1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ロシア
  4. ムルマンスク

ムルマンスクの概要

ムルマンスク

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードMMK
人気の航空会社
  • アエロフロートロシア航空
飛行時間13~14時間
ムルマンスク発の航空券情報はこちら

ムルマンスクまでは飛行機でおよそ13~14時間で行くことができます。ムルマンスクの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてムルマンスク旅行を有意義に楽しみましょう。

ムルマンスク行きの最安値を比較

ロシア国内からのムルマンスク行き 最安値を比較

温暖だけどオーロラを見られる都市 「ムルマンスク」

北極圏最大都市としてロシアのコラ島にあるムルマンスク。2016年には100周年を迎えます。ここで見られるのはなんといってもオーロラ。オーロラで有名なフィンランドの街よりも北にあり、暗い場所に行かずとも部屋の窓からオーロラを見ることが出来るという贅沢なひとときを味わえます。しかし、ムルマンスクはオーロラだけではありません。高さ約40mの極北祖国防衛隊慰霊碑や、レーニン大通りにあるソビエト社会主義国家指導者の像のレーニン像など観光スポットも多いです。また、極北祖国防衛慰霊碑の地下には博物館もあり、ムルマンスクの歴史や慰霊碑のことについて学ぶことが出来ます。

ムルマンスクの歴史

ロシアの北部、北極圏にも関わらず不凍港であるムルマンスク港は、冷戦時代にはソ連海軍の潜水艦基地として使われました。現在でもロシア海軍の北方艦隊、原子力潜水艦の基地として重要な都市です。第二次世界大戦で英雄的な働きをした都市の栄誉を称え、ソ連最後の英雄都市として認定されています。ちなみに、1916年に誕生したロシア帝国最後の都市でもあります。

ムルマンスクの経済

ムルマンスクの経済を支えているのは漁業や海運業、船舶修理業、食品製造業、海洋地質調査業など海に関する産業がメインです。食品製造業ではムルマンスク近海で採れた海産物を加工品にして市外に出荷しています。また不凍港ということもあり、ムルマンスク港は国内や国外の貿易港としての役割を担っています。

ムルマンスク行きの格安航空券について

日本から格安航空券を使いアエロフロート航空ではモスクワを経由し、アシアナ航空では韓国のソウルを経由してロシアのサンクトペテルブルクまで向かいます。そこから乗り継いでムルマンスクに向かうことが可能です。他にも、サンクトペテルブルクから高速バスを使って向かうルートもあります。どちらも時間はかかりますが、ムルマンスクに近づくにつれて見える美しい風景を楽しむことが出来るでしょう。

ムルマンスクの気候

ムルマンスクは北極圏の中でも特異で、暖流に大きな影響を受けているので他の北極圏の年に比べると暖かいです。といっても北極圏なので冬は-20度を下回りますし、夏も20度前後までしか気温は上がりません。また、一年中雨が多いので雨具は必須でしょう。5月から7月は白夜になり、11月から1月は極夜となります。

ムルマンスクの主な交通手段

ムルマンスクの主な交通手段

画像の出典元: en.wikipedia.org

ムルマンスクは極北ながら交通の便は非常に良く国外・国内を繋ぐ空港や市内を回る市バス、鉄道、定期船などが運行しています。市内を観光する場合は5分~15分間隔で運行しているバスを使い、観光地を巡ると良いでしょう。近年では観光客の増加による影響で便数も増えたことにより、ムルマンスクにアクセスがとてもしやすくなりました。

ムルマンスク行き航空券利用者の声

成田⇔ムルマンスク 男性 28歳

ロシア北西部のムルマンスクへ、オーロラを見に行ってきました。オーロラといえばカナダというイメージしかなかったのですが、ロシアで見るオーロラもとても綺麗ということで、格安航空券を購入して行くことに決めました。ロシア最東端のウラジオストックは、成田空港から3時間で行くことができますが、ムルマンスクは同じロシアなのにとても遠かったです。総移動時間は約18時間、ほぼ丸一日を移動に費やしました。使用した航空会社はアエロフロート(ロシア航空)で、成田からモスクワを経由してムルマンスクに行く航空券を予約しました。成田を昼過ぎに出発して、現地時間の夕方に到着、フライト時間は約10時間でした。直行便が無いので仕方がないことですが、モスクワでトランジットのために5時間過ごしました。この5時間がなければもっと早く到着するのになというところです。モスクワからムルマンスクまでは同じアエロフロートに乗って約2時間半でした。成田からモスクワに行くときは、ちらほらモスクワに出張で行くであろう日本人が搭乗していましたが、さすがにモスクワからムルマンスクに行くときは、日本人は自分だけだったと思います。ムルマンスクはもちろん寒かったですが、緯度のわりにはそこまで厳しくはないという印象でした。2泊の滞在で、運良くなんとか1回オーロラを拝むことができました。その他の時間は、最北の不凍港をそそくさとだけ観光しました。

成田⇔ムルマンスク 男性40歳

仕事の関係でムルマンスクに行ってきました。ムルマンスクは広いロシア大陸の北西に位置し、フィンランドと国境を接している場所にあります。成田からアエロフロート航空の格安航空券でモスクワ経由し、1回乗り継ぎでムルマンスクに入るルートです。ムルマンスクに行くには、モスクワでのトランジット時間を合わせて20時間近くかかる長旅なので、事前に成田空港の本屋で雑誌や小説を何冊か購入しておきました。成田空港の出発時間はお昼過ぎなので、空の上に行ってから少したつと、昼食の提供がありました。ロシアに行くならウォッカということで、ビールではなくウォッカを何杯か飲んでいたら眠くなってしまい、4時間ほど熟睡することができました。モスクワまでの飛行時間は約10時間ありますが、その内の4時間を睡眠で過ごすことができたので、フライトが苦ではありませんでした。モスクワでは約5時間のトランジットの時間があり、夕方に到着するので空港内で夕食をとることに。やはりロシアだけあってウォッカをストレートで飲んでいる人が多いので、私も負けじとウォッカをショットグラスでカパカパ空けていたら、いつの間にか意識が飛んでいて、危うく乗り遅れるところでした。モスクワからムルマンスクまでは約2時間30分のフライトです。長時間移動で疲れたのと、ウォッカがさすがに効いてきたのとで、空港に到着後すぐにホテルに向かい静養しました。商談はかあっさり終わりましたが、ロシアでも北岸の街ということでとにかく寒く、取引相手のロシア人に勧められるままにウォッカを数杯またあおってしまいました。結局その日も早々にホテルに退散したので、ムルマンスクの観光はほとんど出来ずじまし。お土産に地元のウォッカを購入し、やっぱり帰りの便でも長時間のフライトを乗り切るためにウォッカを勢いで飲みすぎてしまいました。

フランクフルト⇔ムルマンスク 男性42歳

日本本社からの出向でドイツに駐在しています。仕事の関係でムルマンスクの港湾を視察するために訪れました。フライト時間だけだと約5時間なのでそんなに長くないのですが、直行便の就航がなく、一度モスクワまで行かなければならず、モスクワで約5時間のトランジットの時間があるため、合計すると10時間の旅になります。購入したのはアエロフロート航空という会社の格安航空券で、東ヨーロッパで一番規模の大きな航空会社です。フランクフルトからモスクワまでは約3時間のフライト。夜に出発して、夜中に到着するので軽食と飲み物が提供されるだけで、夕食の提供はありませんでした。出発時間が遅く、平日ということもあり利用客が少なく、私の列には私だけしかいなかったため広々と使うことができました。モスクワには深夜に到着するので特にすることがなく、スターバックスでコーヒーを飲みながら、小説を読んで時間を潰していました。モスクワからムルマンスクまでは約2時間30分のフライトでした。ムルマンスク空港では、預けた荷物が出てこないというトラブルに見舞われました。トランジットの際に違う便に乗せてしまったみたいで、2日後に到着したのですが、パソコンなど仕事に関するものはキャリーバックに入れておいたので、最悪の事態は避けることができました。

ムルマンスク旅行 よくあるFAQ

マイルは貯まりますか?

貯まります。ただしアエロフロートは、JALやANAが加盟しているワンワールドやスターアライアンスとは異なるスカイチームというグループに加盟しているため、日本の航空会社のマイレージを貯めることはできません。

オンラインチェックインは可能ですか?

可能です。ただしアエロフロートのチェックインシステムを導入している都市でのみ対応可能です。ちなみに成田空港は可能です。

オンラインチェックイン後に座席変更は可能ですか?

変更可能な席が余っていれば可能です。その場合はカウンターでの手続きが必要なので、カウンターで尋ねてみてください。