1. トップ
  2. オセアニア
  3. ニュージーランド
  4. クイーンズタウン

クイーンズタウン行きの飛行機・航空券を検索

クイーンズタウンの概要

クイーンズタウン

画像の出典元: shutterstock

人口-
都市コードZQN
人気の航空会社
  • ニュージーランド航空
  • カンタス航空
  • 中国国際航空
飛行時間12~15時間

クイーンズタウン発の航空券情報はこちら

クイーンズタウンまでは飛行機でおよそ12~15時間で行くことができます。クイーンズタウンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてクイーンズタウン旅行を有意義に楽しみましょう。

クイーンズタウン行き航空券の最安値を比較

ニュージーランド国内からのクイーンズタウン行き 最安値を比較

  • オークランド(ニュージーランド)  クイーンズタウン(ZQN)

雄大な自然が出迎える町「クイーンズタウン」

クイーンズタウンはニュージーランドの南島、ワカティプ湖の畔に佇む町です。美しい山々に囲まれ、青くキラキラと輝く湖面が印象的な風景でニュージーランド屈指の観光地です。その素晴らしい景観から、街の名は「ヴィクトリア女王にふさわしい」と称賛されたことに由来します。観光の目玉はクイーンズタウンを拠点とする、世界遺産ミルフォード・サウンド。雄大な山々と、空と湖が織りなす青の世界が人々を魅了します。その他にも乗馬やスカイダイビングなど、クイーンズタウンはさまざまなアウトドアスポーツを楽しむことができる人気のエリアです。

クイーンズタウンの歴史

クイーンズタウンの歴史が大きく動いたのは1862年。北部のスキッパーズ・キャニオンで金脈が発見され、ゴールドラッシュが起こりました。世界中から一攫千金を夢見る人々が殺到し、町は急速に発展。しばらくして金脈が尽きると落ち着い町へと戻ります。もともと風光明媚な大自然に恵まれた土地、さまざまなアクティビティが楽しめる人気のスポットとなり、クイーンズタウンはニュージーランドを代表する観光地として花開きました。

クイーンズタウンの経済

経済のメインは何といっても観光業。この地に住む多くの人が従事しています。1990年にミルフォード・サウンドが世界遺産として登録。観光産業を推し進める要因になりました。また近年、成長産業として注目されているのがワインです。1980年代からワイナリーが増加し、その品質は世界的にも高い評価を得ています。クイーンズタウン周辺では気候に適応するピノノアーが特産になっています。クイーンズタウンでは観光客向けのワイナリーツアーも人気です。

クイーンズタウン行きの格安航空券について

日本からクイーンズタウンへの直行便はなく、ニュージーランド航空などを利用し、オークランドで国内線に乗り換えるのが一般的です。また、カンタスやジェットスターを利用して、シドニーやメルボルン経由でのアクセスも可能です。 国際線と国内線の乗り継ぎがスムーズなのは、ニュージーランド航空です。国内路線をくまなく網羅しており、移動時間のロスが最小限に抑えられます。格安さを優先するなら、ジェットスターがおすすめ。オークランド、シドニー、ゴールドコースト、メルボルンから運行しています。乗客のニーズに合わせオプションを選べる料金体系が魅力です。

クイーンズタウンの気候

クイーンズタウンは南半球に位置するため、日本と季節が逆になります。また、南部になるほど寒くなるのでご注意下さい。夏は12~2月、冬は6~8月になります。夏季の平均最高気温は20~30度、冬季は10~15度です。また「1日のなかに四季がある」と言われ気温差があります。脱ぎ着できる上着があると便利です。そして日本の5~8倍と言われる紫外線。冬でも上着やサングラスなどの日焼け対策を忘れずにしましょう。

クイーンズタウンの主な交通手段

クイーンズタウンの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

クイーンズタウンはコンパクトにまとまった町です。徒歩での観光も十分可能ですが、市街地から離れた宿泊施設などもあります。そのためバスやタクシー、レンタカーを利用するとさらに便利です。市内の主要箇所や宿泊施設を巡回するコネクタバスや、郊外を回る観光用のダブルデッカーバスがあります。またクイーンズタウンと南島の主要都市を結ぶ、長距離バスも発着しています。タクシーを利用する場合は予約しておくと良いでしょう。

コネクタバス 空港~市内中心部、クイーンズタウン周辺の宿泊施設を巡回しています。発着は約20~30分おき。3種類のルートがあり、チケットは運転手から購入できます。
タクシー タクシーに乗る場合はホテルやレストランに頼んで呼んでもらうか、タクシー乗り場から乗車します。

クイーンズタウン行き航空券利用者の声

成田⇔クイーンズタウン 20歳男性

ニュージーランドのクイーンズタウンにスキーをしに男三人で行ってきました。夏にスキーができるなんて、南半球最高!です。学生なので航空券の費用は極力安く抑えたいと思って、格安航空券サイトでチケット探しからスタートです。見つけたのはニュージーランド航空のオークランド経由のクイーンズタウン、帰りはオークランドから成田行の出発が朝の8時55分なので、クイーンズタウンからは当日乗り継ぐ便がないようで、前夜にオークランドに入るというスケジュールです。オークランドで11時間20分待ち!でもこの航空券が最安値なので、売り切れる前に即購入です。それぞれ機内時間つぶしアイテムを持ち込んで乗り込みましたが、機内プログラムが充実していたので、見ているうちに到着間近という10時間半の旅でした。

オークランドでの入国は思っていたよりもスムーズだったので、ちょっと拍子抜け。オークランドからクイーンズタウンに行く機内からはサザンアルプスがきれいに見えてテンション上がりました。クイーンズタウンではアパートメントタイプのホテルに泊まり自炊しました。リマーカブルとコロネットピークの二か所の共通券を買って4日間ガンガンに滑りまくりました。レンタカーを借りたので移動もラクラクだし、あと2週間くらい滞在したいくらい。将来ワーキングホリディで再訪するのもアリかもと本気で思うほどクイーンズタウンが、そしてニュージーランドが気に入りました。

成田⇔クイーンズタウン 35歳女性

十年以上前に新婚旅行で訪れたニュージーランド。中でも気に入ったのはクイーンズタウンでした。ツアーだったのでクイーンズタウンには1泊だけで、ミルフォードサウンドへ往復で終わってしまったのでいつかゆっくりと滞在してリゾートを楽しみたいと願っていました。そして息子が小学三年生になり、ニュージーランドに行ってみたいと言い出したのでチャンスと思い、二人で行ってきました。夫は長い休みが取れないので留守番です。

格安航空券とホテルだけ予約してあとは全てフリー。様子を見て現地でアクティビティに申し込む計画です。まずは航空券からスタート。クリスマス近くだからかちょっと予算オーバーでしたが、直行便が空いていたのですぐにその航空券を購入。ニュージーランド航空の、オークランド経由クイーンズタウンというスケジュールとなりました。機内では眠れずにゲームをいじっている息子に、ジュースやお菓子を持ってきてくれたり、日本語ペラペラのクルーの方がギャレーに呼んでおしゃべりしてくれたりと、さすが子供に優しい国民だなあと感心しました。タッチパネルで飲み物やスナックをオーダーする方式は、機内ですぐに喉が渇く私にとってすごく助かりました。

クイーンズタウンはかなり様変わりしていてびっくりしました。昔はもう少し静かな雰囲気だったのですが・・・美しい景色はそのまま、ショットオーバー川でのジェットボートや、羊の毛刈りや牧羊犬のショー、カヌー体験など息子も大喜びの毎日でした。子連れニュージーランド旅行、かなりお勧めです。

成田⇔クイーンズタウン 38歳女性

両親がテレビでミルフォードサウンドとクイーンズタウン観光の番組を見たらしく、ニュージーランドに行ってみたいというので、ちょっと奮発して親孝行をしてきました。フィヨルドならノルウェーの方が規模が大きいとは思いますが、高齢なのでヨーロッパは遠すぎるのと、子連れならニュージーランドの方が楽しめるし、何より人も気候も穏やかでお年寄りにもぴったり。メンバーは私の両親と私と小学生の娘の四人。マイペースな両親はツアーには不向きなので、個人旅行にしました。

ニュージーランド航空でオークランドを経由する航空券もありましたが、高齢の両親や子供もいるうえ海外旅行にさほど慣れていない私なので、できれば日系の航空会社を使いたいと思っていました。探してみると成田⇔シドニーを日本航空で、シドニー⇔クイーンズタウンをジェットスターで利用する航空券が見つかったので、さっそくその航空券を予約しました。

やはり一番助かったのは日本航空の機内サービスです。日本からシドニーまで9時間ちょっと。飲み物も日本語でお願いできるし、寝ている母を起こさずに「お目覚めになられましたらお食事をお持ちしますので、お声をお掛け下さい」というステッカーを座席の見える場所にはってくださいました。日本ならではのおもてなしだと思います。機内食も味が良くて両親にも好評でした。ニュージーランドへのジェットスターは3時間。長い飛行時間ではありませんでしたが、乗務員さんたちがとても明るく対応してくださり、こちらも満足です。

クイーンズタウンでは、高台に位置して景色の良いホテルに連泊してゆっくり。ミルフォードサウンドへは片道がバス、帰りはセスナでひとっとびというオプションに申し込み、絶景をクルーズで楽しむ事ができて、両親も大感動してくれました。

クイーンズタウン旅行 よくあるFAQ

ニュージーランド航空を利用します。スノーボードを持っていきたいのですが、どういう規定がありますか?

1辺の長さが2m以内、かつ23Kg以内のスポーツ用品は、標準手荷物と同様の扱いとします。それ以外の場合、超過手荷物料金が適用されます。許容最大重量は32kg、最大長はジェット機では2.5mです。

ニュージーランド航空では、ベビーカーを預かってもらえますか?

幼児や小児をお連れの場合、ベビーカーやチャイルドシートは、(運賃に受託手荷物が含まれていない場合でも)その他の許容量に加え、無料でお預かりいたします。

完全に折りたためるタイプのベビーカーですが、機内に持ち込めますか?

777-300、777-200、787-9、A320型機の国内線に限り、頭上の棚に収納できます。その他の機材では棚のスペースが限られているため、受託手荷物としてお預けください。またご利用便が満席の場合、ベビーカーを受託手荷物としてお預けいただくよう空港スタッフがお願いする場合があります。

ニュージーランド航空では、キッズミールの搭載はありますか?

ご予約時またはご出発の24時間前までにニュージーランド航空予約部 または旅行会社で、お子様向けのお食事をご指定ください。ご指定のない場合、大人向けのお食事をご用意いたします。