1. トップ
  2. アジア
  3. フィリピン
  4. マニラ
  5. ニノイ・アキノ国際空港

ニノイ・アキノ国際空港行きの格安航空券

ニノイ・アキノ国際空港の画像

画像の出典元 en.wikipedia.org

正式名称Ninoy Aquino Intl Airport(Ninoy Aquino Intl Airport)
空港コードMNL
ニノイ・アキノ国際空港発の航空券情報はこちら

ニノイ・アキノ国際空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からニノイ・アキノ国際空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。ニノイ・アキノ国際空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

ニノイ・アキノ国際空港行きの最安値を比較

フィリピンの歴史がつまった場所

フィリピンの首都マニラ市街地から約7km南にある国内最大の空港で、フィリピン航空とセブパシフィック航空がハブ空港として利用しています。日本からの直行便も多いので、観光やビジネスの出発点として多くの人が訪れます。セブパシフィック航空・ジェットスタージャパン・ジェットスターアジア航空とLCC(格安航空会社)3社と結ばれ、安く行くことが出来るようになったのが嬉しいですね。 かつては「世界で最も利用しづらい空港」に選ばれてしまうなど不名誉なこともありましたが、今はそんな事ありません。2008年に完成した第3ターミナル(写真)は近代的なつくりで、先進国の空港と比べても遜色ないでしょう。また第1ターミナルは2015年に大規模な改装リニューアルが終了し、今後のさらなる発展が期待されます。 空港名はフィリピンの国民的英雄ニノイ・アキノに由来しています。彼は独裁体制からの解放に尽力し、最後は空港内で暗殺されてしまいました。この事件が発端となって革命が起き、民主化され、今のフィリピン共和国の基礎ができました。 玄関口であるだけでなく、歴史が変わるきっかけとなった場所へようこそ。

日本から就航している航空会社

-日本航空(JAL)
-全日本空輸(ANA)
-フィリピン航空
-デルタ航空
-セブパシフィック航空
-ジェットスター・ジャパン

国際空港の規模、設備情報

第1~第4ターミナルがあり、ターミナル間は距離が離れています。徒歩では移動できないので、有料のシャトルバスか、深夜はタクシーでの移動になります。ターミナルを間違えると余分な交通費がかかるので、前もって確認しておきましょう。 日本からの直行便のある航空会社は 第1ターミナル(日本航空・ジェットスタージャパン・ジェットスターアジア航空) 第2ターミナル(フィリピン航空) 第3ターミナル(全日本空輸・セブパシフィック航空・デルタ航空) となっています。 また、航空券発券の際に施設使用料として550ペソを徴収されますのでご用意をお忘れなく。

インフォメーション 各ターミナル、到着ゲートすぐに空港案内所と観光案内所があります。
落し物 第1ターミナルにあります。
Wi-Fi 空港内どこでも無料Wi-Fiサービスが利用できます。
両替/銀行 運航中の便がある時間帯には外貨両替サービスが利用できます。両替機もあるのでご利用下さい。
手荷物保管所 手荷物一時預かり所はありません。手荷物用のカートは無料で使用できます。
航空会社ラウンジ MIASCOR LOUNGE、PAGSTOP LOUNGEは第1ターミナルにあります。 またJALの「サクララウンジ」は第1ターミナルに、ANAの「スカイビューラウンジ」は第3ターミナルにあります。

空港からマニラ中心部へ

バス、タクシー、ジープニーと呼ばれる乗り合いタクシーが主な交通手段となります。 また宿泊先のホテルや旅行会社によっては市内までの送迎を頼んでおくこともできますので、そちらもご利用ください。

バス

第1ターミナル・第2ターミナルには路線バスが停車し、第3ターミナルからはシャトルバスで首都圏の鉄道駅へ行くことができます。シャトルバスは時刻表がなく満席になるまで待つので、お時間に余裕がある場合のみのご利用が良いでしょう。

タクシー

黄色いタクシーはメーター制で割高ですが、安全面を考慮するなら最良の選択です。メーターを回してもらえないこともありますので、事前にしっかり値段交渉しましょう。第3ターミナルでは到着ロビーでなく出発ロビーでタクシーを探すと、より安く乗れます。
客引きしている白いタクシーはぼったくりなどの被害が出ているので、避けた方がよいでしょう。

ジープニー

ジープニーでは鉄道のバクララン駅まで行くこともでき、市街地までの所要時間は約30分です。しかしマニラは渋滞が多く、巻き込まれると2時間以上かかることもあります。またどのジプニーがマニラ方面へ行くのかの判断が難しいので、フィリピン上級者向けの交通手段です。

ニノイ・アキノ国際空港の搭乗手続き

各航空会社の搭乗手続きは、出発時刻の3時間前より始まります。7:00~9:00は非常に混雑し、日によっては手続きに1時間以上かかる場合があります。早めの到着を心がけましょう。

手荷物検査を受け出国審査場へ。審査官にパスポートと出国カード、搭乗券を提示してください。こちらも混雑が見込まれます。

空港近辺のホテル、空港のシャワー情報

空港直結のホテルはありません。第1・第2ターミナルに近いのはマニラエアポートホテルで、無料で空港への送迎をしてくれます。第3ターミナルに近いホテルはいくつかあります。 リゾートワールド・マニラはカジノがメインの総合エンターテイメント施設ですが、宿泊も可能です。マニラマリオットホテルはショッピングモールにも隣接しており人気が高く、空港やマニラ市街への送迎もしてもらえます。マクシムズホテルではホテル内に映画館・プール・カジノがあります。 シャワーはラウンジ内と第3ターミナルのスパのお店でご利用いただけます。

空港内のグルメ情報

第1・第2ターミナルはカフェや簡単なレストランはありますが数はそれほど多くはありません。第3ターミナルはかなり充実しています。バーガーキング・ミスタードーナツ・シェイキーズといった定番チェーンのほか、フィリピン料理屋さん・ラーメン屋さん・中華飯店など選択肢は多数。またフィリピンで一番人気のファーストフード店ジョリビー(Jollibee)は、ハンバーガー・ポテトのほかパスタ・ご飯物までオーダーできるなんでも屋です。是非足を運びましょう。

空港内のショップ情報

各ターミナルには免税店があり、お酒・洋服・ブランド品などは購入できます。 しかし、第3ターミナル以外は充実しているとは言い難いので、マニラ市街で済ませてくるほうがよいでしょう。