない営業所の場合は徒歩でお向かいください。
営業所へは近くても5-10分ほどかかります。
レンタカーの予約時間は空港や駅到着時間の15-30分後に設定するのがおすすめです。
空港や地方の駅の場合、隠岐レンタ・リースでは送迎を行っている営業所があります。
送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってくださいね。

営業所にて諸手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

料金の支払い

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。
オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。
隠岐レンタ・リースでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。下記事項にご注意ください。

利用可能なカード会社:VISA/MasterCard/JCB/AMERICAN EXPRESS/Diners Club/銀聯(UnionPay)
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金は隠岐レンタ・リースでの現地決済となります。

隠岐レンタ・リースの営業所を都道府県から探す