ホンダレンタカー
の予約・プラン比較

札幌市や新千歳空港を中心に北海道観光のパートナーとして存在感を放つのがホンダレンタカー。ホンダ車の正規販売店直営のレンタカー会社で、現行型のホンダ車を借りることができますよ。ディーラーが経営していることで車の整備に関しても折り紙付きで、ホンダ車のプロが点検や整備を実施。高品質なメンテナンスを施されたレンタカーは借りる側にとってはとても魅力的ですね。またホンダレンタカーに使われるモデルは最新車種ばかりで、登録後1年半から2年で車両を入れ替える徹底ぶり。各店舗に在籍するレンタカーアドバイザーが旅のサポートをしてくれるサービスもあります。ホンダレンタカーは、ホンダ車ファンならずとも利用したくなる魅力が詰まったレンタカー会社ですよ。

約款・規約(PDF)

店舗検索

全国にある営業所

ホンダ系列で北海道特化型のホンダレンタカーでは、観光やビジネスの玄関口となる千歳空港や札幌市内に複数営業所を構えています。観光にも便利な立地に店舗があることで観光客の利用も多く、それにもまして高い利便性が魅力的。空港到着後は空港内にある専用カウンターで受付できるのもホンダレンタカーの特徴です。先にチェックインしておくことで、スムーズな配車や出発が可能となりますよ。またホンダレンタカーは各地にあるホンダ系列ディーラーが営むレンタカー会社とも連携。旭川や函館では他社でありながら同じホンダ系列なので乗り捨てサービスも行えます。利用者にとって利便性が高いホンダレンタカーは、旅のパートナーとしてもおすすめですよ。

レンタルできる車種

最新のホンダ車を手頃な価格でレンタルでき顧客満足度も高いホンダレンタカー。軽自動車からハイブリッドカーまで幅広く取り扱っており、ホンダファンならずとも魅力的です。ロングセラーで多くの方から支持を集めるNboxは、軽自動車とは思えない広い室内が人気。ホンダを代表する小型のフィットとともにホンダレンタカーおすすめのモデルですよ。広い北海道でロングドライブを楽しむなら、やはり燃費の良いハイブリッドカー。SUVのヴィゼルや正統派セダンのグレイスは、ナビやETC標準装備で高速道路にも対応しています。どれも人気のホンダ車ばかりで、出発前の点検や整備もしっかり実施。観光の際は、ホンダレンタカーでお気に入りのホンダ車を見つけてみてはいかがですか。

ホンダレンタカーの料金について

ホンダレンタカーの基本料金には【レンタカー利用料+免責補償料+ETC車載器+カーナビ+消費税】が含まれます。スカイチケットでは旅先に不慣れな方でも安心のカーナビ・免責補償コミコミのプランをお得な価格で提供。こだわりたい方にうれしい車種指定プランも、車種指定料金込みの価格でご案内しています。ETC車載器も装備しているので、高速道路もスムーズに通過可能。ただしETCカード貸出は基本料金に含まれていないため、お待ちでない方で且つETCカードをレンタルしたい方は別途貸出料金がかかります。さらにホンダレンタカーでは登録3年以内の新車確約サービスや、チャイルドシート無料レンタルサービスなども一律基本料金のみでご利用いただけます。(※店舗・プランによりサービスが異なります)

乗り捨て料金

観光やビジネスにおいてホンダレンタカーの評価が高い理由に乗り捨てサービスを挙げることができます。広い北海道をたっぷり楽しめるように導入したサービスで、希望に応じて出発店舗と違う店舗での返却が可能。札幌市内や千歳空港の店舗への乗り捨ては無料で行えますよ。またホンダレンタカーでは函館と旭川での乗り捨ても有料サービスとして実施中。旭山動物園へレンタカーで出向き、帰路は別方法でとお考えの時などは乗り捨てサービスがおすすめです。旭川での乗り捨ては8,640円、同じように函館での乗り捨ては10,800円で利用が可能。現地では同じホンダ系列のレンタカー会社が対応してくれます。系列同士連携しているホンダレンタカーならではのサービスですね。

ホンダレンタカーの免責補償制度について

保険補償制度について

保険補償制度の種類1名限度額
及び1名事故限度額
対人補償無制限
(自賠責保険を含む)
対物補償無制限
(免責額5万円)
車両補償時価
(免責額5万円)
人身傷害補償1,500万円
保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

車両クラス料金/1日
全車両クラス1,080円(税込)
レンタカーを利用するにあたって気になるのが事故の際の保険保障や制度補償ではないでしょうか。ホンダレンタカーでは事故での免責額を補償してくれる免責補償制度がサービスとして存在。1日1,080円の加入料で万一の場合への備えを手に入れることができますよ。対物や車両保険に設定されている各5万円の免責額は相当な負担になるもので、そんな時に免責補償制度に加入していれば便利ですね。交通ルールを守っていれば補償される制度も、スピード違反や信号無視などが原因の事故と認定されれば制度適用外となりますので注意も必要。安全運転で楽しいドライブを心がけて下さいね。

NOCについて

免責補償制度について

レンタカーで自走し
予定の店舗に返却した場合
20,000円
レンタカーで自走できず
予定の店舗に返却しなかった場合
50,000円
レンタカーを返却する際に、次の配車ができずに修理となる場合には、レンタカー会社からノンオペレーションチャージが請求されます。これはレンタカーが修理期間中は営業できないことへの補償で、今や多くのレンタカー会社がこの制度を実施中。ホンダレンタカーでは自走できるケースでは2万円を、自走できない場合にはレッカー代別で5万円をノンオペレーションチャージとして利用者に自己負担を求めています。この負担金額は相当なもので、負担を軽減するプランもしっかり存在。ホンダレンタカー安心パックはノンオペレーションチャージの自己負担が免除になる補償付きで、レンタカー観光にはおすすめのプランですよ。

貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。
ホンダレンタカーでレンタルする際には下記の3点が必要になりますので忘れずにお持ちくださいね。

・運転者全員の運転免許証
・現金または決済用クレジットカード
・ETCカード(必要な方のみ)

ターミナルに到着~営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、貸出営業所に向かいます。
送迎がある営業所の場合は車で、送迎がない営業所の場合は徒歩でお向かいください。
営業所へは近くても5-10分ほどかかります。
レンタカーの予約時間は空港や駅到着時間の15-30分後に設定するのがおすすめです。
空港や地方の駅の場合、ホンダレンタカーでは送迎を行っている営業所があります。
送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってくださいね。

営業所にて諸手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

料金の支払い

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。
オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。
ホンダレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。

利用可能なカード会社:VISA/MasterCard/JCB/Amex/Diners
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金はホンダレンタカーでの現地決済となります。

ホンダレンタカーの営業所がある都道府県で探す