クラウドレンタカー
の予約・プラン比較

クラウドレンタカーは、沖縄県那覇市内にあり全国展開ではなく地域密着型として1店舗のみで展開しているレンタカー会社です。全国展開しているレンタカー会社と比較すると、知名度こそ劣りますが沖縄に特化しているだけあって、沖縄観光をする際には大変便利ですよ。ベンツやトヨタのアルファードなどの高級車がメインのクラウドレンタカーはワンランク上の特別な日の旅行にもぴったり。利用時間も半日から3泊4日まであり、お得な料金プランが用意されています。長時間の利用も可能なので、沖縄にいる間中ずっとレンタカーを使用したくなりますよね。沖縄本土を効率よく観光するなら、クラウドレンタカーの長時間利用も検討してみてはいかがでしょうか。

約款・規約(PDF)

クラウドレンタカーとは?

クラウドレンタカーは沖縄にある地域密着型のレンタカー会社です。レンタカーはもちろんですが、自然豊かで景色の綺麗な沖縄という土地を活かして、レンタルトライクもあります。開放的なドライブで非日常を思いっきり堪能することができますよ。レンタカーにもラグジュアリーカーがメインなので、ワンランク上の旅に花を添えてくれます。

クラウドレンタカーの特徴

高級外車でワンランク上のドライブを堪能

クラウドレンタカーは、ラグジュアリーなレンタカーが勢ぞろいしています。ベンツのGLやV220もあるので、結婚記念日や特別な日を演出するのにもオススメですよ。国産車はトヨタのアルファードとヴェルファイアがあります。ともに3500ccのハイパワーなので、加速もばっちりで安定しているので運転しやすいですよ。大きい車は不安な女性の方も多いかと思いますが、安定性が抜群なので意外にも軽自動車よりも運転しやすかったという方も多いようです。沖縄をドライブする際は是非クラウドレンタカーでラグジュアリーな旅をしてみてくださいね。

返却時のガソリンスタンド探しが不要

クラウドレンタカーのレンタカーは、貸し出し時にガソリン満タンの状態となっています。通常のレンタカー会社では返却時にガソリン満タンでの返却が条件の会社が多いですが、クラウドレンタカーでは返却時にガソリンの減り具合に応じて請求になります。そのため、慣れない土地だと意外にも大変なガソリンスタンドを探す手間が省けます。その分の時間を観光やお買い物に費やせるので、ゆっくりと充実した旅をすることができますよ。

トライクをレンタルして、沖縄をツーリング

クラウドレンタカーでは高級ワンボックス・SUV以外にトライクがレンタル可能。トライクとは三輪車型のバイクのことであり、普通免許証でも利用できます。初めての方向けの小型車から有名ブランドのハーレーダビッドソンまで種類豊富。サイズも小型なおかげで、道路が混雑していてもスイスイ避けられますよ。また、トライク限定で夜の沖縄が楽しめる観光付きの深夜レンタルプランも用意されているため、トライクで観光してみたい方には利用してみてはいかがでしょうか。

クラウドレンタカーの営業所

沖縄県那覇市でのみ営業しているクラウドレンタカー。地域密着型のレンタカー会社は、アットホームで地域の特性を理解し密なサービスを行ってくれるのが魅力。観光スポットや沖縄の疑問など、ちょっとした疑問も地域密着型のクラウドレンタカーなら質問しやすいですね。また、クラウドレンタカーはレンタカーとレンタルトライクがあるので、レンタルできる車種の幅が広いのも特徴。高級車を借りてラグジュアリーな旅にするか、トライクに乗ってツーリングを楽しむ旅にするか。クラウドレンタカーを利用することで、普通の沖縄旅行をさらに楽しませてくれる大きな要素となることでしょう。

クラウドレンタカーで借りられる車種

ワゴン(アルファード・ヴェルファイア)

借りられる車種:
トヨタ・アルファード
トヨタ・ヴェルファイア
メルセデスベンツ・Gクラス など

高い走行性能に多く積める積載量、良好な燃費を誇るワゴンクラスからは、トヨタのアルファードやヴェルファイア、メルセデスベンツのGクラスなどがレンタルできます。車体は基本的にセダンクラスに似ているため、バンのような多めの積載量とセダンのような安定性と良いとこどりのクラス。長期旅行や大人数での観光など、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

クラウドレンタカーの感想・口コミ

レビューをもっと読む

クラウドレンタカーの料金体系

クラウドレンタカーの基本料金には、レンタカーの基本料金と免責補償料が含まれています。万が一の時に備えても基本料金で安心の補償を受けることができますよ。ETCやカーナビも標準装備ですので、基本料金に加えて追加で料金が発生することもなく、便利でお得ですね。クラウドレンタカーは、最短12時間から最長で3泊4日までレンタカーのレンタルが可能。また、既に述べた通りですが、返す際にはガソリンをわざわざ満タンにする必要がない代わりに、その際の燃料メーターによって燃料代が発生しますのでご注意ください。

クラウドレンタカーの補償制度

保険補償制度(事故時の損害補償)

クラウドレンタカーでは、いざという時のために保険補償制度を導入しています。もしもの事故などの際に、適切な処置をすることでしっかりとした保険補償を受けることができます。補償は対人と対物に関しては、安心の無制限です。しかし、事故の際には警察に届出しないと補償を受けることが出来かねてしまうので注意が必要。事故を起こしてしまった場合は、速やかに警察とクラウドレンタカーの営業所に併せて報告しましょう。事故による車両の破損や汚損に関しては、全額負担になるので注意が必要です。また、保険金額を超える補償は全て運転者の負担になってしまうので、いくら補償制度があるにしても無事故無違反のドライブを心がけたいところですね。

免責補償制度(事故時の免責料金補償)

免責補償は追加料金を支払うことで、基本料金に含まれる補償だけでなくプラスアルファの補償が受けることができる制度です。自分の車ではないレンタカーだからこそ、沖縄で安心のドライブを楽しむ為にも加入しておきたい制度ではないでしょうか。クラウドレンタカーでは、対人対物や人身傷害補償それぞれに、保険補償制度とは別に5万円まで補償されます。車両に関しては、補償がないのでそちらに関しては注意が必要です。しかし、もしもの時に備えて加入しておいた方が、安心してレンタカーを利用できるのではないでしょうか。また、飲酒運転や駐車違反などの、自身の交通違反等はもちろん全ての補償の対象外です。道路交通法やルールをしっかり守って、クラウドレンタカーで快適なレンタカーライフを満喫してくださいね。

NOC(ノンオペレーションチャージ)

NOCとはノンオペレーションチャージという制度の略称です。もしもレンタカーを運転手の不注意で破損や汚損した際に、再びレンタカーとして利用できるまでの期間の費用を補償しなければならないというものです。事前に追加料金を支払っておくことで、万が一の補償を受けられる店舗もありますが、残念ながらクラウドレンタカーではNOCに関しての補償がありません。その為、クラウドレンタカーの規約には万が一の際は、すぐに営業所に電話をして指示を仰ぐようにする必要があります。勝手な判断をせずに、もしもの時は必ず、クラウドレンタカーの営業所に電話をして確認をするようにしましょう。レンタカーの自走が困難で、レッカー移動が必要な際も同様です。

クラウドレンタカーの貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。クラウドレンタカーでレンタルする際には、
・【運転者全員の運転免許証】
・【決済用クレジットカード】
・【ETCカード(必要の方のみ)】
が必要になりますので、忘れずにお持ちくださいね。

空港・駅に到着後、貸出営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、予約した貸出営業所に向かいます。送迎がある場合は送迎場所に向かってください(※)。送迎がない営業所の場合は徒歩で向かうことになります。営業所へは近くても5-10分ほどかかるので、当日は余裕を持って移動するのがおすすめです。
※送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってください。

営業所にて貸出手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

レンタル料金の支払い(現金・クレジットカード)

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。予約時にチャイルドシート等のオプションを追加し忘れた場合でもここで申告すれば予約・精算が可能です。

また、クラウドレンタカーでは支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。
利用可能なカード会社:【VISA/JCB/Master/Amex/SAISON/Diners/DISCOVER】

※現金払いは前もって予約している場合のみ可。その場合、免許証以外の本人確認書類が必要になります。
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。レンタル代金はクラウドレンタカーでの現地決済となります。

クラウドレンタカーの営業所を都道府県から探す