eレンタカー
の予約・プラン比較

成田空港をはじめ、千葉県内でも店舗を展開しているeレンタカー。リーズナブルに車を借りれるという事もあり、周辺観光の足として、ビジネス用途として、周辺エリアでは人気の高いレンタカー会社の一つです。東京ディズニーランドやスカイツリーなどもeレンタカーから片道1時間程度で到着します。旅先での貴重な時間を節約するのにも便利ですよね。その他、酒々井プレミアム・アウトレットなどは車で10分程。ちょっとした空き時間を利用してお買いものに出かけるのもおすすめです。またeレンタカーでは軽自動車のキャンピングカーレンタルも実施していますので、成田空港で車を借りて、千葉の大自然の元キャンプに出掛けるなんて事もできますよ。

店舗検索

eレンタカーとは?

eレンタカーは成田空港から車で約8分の場所にあるレンタカーサービスです。それ以外にも千葉県内に銀座、北柏営業所や千葉営業所があり利用しやすいのが特徴。急にレンタカーを借りなければいけなくなった時でも落ち着いて手続きを行うことができるでしょう。eレンタカーでは国産部品や国産消耗品にこだわっているため整備面でも安心です。

eレンタカーの特徴

便利な空港送迎が魅力

空港の送迎対応がしっかりしているのもeレンタカーのメリット。営業所は空港から送迎バスで5分となっているため、空港に到着後すぐにレンタカーの手続きに移行することができます。予約はメールで行う事ができますが、税関を通過した後の到着連絡は直接店舗へ電話で連絡しましょう。迎えはもちろん、レンタカー返却後も空港まで送ってもらえます。eレンタカー成田空港営業所から空港まではすぐですが、万一のことを考え余裕を持って行動するようにしましょう。ちなみに営業時間は9:00〜19:00となっているため早朝や深夜の利用には不向きです。

充実したオプションサービス

オプションが充実しているのもeレンタカーの特徴。冬の道路でドライバーと同乗者の安全を守ってくれるスタッドレスタイヤや持ち運びできるWiFiルーターもレンタルできます。また、スマホの音楽を車で再生できるAUXケーブルやスマホの充電器、自撮り棒などがセットになった快適ドライブセットも用意。無料で利用できる「コンシェルジュ・サービス」も便利なサービスで、このサービスでは事前に知っておきたい情報をスタッフが調べてくれるというものです。「付近の美味しい和食を調べてほしい」などの情報も調べてもらえるのは非常に便利。

長期レンタル制度も用意

気軽に使える軽自動車から大人数にぴったりなハイエースワゴンまで利用者のニーズに合わせた様々な車両が用意されています。eレンタカーにはマンスリー以上の長期レンタル制度も用意されているため、「免許だけは取ったものの車を買うのはまだ先になりそう」という人でも大丈夫。最もコンパクトなサイズはK1サイズのワゴンRとなっていて、日々のちょっとした買い物でも利用しやすい車です。eレンタカーなら充実したサービスで快適に利用できるでしょう。

全国にある営業所

eレンタカーは都内を中心に営業所を展開しているレンタカー会社です。様々な独自のサービスが魅力で、その一つが旅をさらに盛り上げてくれるチェキの貸し出し。ドライブ中のちょっとした一コマもチェキで切り取ってみれば素敵な思い出になるはずです。その他にも、何かと便利なiPadやセットで借りておきたいモバイルWiFiルーター、手持ちの音楽プレーヤーをオーディオ接続するためのAUXケーブルのサービスも。eレンタカーならではのアイテムでドライブをさらに快適なものにしてくれます。車のレンタル料金もリーズナブルですので、一度eレンタカーを使ってみて成田周辺観光に出かけてみませんか。

eレンタカーで借りられる車種

軽自動車(ワゴンR・クリッパーなど)

借りれる車種:
スズキ・ワゴンR
日産・クリッパー など

eレンタカーで借りれる軽自動車の代表車種は人気のワゴンRをはじめとした最大4人乗りの車両になります。スーツケースはトランクに最大2個まで搭載可能。ただし、大きいスーツケースになると入らない可能性があるので注意が必要です。軽自動車は後部座席もタイトな作りになっている為、2-3人でゆったり乗るのがおすすめです。

コンパクト(パッソ・ヴィッツなど)

借りれる車種:
トヨタ・パッソ
トヨタ・ヴィッツ
日産・マーチ など

eレンタカーのコンパクトカークラスでは人気車種トヨタのヴィッツやパッソ等がレンタル可能です。燃費も良く、長時間のドライブにもおすすめのクラスです。また車体も小さく小道も走りやすく初心者にも安心な作りになっています。小さいながらも最大5人まで乗ることが可能。ファミリーや友達同士の旅行におすすめのクラスです。

ミドル・セダン(キューブ・ノート)

借りられる車種:
日産・キューブ
日産・ティーダラティオ
日産・ノート など

ミドル・セダンクラスからは日産のキューブやノート、ティーダラティオなどをピックアップ。ミドル・セダンクラスの中でもトップレベルの燃費の良さを誇る車なので、長時間の走行にも最適です。トランクにはスーツケースにして2個分のスペースがあり、乗車人数も5人が快適に乗れる広々空間。軽やコンパクトとは違ったドライブが味わえますよ。

ミニバン(NV200バネットなど)

借りられる車種:
日産・NV200バネット
ポルシェ・カイエン など

6~8人もの人数を乗せることができ、3列目の座席を折りたためば収納スペースにもなる利便性がウリのミニバンクラス。ミニという名称に関わらず前述通りの搭載性能があるうえ、車高が低いからこそ安定した走行が可能。総じて優れた車両クラスと言えます。利点を生かした家族旅行がおすすめです。

ワゴン(ウィッシュ・セレナなど)

借りられる車種:
トヨタ・ウィッシュ
日産・セレナ
ホンダ・ステップワゴン など

高い走行性能に多く積める積載量、良好な燃費を誇るワゴンクラスからは、日産のセレナやホンダのステップワゴン、トヨタのウィッシュなどがレンタルできます。車体は基本的にセダンクラスに似ているため、バンのような多めの積載量とセダンのような安定性と良いとこどりのクラス。長期旅行や大人数での観光など、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

ハイブリッド(プリウスなど)

借りられる車種:
トヨタ・プリウス1500
トヨタ・プリウス1800 など

eレンタカーでは近年で増加してきた、環境とお財布にやさしいハイブリッドカーも取り扱っています。ガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターとを兼ね備えたこのクラスは、何と言ってもその燃費の良さが特徴。少ないガソリン消費で済むので出費を抑えながら旅行ができます。乗車人数や積載量もミドル・セダンクラスとあまり変わらない点も良し。

スポーツ・オープンカー(3シリーズ・C250など)

借りられる車両:
BMW・3シリーズ
メルセデスベンツ・C250 など

レンタカーの目玉と言えるスポーツ・オープンカー。運転することに重きを置いたスポーツカータイプは高スピードを出した際の運動性に優れており、快適なドライブを楽しめます。また多くのスポーツカーは屋根がない、あるいは屋根の脱着が可能なオープンカータイプでもあり、文字通り肩で風を切ることができます。家族や友人との旅行はもちろん、恋人とのデートもカッコよく行きましょう!

キャンピングカー(フォードキャンピングカーなど)

借りられる車両:
フォード キャンピングカー など

広い大地で野外活動をするならキャンピングカーの出番。基本的に寝泊まりできる設備を備えた車ですが、その種類は多岐にわたります。専用のシャーシに架装したフルコンバーションやトラックを改造したキャブコンバーション。ワンボックス車の内装や屋根を改造したバンコンバーションなど、人数や用途によって選ぶべきタイプが分かれます。どのタイプを選ぶのかも楽しみの一つ。

eレンタカーの感想・口コミ

eレンタカーの料金について

スカイチケットのレンタカー予約は利用日時などを入力することでeレンタカーの利用料金を簡単に算出することができます。利用料金のうち、基本料金として表示される金額は【レンタカー利用料+免責補償料+消費税】の料金。全てのお客様に安心して利用していただけるよう、万一の事故への備えとして全てのプランは免責補償料込みとなっています。また、eレンタカーは珍しい寝台使用の軽キャンピングカーをメインに取り扱いしていて、長距離利用のお客様が多いのが特徴。スカイチケットから予約をすれば全車に無料でカーナビとETCが完備。キャンピングカーで高速利用を含む長距離を移動する際にもスムーズにドライブすることができます。

eレンタカーの免責補償制度について

保険補償制度について

保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

対物保険や車両保険に各5万円の免責額が設定されているレンタカー保険。そんな時は免責補償制度に加入することで免責額を補償してくれます。eレンタカーでは1日800円、車種によっては1日2,000円で免責補償制度へ加入。リーズナブルな料金で補償という安心を手に入れることができますよ。他のレンタカー会社では任意での申し込みとなっている免責補償制度。eレンタカーでは加入を必須とすることで、レンタカー利用時の事故への不安を解消する狙いもあり。万一の事態への備えを少しでも万全にして、レンタカーでのドライブを楽しむのも一つの手ですよ。

NOCについて

レンタカーで不幸にも事故が起きてしまったとき、eレンタカーでは損害の程度に関わらず車の修理期間中の補償費を利用者に請求することになります。これをノンオペレーションチャージと呼び、今やレンタカーでは一般的な制度となっています。事故後も自走して店舗に漏れる場合には2万円、自走が不可能な場合には5万円が利用者負担の費用として発生。免責補償制度とは性質の異なる制度のため、免責補償制度に加入していてもノンオペレーションチャージは自己負担となります。過失、無過失を問わないため、レンタカー利用の際には安全第一で無事故でレンタカーを返却するのがいいですね。

貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。
eレンタカーでレンタルする際には下記のものが必要になりますので忘れずにお持ちくださいね。

・運転者全員の運転免許証(または日本国内で使用できる国際免許証とパスポート)
・現住所を証明できる健康保険証、郵便物など(運転免許証の記載住所と現住所が異なる場合)
・決済用の現金又はクレジットカード
・ETCカード(必要な方のみ)

ターミナルに到着~営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、貸出営業所に向かいます。
送迎がある営業所の場合は車で、送迎がない営業所の場合は徒歩でお向かいください。
営業所へは近くても5-10分ほどかかります。
レンタカーの予約時間は空港や駅到着時間の15-30分後に設定するのがおすすめです。
空港や地方の駅の場合、eレンタカーでは送迎を行っている営業所があります。
送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってくださいね。

営業所にて諸手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

料金の支払い

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。
オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。
eレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。

利用可能なカード会社:VISA/MasterCard/JCB/AMERICAN EXPRESS/Diners Club
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金はeレンタカーでの現地決済となります。

eレンタカーの営業所がある都道府県で探す