カタール航空 糖尿病患者の注射針、注射器の機内持ち込みについて

2015/11/10


カタール航空ご利用の際
糖尿病で現在健康状態が安定されており
且つ日常的にインスリン注射が必要なお客様で
ご旅行時に機内にて注射並びに注射器のお持込が必要な方につきまして
はお医者様からの英文の診断書が必要です。

診断書は発行日がご出発日の1 ヵ月以内のものをご用意下さい。
診断書には、
1. 糖尿病であるが健康状態は安定している。
2. 飛行機での旅行には全く支障がない
3. 機内でのインスリン注射を行う必要性がある。
以上、3 点を明記したものをご用意下さい。また現地での保安検査、税関でのトラ
ブルを避ける為、医師からの書状により、医薬品の内容を証明できるようにお願い
いたします。尚、ご取得いただいた診断書は弊社カタール航空への提出は一切不要
ですが、必ずご旅行中はご携帯下さいますようお願い致します。

健康状態が安定していないケースにつきましては、上記診断書の他に別途書類の提
出並びにカタール航空本社ドクターからの承認が必要となりますので、併せてご留意下
さいますようお願い申し上げます。

インスリン注射の機内持ち込みをご希望される場合には、大変お手数ではございま
すが事前にカタール航空にご連絡を頂戴できますようお願い申し上げます。

尚、注射針など先のとがったものの機内持ち込みは、各国の安全・保安検査を通過
する必要があります。航空会社はこの検査に対する権限がありませんので予めご了
承下さい。