ハコレンタカー
の予約・プラン比較

ハコレンタカーは、福岡空港・博多駅と那覇空港周辺に店舗を持つレンタカーショップです。西日本最大級の在庫数を誇り、ワンボックスやワゴンの取り扱いを得意としています。マイクロバス、アルファードなどの高級ワゴンからセダンや軽自動車まで豊富な車種があり、様々なシーンに対応が出来ます。さらには、福祉車両やキャンピングカーのレンタル可能です。また、各空港や最寄り駅への無料送迎もハコレンタカーの魅力の一つです。また、レンタル料金も非常に安く、コンパクト車の価格帯でワンボックスカーをレンタル出来るのも嬉しいですね。福岡県沖縄県にビジネスや旅行で訪れた際は、車種ラインナップが豊富なハコレンタカーでレンタカーを借りると良いですよ。

約款・規約(PDF)

ハコレンタカーとは?

福岡と沖縄本島に営業所を持つハコレンタカーは軽自動車から乗用車、ミニバンやマイクロバスまで幅広いラインナップの車種を揃えていることが魅力です。またキャンピングカーや高級車まで取り揃えています。福岡空港店と那覇空港店の2店舗でレンタカー事業を展開。福岡もしくは沖縄本島を旅行する際にはぜひ利用したいレンタカー会社です。

ハコレンタカーの特徴

嬉しい送迎無料サービス

福岡と沖縄でレンタカーサービスを展開しているハコレンタカーは、福岡航空営業所と那覇空港営業所まで共に送迎サービスが対応しており大変便利です。どちらの営業所も福岡・那覇空港から無料で送迎サービスを受けることができ、さらに福岡営業所では博多駅からも受けることが可能。ただし、博多駅の目の前ではなく若干離れた場所での待ち合わせとなるので、注意が必要です。多くのレンタカー会社も送迎サービスを行っていますが、送迎場所によっては料金が発生することがあります。それでも送迎サービスが充実しているのは嬉しいですね。

豊富なラインナップが魅力のハコレンタカー

ハコレンタカーの魅力は何といっても車種の豊富なラインナップです。ファミリーで旅行するのに最適なワゴン車、ステップワゴンやヴォクシー。名前の通り箱のような四角い形状で大人数が乗れるハイエースグランドキャビン。そして福祉車両としても用いられ快適で静かな運転を楽しむことができるプリウスなどのラインナップもあります。旅行プランと日数や人数に合わせて車種を選べるのも豊富なラインナップがあるからこそ。ぜひハコレンタカーで九州、沖縄旅行を楽しみましょう。

ロードサービスも安心のハコレンタカー

観光客の多い福岡と沖縄本島で営業しているハコレンタカー。福岡と沖縄を旅行する場合には利用したいレンタカー会社です。また24時間ロードサービスを無料で提供ていることも大きな魅力の一つ。レンタカーを運転中に間違ってキー閉じ込めをしてしまったり、バッテリーが上がってしまうことがあるかもしれません。さらにタイヤのパンクや脱輪があったとしても24時間体制のサポートがあるので安心です。ぜひハコレンタカーのレンタカーで福岡、沖縄旅行を楽しみましょう。

ハコレンタカーの営業所

旅行やビジネスでレンタカーを借りる際、レンタカー会社の店舗がどこにあるのかも大事ですよね。ハコレンタカーの営業所は、福岡県の福岡空港店と沖縄県の那覇空港店の2店舗あります。観光やビジネスなどでこれらの空港をご利用の際は直ぐにレンタカーが利用可能。最寄りの空港や駅までハコレンタカーの店員さんが送迎を無料で行ってくれるので、時間の無い方や土地勘の無い方で安心です。事前に到着予定時間を店舗に連絡をしておけば、待たずに送迎車に迎えに来てもらうことができます。どちらの店舗も主要道路沿いの敷地に多くの車が常時駐車してあり、看板も目立つので直ぐに店舗を見つける事も出来ます。福岡や沖縄で観光・ビジネスの移動手段としてレンタカーを利用する場合は、このハコレンタカーが便利。

ハコレンタカーで借りられる車種

軽自動車(N-BOX・エヴリィなど)

借りれる車種:
ホンダ・N-BOX
ホンダ・N-BOXカスタム
スズキ・エヴリィ など

基本的に借りられる軽自動車の代表車種は人気のN-BOXをはじめとした最大4人乗りの車両になります。スーツケースはトランクに最大2個まで搭載可能。ただし、大きいスーツケースになると入らない可能性があるので注意が必要です。軽自動車は後部座席もタイトな作りになっている為、2-3人でゆったり乗るのがおすすめです。

ミドル・セダン(クラウンなど)

借りられる車種:
トヨタ・クラウン など

ミドル・セダンクラスからはトヨタのクラウンなどをピックアップ。ミドル・セダンクラスの中でもトップレベルの燃費の良さを誇る車なので、長時間の走行にも最適です。トランクにはスーツケースにして2個分のスペースがあり、乗車人数も5人が快適に乗れる広々空間。軽やコンパクトとは違ったドライブが味わえますよ。

ミニバン(エスティマ・ヴォクシーなど)

借りられる車種:
トヨタ・エスティマ
トヨタ・ヴォクシー など

6~8人もの人数を乗せることができ、3列目の座席を折りたためば収納スペースにもなる利便性がウリのミニバンクラス。ミニという名称にもかかわらず前述通りの搭載性能があるうえ、車高が低いからこそ安定した走行が可能。総じて優れた車両クラスと言えます。利点を生かした家族旅行がおすすめです。

ワゴン(セレナ・ノアなど)

借りられる車種:
日産・セレナ
トヨタ・ノア
トヨタ・ハイエースワゴン など

高い走行性能に多く積める積載量、良好な燃費を誇るワゴンクラスからは、日産のセレナやトヨタのノア、ハイエースワゴンなどがレンタルできます。車体は基本的にセダンクラスに似ているため、バンのような多めの積載量とセダンのような安定性と良いとこどりのクラス。長期旅行や大人数での観光など、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

エコカー・ハイブリッド(プリウス・ヴォクシーZSなど)

借りられる車種:
トヨタ・プリウス
トヨタ・ヴォクシーZS など

近年で増加してきた、環境とお財布にやさしいハイブリッドカーも取り扱っています。ガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターとを兼ね備えたこのクラスは、何と言ってもその燃費の良さが特徴。少ないガソリン消費で済むので出費を抑えながら旅行ができます。乗車人数や積載量もミドル・セダンクラスとあまり変わらない点も良し。

キャンピングカー(カムロード・セレナキャンピングなど)

借りられる車両:
トヨタ・カムロード
日産・セレナキャンピング など

広い大地で野外活動をするならキャンピングカーの出番。基本的に寝泊まりできる設備を備えた車ですが、その種類は多岐にわたります。専用のシャーシに架装したフルコンバーションやトラックを改造したキャブコンバーション。ワンボックス車の内装や屋根を改造したバンコンバーションなど、人数や用途によって選ぶべきタイプが分かれます。どのタイプを選ぶのかも楽しみの一つ。

ハコレンタカーの感想・口コミ

レビューをもっと読む

ハコレンタカーの料金体系

ハコレンタカーの基本料金にはレンタカー利用料と免責補償料が含まれています。ハコレンタカーでは、標準装備のカーナビやETCはもちろん、いざという時に安心な24時間365日のロードサービスもセットされていますよ。さらに女性やお子様にも安心な高圧エタノール除菌消臭も基本料金に含まれています。各車種の基本料金がホームページに記載してあるので、車種や乗車人数からレンタカーの料金が簡単に比較・検討出来ますよ。電話での予約の他に、ホームページ上での予約も出来ますので、無駄なやり取りや手続きが無いので、急な出張や旅行等でも安心して直ぐにレンタカーを借りられます。福岡空港・博多駅・那覇空港からの各店舗への送迎も無料になっています。

ハコレンタカーの補償制度

保険補償制度(事故時の損害補償)

どのような保険補償制度があるのかもレンタカーを借りるのには大事ですよね。ハコレンタカーでは、レンタカーでの事故発生時のための保険補償制度があります。対人補償は、1名の限度額はなく無制限(自動車損害賠償責任保険を含む)です。1事故あたりの対物補償は無制限、車両補償は時価額となりますが、免責額が7万円必要。搭乗者補償は、1名の限度額が500万円までと決められています。以上の様にハコレンタカーでは、保険補償制度が基本料金の中に設けられています。これなら安心して快適なドライブが出来ますね。ただし、道路交通法の違反がある場合や契約者以外の方の運転による事故の場合等は、保険補償制度は受けられませんので、レンタカーの運転には十分に安全運転を心がけて下さいね

免責補償制度(事故時の免責料金補償)

レンタカーを借りる際の基準の一つに免責補償制度があります。免責補償制度とは、事故の際に自己負担となる免責額(事故時の対物、車両保障免責額の7万円)を補償してくれる制度。レンタカー利用者の多くがその制度を活用してます。ハコレンタカーでも出発前までに申し込みをすれば、この制度に加入できますよ。また、ハコレンタカーにはワイド補償というNOCに対しての補償があります。ワイド補償とは、その免責額(自走して店舗に戻れる場合2万円、店舗に自走して戻れない場合5万円)を補償してくれる制度。NOCに対しての補償制度があるのもハコレンタカーの特徴ですね。ハコレンタカーでしたら、リーズナブルな金額でこの二つの安心補償を受けられます。ただし、道路交通法の違反がある場合や契約者以外の方の運転による事故の場合等は、補償制度は受けられませんので、レンタカーの運転には十分に安全運転を心がけて下さいね。

NOC(ノンオペレーションチャージ)

ハコレンタカーの規定では、レンタカーで事故が起きた場合、車両を返却する時にNOC(ノンオペレーションチャージ)が請求されます。NOCとは、レンタカーの使用中に事故を起こし車両の修理が必要となった場合、その期間中の休業補償の一部をレンタカー会社より受けるというもの。これは、ほとんどのレンタカー会社で定められているもので、ハコレンタカーでも利用者の自己負担という形で請求を受けます。事故が起きた場合の営業補償として実施されるもので、自走で契約店舗に戻れる場合は2万円、自走で戻れない場合は5万円が利用者の負担となります。レンタカーの使用中に事故が起きた場合には、NOCという制度があるので、頭に入れておいた方がいいですね。NOCを受けることになっては、せっかくの楽しい旅行や忙しい仕事が台無しとなってしまうので、是非とも安全運転を心がけましょう。

ハコレンタカーの貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。ハコレンタカーでレンタルする際には、
・【運転者全員の運転免許証】
・【決済用クレジットカード】
・【ETCカード(必要の方のみ)】
が必要になりますので、忘れずにお持ちくださいね。

空港・駅に到着後、貸出営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、予約した貸出営業所に向かいます。送迎がある場合は送迎場所に向かってください(※)。送迎がない営業所の場合は徒歩で向かうことになります。営業所へは近くても5-10分ほどかかるので、当日は余裕を持って移動するのがおすすめです。
※送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってください。

営業所にて貸出手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

レンタル料金の支払い(現金・クレジットカード)

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。予約時にチャイルドシート等のオプションを追加し忘れた場合でもここで申告すれば予約・精算が可能です。

また、ハコレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。
利用可能なカード会社:JCB/DC/VISA/UFJ/NICOS/UC/VISA/ダイナース/イオンカード/JACCS/AmericanExpress/CF/OMC/KC/SAISON/aplus/orico/TS3/LIFE

※現金払いは前もって予約している場合のみ可。その場合、免許証以外の本人確認書類が必要になります。
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。レンタル代金はハコレンタカーでの現地決済となります。

ハコレンタカーの営業所を都道府県から探す