カーレンタル北海道
の予約・プラン比較

日本有数の観光地である北海道。その空の玄関口である千歳空港に事務所を構えるレンタカー会社がカーレンタル北海道です。北海道と言えば美しい自然に、ひたすらまっすぐな道にと、とにかく素敵なドライブコースが盛りだくさん、せっかく北海道を堪能するのであれば、レンタカーを借りて巡りたいですよね。けれど旅先での出費はなるべく抑えたい。そんな方にカーレンタル北海道は大人気なんです。というのも軽自動車クラスであれば24時間借りても3,240円と非常にリーズナブル。気軽にレンタカーを借りる事ができますよね。カーレンタル北海道で車を借りて、雄大な北海道ドライブに出かけてみませんか。大自然を間近に感じる道のりは最高の旅の思い出になることでしょう。

約款・規約(PDF)

店舗検索

全国にある営業所

道内に6つの店舗を持つカーレンタル北海道ですが、そのどれもがアットホームで親切な対応をしてくれます。また道内に特化したレンタカー会社ですので、地域に根差した情報を持っているのが各店舗の強み。地元で人気のラーメン店や、とっておきの絶景スポットなど、インターネットではなかなか出合えない情報に出会える事もありますよ。カーレンタル北海道でレンタカーを借りる際には周辺のおすすめのスポットについて、スタッフの方に聞いてみてください。なお、カーレンタル北海道(新琴似店)ではレンタカーと共に、レンタバイクも実施していますので、憧れの北海道ツーリングに出かける事もできますよ。バイカーの皆さまはそちらもお見逃しなく。

レンタルできる車種

レンタカーを利用する際の愉しみの一つが乗ったことが無い車を運転する事ですよね。カーレンタル北海道では軽自動車からワゴンまで幅広い車種を取り揃えています。軽自動車クラスでは広々スペースのekワゴン、ワゴンRが、コンパクトクラスではマーチやフィットなどレンタカーの定番車種が用意されています。それらの車に加えて、カーレンタル北海道では旅をさらに盛り上げるオープンカーを多数用意しているのがポイントの一つ。コンパクトながら走りも楽しめるコペン、定番のユーノスロードスターに加え、ニュービートルカブリオレもありますよ。このようにカーレンタル北海道では様々なな車種が用意されていますので、皆様の旅のスタイルや人数にあわせてピッタリのレンタカーをお選び頂けます。

カーレンタル北海道の料金について

カーレンタル北海道の基本料金には【レンタカー利用料+免責補償料+ETC車載+カーナビ+消費税】が含まれます。万が一の事態にも安心の免責補償込みプランを格安でご用意しているほか、店舗によっては空港からの送迎サービスも利用可能。基本料金は車両クラス・レンタル時間・予約日時などによって異なりますので、用途や目的に応じてレンタカーを選びましょう。ちなみにカーレンタル北海道はレンタル時間が6時間、12時間、24時間を超えるごとに料金が加算されていく料金体系。一日未満のレンタルをお考えの方は、6時間レンタル・12時間レンタル・24時間レンタルなどが最もお得な価格で利用することができます。ただし営業時間外のお受渡し・ご返却はできませんのでご注意ください。

乗り捨て料金

カーレンタル北海道では札幌市内に限りレンタカーの配車・乗り捨てのサービスを実施しています。宿泊施設までレンタカーの配車や乗り捨てをお願いしておけば、ホテルを出てすぐレンタカーを使ってのドライブに出発できます。旅の時間の節約にもなりますし、その分の時間を有効に使える事を考えると、配車・乗り捨てサービスは非常に便利です。また乗り捨てサービスを利用すれば新千歳のカーレンタル北海道で車を借りて1日ドライブ、札幌の宿泊施設で返却なんて事も可能ですよ。カーレンタル北海道の配車・乗り捨てサービスを上手に利用して北海道旅行をより有意義なものにしてくださいね。

カーレンタル北海道の免責補償制度について

保険補償制度について

保険補償制度の種類1名限度額
及び1名事故限度額
対人補償無制限
(自賠責保険を含む)
対物補償無制限
(免責額10万円)
車両補償時価
(免責額10万円)
人身傷害補償3,000万円
保険補償制度は世間で広く認知されている一般的な保険のことで、交通事故が起きた際に一部の損害を補償する制度です。保険会社が定めた限度額の範囲で補償され、対人や対物、車両や人身傷害など損傷を受けた物や負傷者で補償される金額が異なります。通常、多くのレンタカー会社では基本料金に、この保険補償制度の費用が含まれていますよ。

免責補償制度について

車両クラス料金/24時間
全車両クラス1,080円~2,160円(税込)
レンタカーでの事故の際に重要な役割をする免責補償制度。年々基本料金に含まれるケースが多くなり、カーレンタル北海道も免責補償料込みのプランが豊富。事故が起きたとき、対物や車両保険に設定される免責額は自己負担となり大きな出費となっています。免責補償制度ではその免責額を補償してくれるので、事故に対しての自己負担も免除。万一のときに役立つありがたい制度となっています。シートベルト着用が条件で、飲酒運転やスピード違反など交通ルールを逸脱したケースを起因とした事故では制度が適用外となりますので、やはり安全運転でのドライブが重要ですね。

NOCについて

免責補償制度について

レンタカーで自走し
予定の店舗に返却した場合
20,000円
レンタカーで自走できず
予定の店舗に返却しなかった場合
50,000円
レンタカーで事故が起きてしまった場合、損傷の程度に関わらず修理期間中の営業補償料が請求されます。これをノンオペレーションチャージと言い、今やレンタカーでは主流となっている制度。カーレンタル北海道では自走の可否によって2万円から5万円のノンオペレーションチャージを設定。自走不可能な場合は、ノンオペレーションチャージ以外にレッカー代も自己負担となり免責補償制度へ加入していてもチャージ費用が免除されることはありません。無事故でレンタカーを返却すればノンオペレーションチャージが発生することはないので、安全第一でドライブを楽しみたいですね。

貸出当日の流れ

事前準備

まずはレンタルに必要な持ち物を準備。
カーレンタル北海道でレンタルする際には下記の3点が必要になりますので忘れずにお持ちくださいね。

・運転者全員の運転免許証
・現金または決済用クレジットカード
・ETC (必要な方のみ)

ターミナルに到着~営業所へ

空港・駅などのターミナルに到着したら、貸出営業所に向かいます。
送迎がある営業所の場合は車で、送迎がない営業所の場合は徒歩でお向かいください。
営業所へは近くても5-10分ほどかかります。
レンタカーの予約時間は空港や駅到着時間の15-30分後に設定するのがおすすめです。
空港や地方の駅の場合、カーレンタル北海道では送迎を行っている営業所が多数あります。
送迎サービスをご利用の方は予約後に届く「レンタカー予約完了のお知らせ」の中に記載されている送迎待ち合わせの流れに従ってくださいね。

営業所にて諸手続き

店舗に着いたら担当のスタッフが対応してくれます。
自動車貸渡証を作成し、補償内容や事故時の対応負担金など、注意事項を説明してくれます。
不明点がある場合、この時にしっかり聞いておくと良いでしょう。

料金の支払い

注意事項等の説明を受けたら料金のお支払いです。
オプション等当日追加がなければ、スカイチケット予約時のレンタルプラン分の料金を支払いを行います。
カーレンタル北海道では支払方法を選ぶことができます。
方法はクレジットカードと現金の二通り。お支払いの際は下記事項にご注意ください。

利用可能なカード会社:VISA/Master/JCB/Amex/Diners/Discover/楽天
※スカイチケットでご予約頂いた場合、スカイチケット上で決済はございません。
レンタル代金はカーレンタル北海道での現地決済となります。

カーレンタル北海道の営業所がある都道府県で探す