1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. モンテネグロ

モンテネグロ旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Montenegro

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/view-of-%E3%83%9D%E3%83%89%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%84%E3%82%A1-moraca-%E5%B7%9D-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%AD-gm495205420-77863587?st=c95df5f

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称モンテネグロ共和国
人口約62万人
首都ポドゴリツァ
国コードME
言語モンテネグロ語、アルバニア語、セルビア語、ボスニア語、クロアチア語
国番号(電話用)382
モンテネグロ発の航空券情報はこちら

モンテネグロまでは飛行機でおよそ14~15時間で行くことができます。モンテネグロの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なモンテネグロ旅行を楽しみましょう。


バルカン半島西部のアドリア海沿岸にある小さな国です。面積は日本の福島県と同じくらい。北側をボスニア・ヘルツェゴビナとセルビア、東側をコソボ、南側をアルバニアに囲まれています。クロアチアのドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡とも僅かに国境を接しています。

モンテネグロ行きの最安値を比較

  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (大阪国際空港(伊丹))発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からモンテネグロへの渡航について

直行便と飛行時間

日本とモンテネグロの間を飛ぶ直行便は現在ありません。ヨーロッパや中東の都市を経由してモンテネグロへ行くのが一般的です。日本から各主要都市まではだいたい12時間程度。それらからモンテネグロまでは、2~4時間ほどのフライトとなります。

日本との時差

日本とモンテネグロの時差は8時間。日本の方が8時間進んでいます。モンテネグロはサマータイムを実施している国なので、期間中は時差が7時間になります。

モンテネグロにおけるビザ・入国手続きについて

観光を目的としてあらゆる180日のうち90日以内の滞在であれば、ビザは不要です。また、パスポートの残存有効期間は6ヶ月以上必要です。入国審査の際にはパスポートのみの提示でOK。係官に入国スタンプを押印してもらいましょう。

モンテネグロの気候について

モンテネグロは、夏に降水量が少なく冬に多くなるという傾向があります。春頃の服装は日本と同じでも問題ないですが、夏は少し気温が低くなりがちなので、羽織れるものがあると良いでしょう。秋冬も日本と同じような格好で特に問題ありませんが、冬には雨具を持っていくようにしましょう。

モンテネグロの免税について

払い戻しの制度はありません。

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 19%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

モンテネグロの通貨とチップ

画像の出典元: en.wikipedia.org

通貨について

モンテネグロの通貨はユーロとセントが使用されています。紙幣は5、10、20、50、100、200、500ユーロ。硬貨は1、2、5、10、20、50セントと1、2ユーロです。

チップについて

モンテネグロでは基本的にはチップは不要です。タクシーでは釣り銭を渡しても良いでしょう。レストランではサービス料が含まれていれば別途には必要はありませんが、気持ちの良いサービスを受けた場合には10%程度しましょう。

旅のお役立ち情報

モンテネグロのコンセント形状はtype-e

モンテネグロの電圧とコンセント

モンテネグロの電圧は230Vで、日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。プラグは一般的にはCタイプが使用されています。

77

モンテネグロのネット環境

モンテネグロでは比較的インターネットに繋がりやすい環境が整っています。空港では無料でWiFiの使用が可能で、ホテルでも基本的にWiFiが飛んでいます。ただし、ホテルやレストランでは有料のところもありますので、利用前にご確認下さい。

103

モンテネグロの飲料水

モンテネグロの水道水は飲料用として使用することに問題はありません。ただし、500mlのミネラルウォーターが50円程度で販売されていますので、気になる人は購入しても良いでしょう。

文化・宗教・マナーについて

モンテネグロの文化

モンテネグロの国民性はマイペースでのんびりしている人が多い様です。身近な人を大切にする傾向があり、独立にもこの国民性が影響していると言われています。国民はモンテネグロ人であることに誇りを持っており、愛国心が強いといえるでしょう。

モンテネグロの宗教

モンテネグロの宗教はセルビア正教が74%、イスラム教が20%弱でその他ローマ・カトリックなどです。

モンテネグロのマナー

モンテネグロのマナーはこれといって神経質になって守らなければいけないものはありません。食事の際に魚を手で押さえて骨をとるなど手を使うことは問題ありません。現地の人々と話をする機会があるときは民族問題、政治の話はしないようにしましょう。プレゼントを贈る際には偶数ではなく、縁起がいいとされている奇数にするようにします。

モンテネグロの食文化

画像の出典元: en.wikipedia.org

モンテネグロの料理はトルコやハンガリー、近隣国のイタリア、オーストリアなどの影響を受けています。ニェグシュカという料理は、豚肉や豚皮を燻製にしたもので生ハムに近いものです。パプリカは白ピーマンの中に野菜を詰めて発酵させたものでサラダの感覚で食べるもの。ポペツは鶏肉を開いてカッテージチーズなどを巻いて揚げたものです。ドゥルミトールステクは豚肉のカツレツの様な料理。また、飲み物はワインが有名です。主に南部で作られており、タンニンが豊富で、イタリアのあるワインに似ているとも言われています。

モンテネグロの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

モンテネグロの主要観光地

モンテネグロの人気観光地はコトルです。世界遺産にも登録されており、その荘厳な城壁、ロマネスク様式の聖トリプン大聖堂や美しい街並みとコトル湾は見逃せません。コトルの旧市街地が好きという方は、あわせてブドゥヴァ旧市街もお勧めです。こちらも城壁に囲まれた都市で、アドリア海に突き出すような形になっています。プドゥヴァはコトルと異なりビーチがあるので、のんびりとしたリゾートも楽しめます。首都ポドゴリツァの北西にあるオストログ修道院も、多くの観光客が訪れる観光スポット。断崖絶壁の中に埋め込まれているように建つ修道院の姿は一見の価値ありです。

モンテネグロの世界遺産

モンテネグロには現在2件の世界遺産があります。1つは文化遺産「コトルの自然と文化-歴史地域」です。もう1つは自然遺産「ドゥルミトル国立公園」。ドゥルミトル山を中心としたこの国立公園では、ヨーロッパで最も深いとされるタラ峡谷など起伏がある美しい景色を見ることができます。

モンテネグロのお土産について

モンテネグロのお土産の定番はやはりワインです。ちょっと荷物にはなりますが、ぜひ買って帰りたいお土産の1つ。また、ドライフルーツ、クッキー、紅茶などは、大人数に配るためのお土産としていかがでしょうか。これらは、スーパーやマーケットで手に入れましょう。また、ラキアという蒸留酒もアルコール度数が高いですがお酒好きの方にはお勧めです。

モンテネグロ行き航空券利用者の声

成田空港⇔ティヴァト空港 32歳男性

モンテネグロに住んでいる大学時代の友人を訪ねるため、一人でのモンテネグロ旅行を計画したので格安航空券を手配しました。トランジット回数や航空会社にはこだわりを持たず、飛行機代にはなるべくお金をかけたくなかったので、格安航空券の中でも最安値のルートを選択しました。それが成田空港からエディハド航空を利用してUAEのアブダビ国際空港、セルビアのベオグラード・ニコラ・テスラ空港を経由してモンテネグロのティヴァト空港に到着するフライトスケジュールでした。移動時間はトランジット時間もあわせるとおよそ24時間となるため機内でしっかりと体を休めることができるのか不安でしたが、エディハド航空の機内では意外に広いスペースが確保されていたため、十分な睡眠をとることができました。さすがに24時間も移動時間に費やしていると途中機内で睡眠をとっていても最後の方はくたくたとなってしまいましたが、それでもティヴァト空港に迎えに来てくれていた友人と一緒に宿に戻って一晩ベッドで休んだら、次の日からは元気に観光を楽しんだり食事を堪能することができました。特にジブリ映画の舞台にもなったといわれている世界遺産の街コトルは、赤い屋根の街並みと美しい水の景色のコントラストが見事でした。モンテネグロは24時間の移動時間は確かにしんどかったですが、それでもまた来たいと思える国でした。

成田空港⇔ポドゴリツァ空港 30歳男性

仕事の関係でモンテネグロへ出張しなければいけなくなり、急いで格安航空券を探しました。行き先はモンテネグロの首都ポドゴリツァでしたので、ポドゴリツァ近郊にあるポドゴリツァ空港へ向かうフライトの中で、トランジット回数が少なくなるべく価格も抑えられている航空券を購入しました。それは成田空港からトルコ航空を利用してアタテュルク国際空港経由でポドゴリツァ空港へ向かう経路でした。成田空港を夜の9時頃に離陸して、そこからおよそ12時間のフライトを経てトルコのイスタンブールにあるアタテュルク国際空港を目指しました。トルコ航空を利用するのは初めてでしたが、サービスの質は高く機内食も美味しいくいただけることができたので満足でした。さすがに足をいっぱいまで広げてリラックスすることはできませんでしたが、離陸時間が夜であったことも幸いして、12時間以上のフライトのほとんどを寝て過ごすことができました。アタテュルク国際空港でのトランジット時間もおよそ2時間と短かすぎず長すぎずの時間でした。今回は仕事のスケジュール上、観光を楽しむ時間をとることはできませんでしたが、それでも地元で有名なレストランで食事をごちそうになり、楽しい思い出もいっぱいできました。次回訪れた際はしっかりと観光も楽しめるようスケジュールに余裕を持たせたいと思います。

成田空港⇔ティヴァト空港 22歳男性

卒業旅行でヨーロッパのモンテネグロへ行くことが決まりましたので、さっそく格安航空券を調査しました。一緒に行く友人たちも含めて我々はあまり海外旅行には慣れておらず、トランジットもできれば避けたいと思うタイプでしたので、トランジット回数のなるべく少ないフライトスケジュールを選びました。成田空港からはアエロフロートロシア航空を利用してシェレメーチエヴォ国際空港でトランジットし、同じくアエロフロートロシア航空でティヴァト空港まで向かうというルートでした。どうしても日本からの直行便がなく、ほとんどのフライトがトランジット2回必要となっている中で、このロシア経由でモンテネグロへ行くフライトは価格も抑えられており、なおかつトランジット回数も一回で済むものでした。それでもトランジットの際には我々はちゃんと手続きがうまくいくのか心配していましたが、同じ航空会社同士のトランジットからなのかどうかは分かりませんが、驚くほどあっけなく手続きを完了させることができました。時間も全くかからずに終わらせることができたので、シェレメーチエヴォ国際空港では免税店などでのショッピングに力を入れすぎてしまいました。モンテネグロでは世界遺産にも登録されているコトルの美しい街並みや城壁を見学し、さらにはローマ・カトリックの教会である聖トリプン大聖堂などを巡りました。他にも日本では見ることのできないような建築様式や、美しい海の景色、数多く存在する教会など5日間で時間の許す限り観光スポットを訪れることができました。

モンテネグロ旅行 よくあるFAQ

モンテネグロの観光ベストシーズンは?

5,6,9月頃が過ごしやすくベストシーズンです。

モンテネグロでは英語は通じますか?

基本的にはあまり通じません。ホテルや観光地などでは通じるところもあるでしょう。

モンテネグロではチップは必要ですか?

チップは要りませんが、いいサービスを受けた際は、気持ちでチップを渡すといいでしょう。

ペットを連れていくことは可能でしょうか?

可能です。細かい規則や料金などはご利用の航空会社へお問い合わせください。