フタバレンタカー 石垣島
の予約・プラン比較

土木建設機械のレンタルや車検整備などを行っているフタバグループの、レンタカー部門こそがフタバレンタカー。もともと車やその周辺整備などを請け負う会社なのでレンタカーの質も抜群。同時にコストも抑えられているので、質と低価格を両立できているレンタカー会社です。石垣島を回るには便利な、小回りの利くコンパクトカーを中心にレンタカーを販売。送迎サービスや親切で丁寧な受け答えなど、小さいながらも全力でサービスを提供している、おすすめできる格安レンタカー会社です。

約款・規約(PDF)

フタバレンタカーとは?

フタバレンタカーは、土木建設機械のレンタルを行っている双葉建機や、車検整備などを行っているフタバオートサービスを内包しているフタバグループのレンタカー会社です。もともとのメインは石垣島在住の方に向けた建機などの工事用設備の提供ですが、在住者や旅行者の需要に応えレンタカー事業も開始しました。規模としては小さめですが、メンテナンス工場を活かした車の整備で質を向上させ、格安で提供できるレンタカーをウリにしています。

フタバレンタカーの特徴

格安でレンタカーを提供できるワケ

フタバレンタカーを展開しているフタバグループは、フタバオートサービスによる車検整備を存分に活用できるので常に高品質を保てています。つまり車の整備を外部に委託することもなく、綿密なメンテナンスが行えるので高品質と低価格を両立することが可能。考えうる限り最高のパフォーマンスを誇ります。

トラブルにも万全の対応

フタバレンタカーと同グループのフタバオートサービスは、独自にメンテナンス工場を所持。これにより高品質低価格を実現できているわけですが、活用方法は何もそれだけでなく万が一の車両トラブルにも有効です。もし出先でトラブルが起きても、即応してもらえるほどのサービスが備わっているので安心してドライブができますよ。

フタバレンタカーの営業所

石垣島海の玄関口である、石垣島離島ターミナルからやや離れた位置にあります。ターミナルから見れば国道390号線を辿っていき、磯辺川沿いに伸びる道に入れば店舗が見えてくるはずです。離れてはいますが、フタバレンタカーでは送迎サービスも行っているので歩く必要はなし。雨の日でも荷物が多くても楽に移動が可能です。送迎サービスは場合により、石垣空港や宿泊ホテルなどのランドマークにも向かってくれるので事前連絡で相談しましょう。

フタバレンタカーで借りられる車種

軽自動車(タント・デイズなど)

借りれる車種:
ダイハツ・タント
日産・デイズ など

フタバレンタカーで借りれる軽自動車の代表車種は人気のタントをはじめとした最大4人乗りの車両になります。スーツケースはトランクに最大2個まで搭載可能。ただし、大きいスーツケースになると入らない可能性があるので注意が必要です。軽自動車は後部座席もタイトな作りになっている為、2-3人でゆったり乗るのがおすすめです。

コンパクト(ノート)

借りれる車種:
日産・ノート

フタバレンタカーのコンパクトカークラスでは人気車種ノート等がレンタル可能です。燃費も良く、沖縄や北海道で長い時間ドライブするにもおすすめのクラスです。また車体も小さく小道も走りやすく初心者にも安心な作りになっています。小さいながらも最大5人まで乗ることが可能。ファミリーや友達同士の旅行におすすめのクラスです。

ミニバン(NV350キャラバン)

借りられる車種:
日産・NV350キャラバン

6~8人もの人数を乗せることができ、3列目の座席を折りたためば収納スペースにもなる利便性がウリのミニバンクラス。ミニという名称に関わらず前述通りの搭載性能があるうえ、車高が低いからこそ安定した走行が可能。総じて優れた車両クラスと言えます。利点を生かした家族旅行がおすすめです。

ワゴン(セレナ)

借りられる車種:
日産・セレナ

高い走行性能に多く積める積載量、良好な燃費を誇るワゴンクラスからは、セレナなどがレンタルできます。車体は基本的にセダンクラスに似ているため、バンのような多めの積載量とセダンのような安定性と良いとこどりのクラス。長期旅行や大人数での観光など、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

フタバレンタカー 石垣島の感想・口コミ

レビューをもっと読む

フタバレンタカーの料金体系

スカイチケットに表示されるフタバレンタカーの商品価格は、「レンタカー基本料金+免責補償料金+消費税」となっています。保険補償制度の料金は基本料金に含まれており、ここからオプションとしてカーナビや保険などを付けるか決めることもできますよ。その他のオプションとしては、南国のレジャーグッズなどを貸し出しています。パラソルや浮き輪、シュノーケルなどはもちろん、折り畳みテーブルやクーラーボックスなど大きなものも借りられるので、わざわざ重い荷物を持参しなくても大丈夫。

フタバレンタカーの補償制度

保険補償制度(事故時の損害補償)

フタバレンタカーで設定されている保険補償制度。保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。相手を死傷させた場合の対人保障、相手の車や物を損傷させた場合の対物補償、自身の乗っていた車に対する車両補償、自身や同乗者が死傷した場合の人身傷害補償の四種類。ほとんどのレンタカー会社ではこの保険補償制度を設定しているので、改めて加入する必要はありません。

免責補償制度(事故時の免責料金補償)

スカイチケットでのフタバレンタカーの商品には最初から免責補償が付与されています。免責補償制度とは事故が起きた際、保険補償制度の自己負担分を免除してくれる制度。対応する補償の種類によって金額が変化します。また、基本的に一日当たりの金額なので、レンタルする期間が延びるごとに料金も増えていきます。

NOC(ノンオペレーションチャージ)

事故や汚損が発生してしまった際、当たり前ですが車は修理や整備をする必要があります。この時、本来ならばこの車が営業できた分だけの損害が出てしまうため、それを補填するのがノンオペレーションチャージという制度。これは車の損傷度合いによって金額が変わります。具体的には自走可能な場合2万円、自走不可能な場合5万円の負担となります。

フタバレンタカーの貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。フタバレンタカーでレンタルする際には、
・【運転者全員の運転免許証】
・【決済用クレジットカード】
・【ETCカード(必要の方のみ)】
が必要になりますので、忘れずにお持ちくださいね。

空港・駅に到着後、貸出営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、予約した貸出営業所に向かいます。送迎がある場合は送迎場所に向かってください(※)。送迎がない営業所の場合は徒歩で向かうことになります。営業所へは近くても5-10分ほどかかるので、当日は余裕を持って移動するのがおすすめです。
※送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってください。

営業所にて貸出手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

レンタル料金の支払い(現金・クレジットカード)

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。予約時にチャイルドシート等のオプションを追加し忘れた場合でもここで申告すれば予約・精算が可能です。

また、フタバレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。
利用可能なカード会社:【VISA/JCB/Master/Amex/Diners/UnionPay】

※現金払いは前もって予約している場合のみ可。その場合、免許証以外の本人確認書類が必要になります。
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。レンタル代金はフタバレンタカーでの現地決済となります。

フタバレンタカー 石垣島の営業所を都道府県から探す