1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. チェコ
  4. プラハ

プラハの概要

プラハ

画像の出典元: lawyergaoge

人口-
都市コードPRG
人気の航空会社
  • エミレーツ航空
  • 日本航空
  • 全日空
飛行時間12~15時間
プラハ発の航空券情報はこちら

プラハまでは飛行機でおよそ12~15時間で行くことができます。プラハの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてプラハ旅行を有意義に楽しみましょう。

プラハ行きの最安値を比較

ボヘミアの清き流れに輝く赤塔の都「プラハ」

「百塔の都」と謳われる美しき古都プラハ。聖ヴィート大聖堂の建つプラハ城の丘から見渡せば、川の両岸に広がる赤屋根の街に思わず嘆息することでしょう。日本では「モルダウ」の名で知られるヴルタヴァ川の対岸からカレル橋越しに望む城と大聖堂の景色は、ヨーロッパの中でも屈指の美観の1つです。川を下ればやがてドイツのドレスデンに至りますが、幾度もドイツやオーストリアとの戦いに巻き込まれたプラハは、ボヘミア人の誇りを背負って輝き続けています。音楽の都としても名高く、市内の教会などで演奏会が開かれることもしばしば。『モルダウ』の作曲者スメタナの命日である5月12日からは、毎年3週間にわたって「プラハの春音楽祭」が開催されます。

プラハの歴史

プラハのシンボルであるプラハ城は9世紀にまで遡る古城ですが、街の発展は14世紀に入ってから。1346年に神聖ローマ帝国の都が移されると、「黄金のプラハ」と称されるほどの建設ラッシュが起こりました。宗教改革や三十年戦争では、そのきっかけとなる重要な舞台に。1918年にチェコスロバキアが独立するとその首都となり、冷戦期にはプラハの春と呼ばれる改革運動と武力弾圧を経験しました。

プラハの経済

冷戦終結後に急成長を遂げたチェコ。その首都プラハの第一の産業は観光です。世界遺産に登録された豊富な観光資源をもとに、インフラや宿泊施設が整備されています。また、彫刻を施した透明度の高いボヘミアガラスは、チェコが誇る伝統工芸品。さらに、日本の大手4社が生産するビールは、総じてチェコ発祥のピルスナースタイル。ホップの苦み爽やかな本場のピルスナーを、プラハでぜひ味わってみましょう。

プラハ行きの格安航空券について

現在のところ、日本からチェコのヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港へ向かう直行便は就航していません。格安航空券としては、成田からならモスクワ経由でアエロフロートロシア航空を利用するか、ワルシャワ周りのポーランド航空を使うのがおすすめです。関空からなら、イスタンブール経由のトルコ航空がもっともリーズナブル。新千歳や福岡、中部国際空港からも、大韓航空で仁川から向かう格安国空拳のプランがあります。チェコはEUに加盟していますがユーロ圏ではないので、訪れる際には通貨に注意してください。

プラハの気候

年間を通じて比較的冷涼。盆地にあるため、やや湿度が高めです。冬は寒さが厳しく、雪はあまり降らないものの曇りがちになります。したがって、明るく温かい春から夏にかけてが旅行のベストシーズンでしょう。降水は5月から8月に集中していますが、降ったとしてもほとんど通り雨なので、わざわざ傘を持って渡航する必要はないと思われます。

プラハの主な交通手段

プラハの主な交通手段

画像の出典元: Amiden

観光に際しては、市内を網羅する路面電車と地下鉄でほぼ事足ります。市内から空港までは、鉄道かバスを利用することになります。乗車のたびに切符を買うのは手間なうえ計算が煩雑なので、1日券の購入がおすすめです。ただし、1日券や3日券は車内では買えません。大きな駅の券売機や窓口で売っていますが、キオスクでも買えるのでこちらが便利です。

プラハ行き航空券利用者の声

成田⇔プラハ 37歳女性

プラハに住んでいる友人がいるため、その友人に会いにプラハに行ってきました。格安航空券はドバイ乗り継ぎのエミレーツ航空のものが一番安かったので、それを利用しました。乗り継ぎ時間は大分ありましたが、ドバイ空港は大きいと聞いていたので、ショッピングでも楽しもうと思い、あえてドバイ乗り継ぎの航空券にしました。ドバイ空港は期待していた通りとても先進的で、時間をつぶすのには十分すぎるほどのレストランやショップがありました。また、エミレーツ航空のカウンターもわかりやすい位置にあり、迷うことなく次の搭乗口まで行くことができました。英語も問題なく通じましたし、地上係員の人も優しかったので、乗り継ぎに関しては何の問題もありませんでした。ただ搭乗の際に、しっかりとアナウンスがされておらず、ばらばらに搭乗してしまっていたので、機内に入ってから通路がストックしてしまい、なかなか自分の席まで行くことができませんでした。プラハは3泊のみの短い滞在でしたがそれでも十分楽しめるくらいコンパクトな街でした。間近でみるプラハ城は圧巻で、中のステンドグラスもとても素晴らしいものでした。また格安航空券を利用して行きたいです。

成田⇔プラハ 40歳男性

昨年妻との結婚10周年を迎えたので、夫婦だけでプラハに旅行をすることにしました。航空券は条件に合うものをネットで探しました。本当は日系航空会社を利用したかったのですが、トルコ航空のものが成田を夜に出発し、仕事後に利用できるものだったので、その航空券を購入しました。トルコ航空は、ANAやJALほどのサービスが期待できませんが、利用するには特に問題ありませんでした。シートベルトサインが消えてからのドリンクサービスが非常に早く、とてもてきぱきとしていた印象です。機内食では、あまり食べたことの無いようなトルコ料理?が出されました。特段おいしいというわけではないですが、変わった料理を食べられたのでそれはそれで面白い経験でした。プラハは旧市街がとても素敵で、多くのパフォーマーたちが広場を盛り上げていました。チェコの伝統衣装のようなものも見ることができ、まさに中世にタイムスリップをしたかのような気分になれます。そして、夜には石畳にオレンジ色の照明が照らし出され、とても幻想的な空間になりました。夜10時を過ぎても人が多くいるので、治安を気にせずにゆっくりと食事も楽しむことができます。

成田⇔プラハ 45歳女性

夏休みを利用して、娘と二人でプラハに旅行に行きました。私は特に航空会社にこだわりはないので、一番金額が安い航空券のアエロフロート航空を利用することにしました。行きは3時間、帰りは2時間の乗り継ぎ時間で丁度いいと思っていたのですが、それが裏目に出てしましました。なんと帰りのプラハを出発するフライトがメンテナンスで2時間も遅れてしまったのです。そしてもちろん私たちは乗り継ぐことができませんでした。私たちはなるべく早く帰りたいといって、他の航空‘会社の航空券を用意してくれるよう頼んだのですが応じてくれず、結局一泊をして次の日の同じフライトで帰ることになりました。ホテル代は負担はしてくれたものの、薄暗いさびれた感じのホテルを用意され、とても不快な夜を過ごすこととなりました。その前日まではプラハでとてもいい思いをしていたため、その落差に余計にがっかりとしてしまいました。旅行の最後がこのようにトラブルに見舞われてしまったため、なんだか旅行そのものの印象も少し悪くなってしまいました。次の航空券は、値段ではなく評判などもしっかりと確認をしつつ、航空会社を選びたいと思います。

プラハ旅行 よくあるFAQ

到着した際に使えるラウンジはありますか?

利用航空会社がそのラウンジに拠点を置いている場合は、到着ラウンジがある場合はあります。しかし、利用できる人はファーストクラス利用者や、最上級会員などかなり限定されています。

乗り継ぎの際に荷物を引き取る必要はありますか?

利用する航空会社や空港の条件にあります。荷物を預けた際にもらう手荷物タグにどこまで荷物が預けられているか記載があるので、そこを確認するようにしましょう。
もしくは、空港の係員に確認をするようにしましょう。

マイレージカードを忘れた場合は、特典を受けることができないですか?

マイレージカードを忘れても、番号がわかり本人確認ができれば、特典を受けることができます。ですので、カードとは別にマイレージ番号を控えておくといいでしょう。

手荷物タグの控えはは何に使いますか?

万が一荷物が紛失された場合や荷物のタグが剥がれた場合など、本人確認のために手荷物タグが必要になります。
手荷物トラブルの際には必ず必要になるのでなくさないようにしましょう。