1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ドイツ
  4. ミュンヘン

ミュンヘンの概要

ミュンヘン

画像の出典元: Nicolas Vollmer

人口約138.8万人
都市コードMUC
人気の航空会社
  • ルフトハンザドイツ航空
  • 全日空
  • エールフランス
飛行時間12~14時間
ミュンヘン発の航空券情報はこちら

ミュンヘンまでは飛行機でおよそ12~14時間で行くことができます。ミュンヘンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてミュンヘン旅行を有意義に楽しみましょう。

ミュンヘン行きの最安値を比較

ドイツ国内からのミュンヘン行き 最安値を比較

便利で過ごしやすい歴史ある大都市「ミュンヘン」 

ミュンヘンはバイエルン州の州都。人口は約140万人でドイツで3番目の多さを誇る大都市です。ビールの名産地としてだけでなく、1972年にオリンピックが開催されたことでも有名。暮らすにも観光するにも適した都市として人気があります。さらにドイツの中でも先進的な街でありながら、ミュンヘンは中世からの歴史が息づく街です。市の中心のマリオン広場では、金のマリア像やオシャレな街並みを見ることができ、毎年多くの人がミュンヘンへ観光に訪れます。また威厳ある聖母教会(フラウエン教会)をはじめ、有名な建築物がたくさんあり、街を歩くだけでも楽しめます。

ミュンヘンの歴史

ミュンヘンの歴史は1158年まで遡ります。ハインリヒ3世がイーザル川に橋を架けたことで、塩の交易路に面する市場として発展し始めたのです。1506年にバイエルン公国の首都となり、政治だけでなく、文化の中心地にもなりました。モーツァルトやワーグナーといった音楽家たちはこの地で活躍しました。現在もミュンヘン国立劇場では、オペラをはじめとする多くのコンサートが催されています。歴史や文化の奥深さを味わうのにミュンヘンは最適な街と言えるでしょう。

ミュンヘンの経済

ミュンヘンはドイツ経済の重要な拠点です。BMWを始めとするたくさんの有名企業が集まっており、特に機械産業が盛んです。さらにサービス・IT関連産業を中心に、多くの企業がヨーロッパ本部を置いています。メディア産業においては南ドイツ新聞、ドイツ公共放送連盟の放送局があり、出版・マスメディア系企業も多く集まっています。また、欧州最大の映画スタジオ・バイエルンフィルムスタジオがあることから、ミュンヘン市博物館では映画に関する展示も見ることができます。

ミュンヘン行きの格安航空券について

日本からミュンヘンへ向かうフライトは、羽田からの直行便が便利です。ルフトハンザ航空とANAが就航しており、およそ5時間のフライトで到着します。市の中心部へは、タクシーや電車を使えば約45分でアクセス可能。またバス路線が多く整備されており、空港から直接ザルツブルク(オーストリア)やインゴルシュタットなどの都市へ行くことができます。些細なことではありますが、両替システムが充実してとても便利です。

ミュンヘンの気候

ミュンヘンの冬は他のドイツの都市に比べると降雪量が多く、氷点下を下回るほど冷え込みます。しかし、アルプス山脈が引き起こすフェーン現象の影響で、冬にも関わらず気温が急激に上がることもあります。念のためジャケットやカーディガンなどの上着を用意するとよいでしょう。夏場の平均気温は20℃弱と過ごしやすいですが、30℃を超えることもありますよ。

ミュンヘンの主な交通手段

ミュンヘンの主な交通手段

画像の出典元: upload.wikimedia.org

公共交通機関が発達しており、地下鉄やトラムと呼ばれる路面電車など便利な交通網が市内に張り巡らされています。そのため、郊外にある有名な観光地「ノイシュバンシュタイン城」へも、電車とバスを乗り継げばスムーズに行くことができます。さらに高速電車や長距離バスもあるので、ドイツ国外の都市へのアクセスも比較的容易です。市の歴史地区には歩行者専用道路が設けられているため、子供やお年寄りでも安心して観光が楽しめます。

ミュンヘン行き航空券利用者の声

ミュンヘン旅行 よくあるFAQ