1. トップ
  2. 中米/カリブ海
  3. パナマ

パナマ旅行へ行く前に確認するポイント

Republica de Panama

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/xxxl-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%A1%97%E4%B8%A6%E3%81%BF-gm467080090-60814014

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称パナマ共和国
人口約345万人
首都シウダ・デ・パナマ(パナマ・シティ)
国コードPA
言語公用語はスペイン語。そのほかに、クナ語など先住民の言語を母語とする人々も存在します。
国番号(電話用)507
パナマ発の航空券情報はこちら

パナマまでは飛行機でおよそ17~18時間で行くことができます。パナマの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なパナマ旅行を楽しみましょう。


パナマは、北米大陸と南米大陸との境目に存在する共和制国家です。コスタリカやコロンビアといった国と隣接しており、カリブ海および太平洋に面しています。貿易や人の移送などを行う拠点として大きな役割を担うパナマ運河が通り、パナマ・シティの古いコロニアル街やカリブ海沿岸に残る古い砦は、かつての繁栄を物語るかのように佇んでいる姿が印象的です。

パナマ行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (大阪国際空港(伊丹))発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からパナマへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からパナマへの直行便はないので、メキシコシティやアメリカの都市を経由する必要があります。所要時間は経由地にもよりますが、往路が大体19~27時間。復路は22~32時間となっています。

日本との時差

パナマと日本の時差は14時間。日本の方が14時間進んでおり、他の中米の国と比べると1時間進んでいます。ちなみに、サマータイムは実施していません。

パナマにおけるビザ・入国手続きについて

日本人がパナマへ観光や語学学習を目的として入国する場合、180日以内であれば入国ビザは必要ありません。ただし、すべての入国者は大使館あるいはパナマ行きの機内にて、入手可能なツーリストカードを前もって取得しておく必要があります。ちなみに、ツーリストカードは利用する航空会社を通しての取得がもっとも一般的な方法となっています。なお、パスポートの残存有効期間は6か月以上必要で、未使用査証欄は1ページ以上が条件となっています。 入国審査では記入済みの入国カードと帰路の航空券をパスポートともに係官に提示します。さらに、アメリカを経由して入国する場合にはESTAが必要となるので、日本を発つ前に申請しておきましょう。また、ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があるので、渡航の際には大使館や領事館、もしくは旅行代理店等に確認することをおすすめします。

パナマの気候について

パナマは赤道に近いため、1年を通して高温多湿な亜熱帯気候となっています。12月~4月が乾季にあたり、4月が最も暑くなります。そして、5月~12月半ばまでが雨季となり、午後には激しい雨が降ることもあります。なお、1年を通して気温の変化はあまりないですが、1~3月が比較的過ごしやすく観光シーズンに適しています。外を出歩く際の服装は夏服がちょうどいいかと。ボケテなど高原を訪れる際は夜の冷え込みが厳しいため、長袖が必須。また、長距離バスの冷房はかなり強いので、乗車の際には上に羽織るものを忘れずに持っておいた方が安心です。

パナマの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 5%。ただしランクの高いホテルなどは10%の宿泊税が加算されます。
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

パナマの通貨とチップ

画像の出典元: commons.wikimedia.org

通貨について

パナマには国独自の通貨はなく、「バルボア」を正式名とした米ドルを使用しています。紙幣の種類はUS$100、US$50、US$20、US$10、US$5、US$1の6種類で、硬貨の種類は50c、25c、10c、5c、1cの5種類です。硬貨に関してはアメリカとパナマ両国のものが流通しておりどちらも使用が可能ですが、パナマ硬貨はバルボアの肖像画などが書かれているなどデザインが異なるため、米国では使用できません。

チップについて

チップの習慣はありませんが、欧米人の観光客が多いため場合によっては渡したほうが良いところもあります。ただし、タクシーに関しては基本的に必要ありません。レストランはレシートにサービス料として記されている場合には必要ありませんが、記されていない場合には料金の10%程度が一般的です。ちなみに、庶民的なお食事処では必要ありません。ホテルのベルボーイには平均1ドル程度が目安になっており、ツアーガイドには1日平均5ドル程度で良いでしょう。

旅のお役立ち情報

パナマのコンセント形状はtype-a

パナマの電圧とコンセント

電圧は110V、周波数は60Hz。コンセントプラグは日本と同形状となるAタイプが主流です(BF型プラグがある場所もある)。日本から持っていく電気器具はそのまま使用できますが、地域によっては電圧が不安定なため、変圧器を利用したほうが良い場所もあります。

77

パナマのネット環境

首都圏にはインターネット・ショップ(カフェ)などがいたるところに存在するため、インターネットによる連絡は可能。逆に地方では大きな都市部であってもあまり接続点はありません。また、どの店舗のパソコンも日本語には対応していないため、日本語で使用したい場合は店員に設定の変更を確認してみましょう。また、ごくわずかですがパソコンの持込みを認めているところもあります。

103

パナマの飲料水

水道水は飲用できますが、念のために煮沸してからの飲用、もしくはミネラルウォーターを購入したほうが安心です。ちなみに、ホテルやレストランで出される水は基本的に飲料用のものを使用しています。しかし、市場にある簡易食堂などで食事をする際には、必ずミネラルウォーターを飲むように心掛けましょう。

文化・宗教・マナーについて

パナマの文化

パナマの文化はインディヘナ文化を基本とした上で、アフリカおよびヨーロッパ系の伝統文化からの影響を強く受けています。そのため、パナマの大自然や文化を求めて世界中から数多くの旅行者が訪れます。特にパナマは世界でも有数の先住民が現在も快適に生活していられる土地で、人への思いやりを大切にする文化が根付いている証拠ともいえます。また、東部で暮らしているエンベラ族は伝統的な音楽やダンスを守ることで国とその文化を支えており、観光業を盛り上げるための重要な役割を担っています。

パナマの宗教

国内においてはローマ・カトリックがおよそ85%を占めています。次いで、プロテスタントがおよそ13%。仏教やヒンドゥー教、ユダヤ教などのその他が2%という割合になっています。

パナマのマナー

教会を訪れる際は、信仰の場だということを十分に配慮するよう心掛けてください。教会内で帽子を取るのはもちろん、タンクトップや短パンといった服装は避けた方が良いでしょう。また、飲食物の持ち込みやカメラのフラッシュ撮影は基本的に禁止されているので要注意。加えて、パナマでは2009年に施行された法律により、建物敷地内での喫煙は全面的に禁止となりました。飲食店の屋外テラス席も禁煙の対象となっているので注意が必要です。 なお、トイレの使用に関しては、町中であればレストランやショッピングセンターなどを利用することができます。くずかごが便器の脇に設置されている場合には、使用したトイレットペーパーはそのくずかごに入れるようにしましょう。

パナマの食文化

画像の出典元: en.wikipedia.org

パナマの主食はお米です。日本のジャポニカ米のような短粒種とは違い、インディカ米という長粒種が一般的です。中米ではトルティージャというとうもろこしをクレープ状にした薄焼きパンをよく食べますが、パナマではそれを分厚くしたものが一般的。ちなみに、焼いたものだけではなく、揚げたものもトルティージャと呼び、それに卵やチーズ、豆をトッピングしたものがパナマの定番朝ごはんです。 飲み物については、果物のジュースを水で薄めて砂糖を加えた「チチャ」といわれるものが好んで良く飲まれています。チチャの味は、パイン、オレンジ、マンゴー、バナナなどがあり、 街中では自転車でチチャを売る店がたくさんあります。

パナマの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: tabinodaiziten.com

パナマの主要観光地

パナマにおける観光地といえば、パナマ運河が最も有名でしょう。太平洋とカリブ海を繋いでいる閘門式の運河は、迫力だけでなく見応えもたっぷりです。そんなパナマ運河の歴史を学べるパナマ大洋間運河博物館も併せて観光するのがオススメ。そのほかにもサン・ホセ教会やパナマ歴史地区の大聖堂、フランシア広場などが人気です。

パナマの世界遺産

パナマでは「ダリエン国立公園」と「コイバ国立公園」の海洋特別保護地域が自然遺産になっており、さらに「カリブ海沿岸の要塞群」と「パナマ・ビエホ」、「パナマ歴史地区」が文化遺産に登録・認定されています。そのほかに、パナマとコスタリカにまたがる自然遺産、「タラマンカ山脈=ラ・アミスター保護区群」と「ラ・アミスター国立公園」があります。

パナマのお土産について

パナマのお土産といえば「やっぱりモラでしょう!」といわれるほど、旅行客からの人気が高い商品です。モラとはクナ族の女性が着る衣装のことで、パナマの動物や鳥、花などを主なモチーフとしています。他にも、伝統的な編みかばんのチャカラやエンベラ・バスケット、絵画、陶器、ランプなど、パナマならではの品々が好まれるようです。

パナマ行き航空券利用者の声

成田↔パナマ 37歳男性

あまり観光地として有名ではないところに旅行をしてみたいと思い、パナマへ行ってみることにしました。フライトはすべてユナイテッド航空を利用しました。行きも帰りもヒューストンでの乗り継ぎだったのですが、行きは行きは1時間20分の乗り継ぎ時間しかなく、帰りは14時間もあるというとても乗り継ぎの悪い航空券でした。しかし、これが一番安かったので、購入してしまいました。ユナイテッド航空は評判が悪いのは知っていましたが、僕はそこまで不快に思うことはありませんでした。確かに客室乗務員の接客は雑ですし、空港でも丁寧な案内はありませんでした。しかも、スーツケースもお客の目の前であっても投げるように扱っていました。正直、日本人の常識ではありえないなと思うようなこともあります。ですが、アメリカらしいと割り切ってしまえば、特に問題ないと思います。機内エンターテインメントでは、最新の映画を見ることもできるのでその点はいいと思います。もちろん日本語で見ることができました。パナマには3月に行ったのですが、とにかく毎日暑かったです。外を歩く際の水分補給は必須です。確かに暑いですが、乾季だったためスコールに見舞われることもなく、ゆっくりと観光を楽しむことができました。

成田↔パナマ 29歳女性

新婚旅行でパナマまで行ってきました。行きも帰りもニューアーク国際空港で乗り換えをするユナイテッド航空の航空券を購入しました。普段はエコノミークラスですが、今回は新婚旅行ということもあり、プレミアムエコノミークラスを予約しました。2人ともプレミアムエコノミークラスやラウンジの利用は初めてだったのでとても楽しみだったのですが、成田空港のユナイテッド航空のラウンジはあまりよくなかったです。食事はすべて表面が乾いてしまっていましたし、混雑していてゆっくりくつろぐことができませんでした。プレミアムエコノミークラスは席が広々としていて、ニューヨークまでの長いフライトも苦になりませんでした。また、アメニティも充実していたので快適でした。ただ、機内食に関してはもう少し勉強をしたほうがいいと思います。パナマは写真で見たとおりの本当に美しいところで、ビーチでゆっくりとした時間を過ごすことができました。英語はあまり通じないですが、それでも親切な人が多く、何とかコミュニケーションを取ることができました。

成田↔パナマ 33歳男性

今までユナイテッド航空のマイレージカードを持っていたのですが、今回はデルタ航空が格安航空券を販売してしたので、その航空券でパナマまで行くことにしました。僕はずっとスターアライアンス派だったので、デルタ航空は今まで利用したことがなかったのですが、正直ユナイテッド航空よりもずっとよかったです。座席はそこまで広いというわけではなかったのですが、機材も新しくできれいでしたし、ユナイテッド航空よりも若干広い気がしました。そして、機内食が3種類から選べたのが一番驚きました。僕は割と機内食をいつも楽しみにしているので、選択肢が多いのはとてもうれしいです。ただ、帰りの際に、アメリカの荷物のセキュリティチェックの対象になってしまったようで、スーツケースが開けられていました。TSAロックのスーツケースだったので、鍵は壊されていなかったのですが、中がぐちゃぐちゃにされていて正直頭に来ました。これはランダムで選ばれますし、税関によるものなのでどうすることもできないですが、もう少しやり方を考えてほしいと思います。

パナマ旅行 よくあるFAQ

パナマの観光に適した時期はいつですか?

1月から3月の乾季が過ごしやすい時期です。

パナマは英語は通じますか?

公用語がスペイン語のためあまり通じませんが、ホテルや観光地では通じることがあります。

コードシェア便とはなんですか?

一つのフライトの航空券を複数の航空会社が販売しているフライトを指します。この場合、複数の便名が付与されるので混同しないようにしましょう。運航会社と便名のエアラインコードも異なるので要注意です。

エアラインコードとはなんですか?

便名の先頭についている航空会社を指す2ケタのアルファベットです。全日空はNH、日本航空はJLとなっています。