ファミリーレンタカー
の予約・プラン比較

日本有数の観光地である北海道。絶品海の幸など多くの魅力がありますが、やはり雄大な自然とそこを巡るドライブは北海道旅行の醍醐味です。じっくりと北海道を巡りたいという場合に気になるのがレンタカーの代金ですよね。ただでさえ出費がかさむ旅先ですからなおさらです。そんな時に大活躍してくれるのがファミリーレンタカー。季節にも依りますが、オフシーズンであればフィットクラスのコンパクトカーが24時間車を借りても3,500円、その後は1日毎に3,200円と、ファミリーレンタカーではとてもリーズナブルに車を借りることが出来るのです。ちょっとだけ長い休みが取れたから車で北海道を巡ってみたい。そんな時にはファミリーレンタカー、おすすめですよ。

店舗検索

全国にある営業所

新千歳空港の傍に営業所を構えるファミリーレンタカー。大手のレンタカー会社では無いため、独自のサービスが自慢です。その一つが観光案内を積極的に発信している事。ファミリーレンタカーの公式ホームページからはスタッフブログにリンクが張られており、どこでどんなイベントがあるのか、地元の人ならではの視点で綴られています。その他にも地域に根差したレンタカー会社として、地元企業とのコラボレーションも盛んに行っています。そのため、ファミリーレンタカーで車を借りると羅臼昆布がもらえたり、ジンギスカンのクーポンがもらえたりとちょっとした事ですが嬉しいサービスを受けられます。北海道旅行の際には、是非ご検討ください。

レンタルできる車種

ファミリーレンタカーでは楽しい旅を演出してくれる、多くの車種を取り揃えています。ちょっとしたドライブにピッタリの軽自動車は広々空間が嬉しいワゴンRなど、人気のコンパクトカークラスでは新型フィットといった人気車両が選択可能です。さらには大人数でも安心のステップワゴンやセレナ、旅をワイルドに盛り上げてくれるデリカDなどファミリーレンタカーでは幅広いラインナップが自慢の一つ。さらに大人数であれば10人まで乗れるハイエースGLといった車両も用意されています。皆さまの旅の人数やスタイルにあわせて最高の一台をお選びください。ファミリーレンタカーからの北海道ドライブ、最高の思い出になる事でしょう。

ファミリーレンタカーの料金について

ファミリレンタカーのレンタカー基本料金は【レンタカー利用料+免責補償料+消費税】が含まれています。免責補償料が含まれているので、基本料金を支払えば万が一の事故への備えもできてしまいます。また、スカイチケットで案内しているファミリーレンタカー全プランには【ETC+カーナビ】が標準装備。広い北海道も安心して運転することができます。新千歳空港からの送迎も無料で利用可能。さらにファミリーレンタカーでラインナップが充実している低燃費車を選択すればガソリン代の出費も抑えることができ、格安でレンタカーを利用することができます。地元密着型の会社ならではのお食事クーポンが付いているのもうれしいですね。

ファミリーレンタカーの免責補償制度について

保険補償制度について

保険補償制度の種類1名限度額
及び1名事故限度額
対人補償無制限
対物補償無制限
(免責額5万円)
車両補償時価
(免責額5万円)
人身傷害補償3,000万円
保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

車両クラス料金/24時間
全車両クラス1,080円(税込)
レンタカー保険の対物や車両保険には必ず設定されている免責額。事故が起きた場合には自己負担となる免責額を免除するのが免責補償制度です。ファミリーレンタカーでは1日1,080円の加入料で免責補償制度のメリットでもある事故時の免責額免除を受けることが可能。補償額を超える金額については自己負担となるものの、万一への備えとしてはおすすめの制度ですよ。この制度はスピード違反など重度な過失が認められた場合には適用外となりますので、安全に配慮した運転を心がける必要もありますね。免責補償制度へ加入してまずはレンタカーでの不安を取り除くのも一つの手ですよ。

NOCについて

免責補償制度について

レンタカーで自走し
予定の店舗に返却した場合
20,000円
レンタカーで自走できず
予定の店舗に返却しなかった場合
50,000円
レンタカー利用中に事故が起きてしまったら、レンタカー会社はその車を修理する必要があります。利用者は修理期間中を含めて損傷の程度に関わらず補償費用をノンオペレーションチャージという形で自己負担。ファミリーレンタカーでは自走ができるかどうかで2万円もしくは5万円を営業補償の一部として請求しています。免責補償制度に加入していてもノンオペレーションチャージについては負担する必要があり、事故の際の利用者負担は相当なもの。やはりレンタカーは無事故でドライブを楽しみたいですね。不慣れな土地でのレンタカーの運転するならまずは安全第一。そして無事故でレンタカー返却がいいですね。

貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。
ファミリーレンタカーでレンタルする際には下記の3点が必要になりますので忘れずにお持ちくださいね。

・運転者全員の運転免許証
・現金または決済用クレジットカード
・ETC (必要な方のみ)

ターミナルに到着~営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、貸出営業所に向かいます。
送迎がある営業所の場合は車で、送迎がない営業所の場合は徒歩でお向かいください。
営業所へは近くても5-10分ほどかかります。
レンタカーの予約時間は空港や駅到着時間の15-30分後に設定するのがおすすめです。
空港や地方の駅の場合、ファミリーレンタカーでは送迎を行っている営業所があります。
送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってくださいね。

営業所にて諸手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

料金の支払い

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。
オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。
ファミリーレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。

利用可能なカード会社:VISA/Master/楽天
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金はファミリーレンタカーでの現地決済となります。

ファミリーレンタカーの営業所がある都道府県で探す