レッツレンタカー
の予約・プラン比較

日本の代表的な空の玄関口、羽田空港。あらゆる目的で人が集まるこの空港周辺にはそれに対応するために様々なレンタカー会社が居を構えていますが、中でも業界最安値を目指しているのがレッツレンタカーです。羽田空港から二つ分隣の駅である穴守稲荷駅近くで営業しているレッツレンタカーは、とにかく無駄を省いて質を高めたサービスを提供している質実剛健なレンタカー会社。その努力はとてもリーズナブルなレンタル料金に顕れています。東京見物にはレッツレンタカーを利用してみてはいかがでしょう。

レッツレンタカーとは?

レッツレンタカーは「羽田空港エリア最安値」を目指すレンタカー会社として、羽田空港にほど近い穴守稲荷駅周辺で営業する会社です。様々な工夫でリーズナブルな値段を維持し続けているレッツレンタカーのサービスは高品質。煩雑な手続きの手間なども省いているので、想像以上にスムーズに出発することが可能です。

レッツレンタカーの特徴

エリア最安値を目指す努力

競合ひしめく羽田空港エリアで営業するため、レッツレンタカーは様々な工夫を凝らしています。その中で目を引くのは「エリア最安値」という言葉。レンタルしているのは基本的に中古車ですが、新車と見紛うかのようにピカピカに清掃・整備し、万全の状態で提供。さらに車両設備は最低限にし営業戦略も華美にせず車にコストをかけるなど、あるいはせせこましいと誤解されかねないことを公言し、堂々と胸を張る姿勢を見せています。そのさっぱりした態度には利用者にも好意的に見られるとか。

羽田空港周辺エリア

今や移動手段として欠かせなくなった飛行機。それを求めて旅行客やビジネスマンなど、数多くの人が空港に集まる中、到着後の移動手段としてレンタカーの需要が高まります。穴守稲荷駅という羽田空港から京急空港線を2駅分進んだ先にあるレッツレンタカー。周囲には湾岸線につながる環八通りや都心に向かえる首都高、あるいは川崎方面に下る産業道路などアクセス手段が豊富です。もちろん気ままに周囲をドライブすることも可能。

レッツレンタカーの営業所

レッツレンタカーの営業所は、前述した穴守稲荷駅近くにある店舗1つのみ。豪華な店舗や過大な広告はしないというどこまでも質を高める方針もあって広範囲に展開しているわけではありません。店舗は穴守稲荷駅から徒歩約5分ほど。少々入り組んだ地形ですが、穴守稲荷駅に到着後に電話を掛けるとスタッフが案内してくれるようです。周辺には大きな道路や高速道路などもあり、そのどれもが東京都中に広がるので東京見物に出かけるには最適な立地。羽田空港に降り立ち、これから観光するという方でも、羽田空港で飛行機に乗って帰る前にもう一回りしたいという方にもおすすめです。また近日中には東京駅店もオープン予定だとか。主要交通網近くなので利便性も抜群です。

レッツレンタカーでレンタルできる車種

軽自動車(モコ・ムーヴなど)

借りられる車種:
日産・モコ
ダイハツ・ムーヴ
ホンダ・ワゴンR
など

レンタルできる軽自動車の代表車種は、人気のワゴンRをはじめとした最大4人乗りの車両になります。基本的な積載は、スーツケースをトランクに最大2個まで搭載可能。ただし、大きいスーツケースになると入らない可能性があるので注意が必要です。軽自動車は後部座席もタイトな作りになっている為、2~3人でゆったり乗るのがおすすめです。

レッツレンタカーの感想・口コミ

レッツレンタカーの料金体系

スカイチケット上で表示されるレンタカーの料金は、基本的に「レンタカー料金+免責補償料金+消費税」のものです。免責補償料金は一律ではなく、借りる日数によって加算される方式なので注意。レッツレンタカーでは基本料金が安い代わりにレンタルする車の基本装備は最低限なものなので、必要に応じて追加しましょう。また、利用者数が多くなるハイシーズンなどでは限定的に料金が高くなることもあります。旅行をする期間に注意して比較してみてください。

レッツレンタカーの補償制度

保険補償制度(事故時の損害補償)

レッツレンタカーでは業界大手の保険会社と契約しているので、万全の状態で営業していることも売りの一つ。自動車保険は対人賠償・対物賠償・人身傷害に適用され、万が一事故が起こっても限度額の範囲内で補償されます。それぞれの適用範囲によって金額も変わるので、事前に確認しておきましょう。さらにレンタカーの基本料金に含まれているので改めて加入する必要もありません。

免責補償制度(事故時の免責料金補償)

万が一事故が起きてしまった場合、通常の保険補償制度が適用されるものとは別に、1事故免責額というものが発生します。レッツレンタカーでは5万円の負担となりますが、CDWと言われる事故免責補償制度に加入しておけば、この負担が免除されます。スカイチケットではこの免責補償は料金に含まれるので、こちらも改めて加入する必要はありません。

NOC(ノンオペレーションチャージ)

NOC(ノンオペレーションチャージ)とは、事故が起き自動車を修理・清掃する必要が生じた場合、本来営業できたはずの損害を補填する制度です。こちらは事故が起きた車の状態によって金額が変わり、自走できる状態なら3万円、自走できない状態なら5万円の負担がかかります。この負担は保険補償や免責補償では免除されないので注意しましょう。

レッツレンタカーの貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。レッツレンタカーでレンタルする際には、
・【運転者全員の運転免許証】
・【決済用クレジットカード】
・【ETCカード(必要の方のみ)】
が必要になりますので、忘れずにお持ちくださいね。

空港・駅に到着後、貸出営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、予約した貸出営業所に向かいます。送迎がある場合は送迎場所に向かってください(※)。送迎がない営業所の場合は徒歩で向かうことになります。営業所へは近くても5-10分ほどかかるので、当日は余裕を持って移動するのがおすすめです。
※送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってください。

営業所にて貸出手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

レンタル料金の支払い(現金・クレジットカード)

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。予約時にチャイルドシート等のオプションを追加し忘れた場合でもここで申告すれば予約・精算が可能です。

また、レッツレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。
利用可能なカード会社:【VISA/JCB/Master/Amex/Diners】

※現金払いは前もって予約している場合のみ可。その場合、免許証以外の本人確認書類が必要になります。
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。レンタル代金はレッツレンタカーでの現地決済となります。

レッツレンタカーの営業所を都道府県から探す