1. トップ
  2. 南米
  3. スリナム
  4. パラマリボ

パラマリボの概要

パラマリボ

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードPBM
人気の航空会社
  • KLMオランダ航空
  • 大韓航空
飛行時間20~23時間
パラマリボ発の航空券情報はこちら

パラマリボまでは飛行機でおよそ20~23時間で行くことができます。パラマリボの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてパラマリボ旅行を有意義に楽しみましょう。

オランダの名残がのこる世界遺産の街「パラマリボ」

アフリカの東、北大西洋に面するスリナム共和国の首都「パラマリボ」。かつてオランダが長い間統治下に置いていたため、街のあちこちにその頃の名残が多く見られます。特にスリナム川沿いの地域は「パラマリボ市街歴史地区」として、2002年にユネスコの世界遺産として登録されたことで、訪れる観光客も増えました。街のみどころのひとつ、アフリカでも最大規模の木造の大聖堂「セントピーター&セントポール大聖堂」は、青空に映える黄色の木壁がとても美しいです。またパラマリボは街を流れるスリナム川の恩恵を多く受けています。中でも「コメワイネ地区」は、イルカスポットとして有名。ドルフィンウォッチングが盛んにおこなわれているので、一度行ってみてはいかがでしょう。

パラマリボの歴史

パラマリボの統治権は、オランダとイギリスの間で激しく争われてきました。当初はオランダが支配下に置いていましたが、1630年になるとイギリスが奪取。1650年代にはイギリス植民地の首都となりました。しかしその後1660年代にはオランダがニューアムステルダム(現ニューヨーク)と交換する形で再びスリナムを奪還し、1975年の独立までオランダが支配権を握っていたという歴史があります。オランダの支配下では黒人奴隷を使用したタバコプランテーションを行い、パラマリボはその輸出港となっていました。

パラマリボの経済

パラマリボを首都とするスリナムの経済は、鉱石ボーキサイトの輸出に大きく依存中。ボーキサイトの輸出は輸出額の実に7割を占めており、GDPも15%に達します。砂糖、米、バナナ、柑橘類などの生産も活発で、農業に従事する人々は全国民の25%です。また、ヨーロッパや日本に向けて、エビの輸出が盛んに行われていることでも知られています。

パラマリボ行きの格安航空券について

日本からパラマリボのヨハン・アドルフ・ペンヘル国際空港までは、最低でも1回の乗り継ぎが必要。価格を重視するなら、2回の乗り継ぎが求められます。格安航空券としておすすめなのは、KLMオランダ航空でのパリ~アムステルダムという乗り継ぎルート。間の乗り継ぎ時間はかなりかかってしまいますが、最も安価で向かうことが出来ます。乗り継ぎ時間の計画も立てておくことで、有意義な旅になることでしょう。

パラマリボの気候

熱帯気候のパラマリボでは、1年を通じて気温がほとんど変わらず、とても暖かいです。年間平均気温は27度弱ですが、毎日の最高気温は35度近くまで上昇するでしょう。また、パラマリボは雨が多いのも特徴のひとつ。特に5月や6月には降雨量が多くなります。年間を通じて、折り畳み傘や雨合羽などを常備しておくと安心でしょう。

パラマリボの主な交通手段

パラマリボの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

市内の公共交通機関は、広くは整備されていないのが実情です。バスは民間の会社が決まった路線を運行していますが、決まった時刻表はありません。タクシーにはメーターがなく、事前に料金の交渉をすることが必要になるでしょう。また、スリナム河対岸に向けては水上タクシーも運行されています。市内観光をするには、パラマリボの主要な見どころは、歩いて回ることが可能です。

パラマリボ行き航空券利用者の声

成田⇔パラマリボ 25歳女性

友達とパラマリボへ旅行に行ってきました。少しでも節約するために、インターネットで色々調べて一番安かった航空券を購入しました。出発日当日は、成田空港で友人と待ち合わせて、エールフランス航空でチェックインを済ませました。まだ出発まで時間があったので、カフェで朝ごはんを食べてから出国エリアへ。成田空港を出発して、約12時間半かけてパリへ向かいました。パリに着いたら飛行機を乗り換えてKLMオランダ航空でアムステルダムに出発。アムステルダムでは、乗り継ぎ時間が13時間以上もあったので、事前にアムステルダム市内のホテルを予約しておきました。アムステルダム市内も観光できて、とても楽しかったです。翌日は、空港に戻り、KLMオランダ航空でパラマリボのヨハンアドルフペンへル国際空港へ出発。オランダからパラマリボまでは、約9時間かかりました。KLMオランダ航空はサービスも良く機内食も美味しくて、機内では快適に過ごせました。パラマリボでは、観光、グルメ、ショッピングを思いっきり満喫しました。街並みもかわいいので、写真を撮るのも楽しかったです。帰りは、乗り継ぎがアムステルダムでの1回のみで、行きよりも移動時間が短くて楽でした。

成田⇔パラマリボ 33歳男性

仕事でパラマリボに行きました。成田空港からパラマリボまでの直行便はないので、移動時間が一番短かった航空券を予約しました。まず、成田空港を出発して、アシアナ航空でソウルへ。ソウルで飛行機を乗り継いで、KLMオランダ航空でアムステルダムへ。ソウルからアムステルダムまでは、約11時間の長いフライトでした。機内では、映画を見たり、パソコンで仕事を片付けたりしていたら、思っていたよりも時間が早く過ぎました。アムステルダムに着いたら、乗り継ぎの飛行機の搭乗開始までまだ時間があったので、空港内を見て回ったり、ごはんを食べてゆっくりと過ごしました。アムステルダムを出発して、ようやくパラマリボに到着。その日は、すぐにホテルへ行き、移動で疲れた体を休めました。パラマリボには3日間しか滞在しなかったので、ずっと仕事でほとんど観光する時間はありませんでした。夜ごはんは毎日色々な違うお店に行きましたが、アジア料理やオランダ料理など様々な種類のレストランがあり、どこで食べても美味しかったです。帰りは、KLMオランダ航空でアムステルダムを経由して無事に成田空港に帰国しました。

名古屋⇔パラマリボ 52歳女性

スリナムの世界遺産パラマリボ市街歴史地区を見に、主人とパラマリボへ4泊8日の旅行に行ってきました。現地でお金を使いたかったので、移動の費用は抑えるために格安航空券を利用しました。まず、朝早くに中部国際空港を出発して上海へ。航空会社は、中国東方航空でした。中国系の航空会社は初めてだったので、少し心配でしたが、機内食も美味しくて特に不満などもなく快適に過ごせました。名古屋から上海までは、約2時間で到着。飛行機を乗り換えて、次はKLMオランダ航空でアムステルダムへ向かいました。アムステルダムでは、乗り継ぎ時間が約17時間もあったため、空港の外へ出て観光することにしました。アムステルダムは街並みが美しく、歩いて回るだけでも楽しめました。翌日は、アムステルダムを出発して約9時間でパラマリボに到着。現地時間の夕方に到着し、すぐにホテルへ向かいました。翌日は、念願だったパラマリボ市街歴史地区を見て回りました。ゼーランディア要塞やローマ・カトリックの大聖堂など見どころがたくさんありました。パラマリボの歴史に触れることができて、良かったです。

パラマリボ旅行 よくあるFAQ

KLMオランダ航空にアジアンベジタリアンが食べられる機内食はあるか?

はい。KLMオランダ航空では、乳製品を抑えたアジアンベジタリアン専用の特別機内食をご用意しております。ただし、特別機内食をご利用される場合、出発の24時間前までのご予約が必要となっておりますので、事前にKLMオランダ航空のウェブサイトでご予約頂くか、カスタマーサービスセンターへお問い合わせください。

KLMオランダ航空ではバイオリンなどの小型の楽器を機内に持ち込めるか?

はい。KLMオランダ航空では、バイオリンなどの小型の楽器は機内にお持ち込み頂けます。ただし、座席の上の荷物棚に入るもののみとなります。

霧吹き式のかゆみ止めスプレーは、機内に持ち込めるか?

はい。霧吹き式のヘアスプレーは機内持ち込み可能となっております。ただし、液体物制限対象に含まれますので、100ml以下の容器で、1L以下のジッパー付きビニール袋にお入れください。

ジェル状のリップクリームは、機内に持ち込めるか?

はい。ジェル状のリップクリームは機内持ち込み可能となっております。ただし、液体物制限対象に含まれますので、100ml以下の容器で、1L 以下のジッパー付きビニール袋にお入れください。