1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. イタリア
  4. ペルージャ

ペルージャの概要

ペルージア

画像の出典元: marcosmallred

人口-
都市コードPEG
人気の航空会社-
飛行時間14~22時間
ペルージャ発の航空券情報はこちら

ペルージャまでは飛行機でおよそ14~22時間で行くことができます。ペルージャの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてペルージャ旅行を有意義に楽しみましょう。

ペルージャ行きの最安値を比較

高台からの眺めが良い小さな街「ペルージア」

ペルージアはイタリア中部にある、人口17万人ほどの小さな街です。日本では、サッカーの中田英寿元選手が活躍したチームの本拠地ということで一躍有名に。これをきっかけに、日本からの多くの観光客がペルージアに訪れるようになりました。ペルージア観光の魅力は何といっても古くから残る景観。たくさんの種類の様式の建築物が楽しめるのがペルージアの特徴です。プリオリ宮殿はゴシック様式の建物で市庁舎と美術館にもなっており、13~19世紀の美術品が展示しています。そして、サンタンジェロ教会は6世紀に造られたといわれるペルージア最古の教会。薄茶色の壁を見れば、その歴史の長さを感じることができることでしょう。坂が多く、歩くには一苦労ですが高台からの景色は何とも美しいものです。

ペルージアの歴史

ペルージアはエルトリア人の連合市として歴史の舞台に登場します。紀元前からローマ帝国の戦争に加わりました。9世紀には教皇の支配下になるも、11世紀には自治都市として、独立を達成しました。その後は、シエナやアッシジといった、トスカーナ地方、ウンブリア地方の同様の都市と戦争を繰り返したため、現在でも市街には城壁の跡が残っています。城壁からかつてのペルージアに思いを巡らしてみるのもおすすめです。

ペルージアの経済

ペルージア経済の一翼を担うのが、名産品であるチョコレート。世界的なチョコレートメーカーであるぺルジーナ社の本社もこの町にあります。毎年10月にはユーロチョコと呼ばれるイベント開催され、イタリアだけでなく、ヨーロッパ中のチョコレートメーカーがペルージアの街に集まり屋台で販売しますが、街にその香りがたちこめる様子はこの街の風物詩です。チョコレート好きにはたまらないイベントですので、ぜひ参加してみてはどうでしょうか。

ペルージア行きの格安航空券について

成田空港や関西空港から出ているアリタリア航空の便に、ローマのフィウミチーノ空港を経由するペルージア空港行きの航空券があります。この場合、乗換は1回で済みますが、価格的にはなかなかの値段です。もっとリーズナブルに抑えたいのであれば、その他航空会社の路線で「乗換2回」のものを選ぶという手もあるので覚えておきましょう。なお、アリタリア航空では機内でイタリア料理やイタリア産ワインを満喫することができます。空の旅からイタリアを存分に楽しめるため、大変おすすめです。

ペルージアの気候

イタリアの中央部にあるペルージアですが、北西にあるミラノやフィレンツェと同じような気候です。冬は冷え込みますが、それ以外の季節は冷え込みが緩く過ごしやすい気候です。春や秋は薄手の上着を持っていた方が、気温の変化に対応できていいでしょう。夏は降水量も少なく、観光するには適しています。

ペルージアの主な交通手段

ペルージアの主な交通手段

画像の出典元: Binomio77

ペルージアの街には、道路・鉄道ともに交通網がしっかり張り巡らされています。そのため、移動をするなら鉄道がオススメです。以前は国鉄だったトレ二タニアと地元の私鉄ウンブリア・モビリタが東西南北に鉄道を走らせているほか、ピープル・ムーバ―と呼ばれる小型電車で市街の細かい移動が可能です。