1. トップ
  2. 中米/カリブ海
  3. マルティニーク

マルティニーク旅行へ行く前に確認するポイント

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/town-les-ansesdarlet-martinique-caribbean-585655541?src=1-ITKBfdAoCIoSlo9y5Yug-1-3

画像の出典元: shutterstock.com

正式名称マルティニーク
人口約40万人
首都フォール=ド=フランス(Fort de France)
国コードMQ
言語フランス語、クレオール語
国番号(電話用)596
マルティニーク発の航空券情報はこちら

マルティニークまでは飛行機でおよそ23時間で行くことができます。マルティニークの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なマルティニーク旅行を楽しみましょう。


カリブ海に位置するマルティニークはウィンドワード諸島に属する島です。カリブ海に浮かぶ他の島々と違い、独立国ではなくフランスの海外県となっています。海を隔てて北にドミニカ国、南にセントルシアがあります。ちなみに、コロンブスが「世界で最も美しい場所」と評したことでも有名です。

マルティニーク行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からマルティニークへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からマルティニークまでの直行便は就航していないため、アメリカまたはフランスを経由する必要があります。フランスからの乗り継ぎが主流となっており、東京(羽田・成田)からはエールフランスと日本航空が運航しています。また、パリからマルティニークまではXL航空が週3日就航しており、トータルでの所要時間はおよそ21時間です。

日本との時差

日本とマルティニークとの時差はマイナス13時間です。サマータイムは実施されていません。

マルティニークにおけるビザ・入国手続きについて

日本人が観光目的でマルティニークへ入国する場合のビザは、90日以内であれば不要。ただし、パスポートの残存有効期限は6ヵ月以上あることが必要で、なおかつ見開き2ページ以上の空欄が条件となります。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があるので、渡航の際には大使館や領事館、もしくは旅行代理店等に確認することをオススメします。 入国に際はパスポートのほかに出国用航空券を係官に提示してください。加えて、アメリカを経由して入国する場合にはESTAが必要となるので、日本を発つ前に申請しておきましょう。

マルティニークの気候について

マルニティークは熱帯性気候となっており、1年を通しての気温の変化は大きくありません。最も暑くなる9月は30度、涼しくなる2月は21度になります。雨季は7月から11月で、その時期にはハリケーンが発生することがあるので、ご旅行の際は最新の気象情報をご確認ください。

マルティニークの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

マルティニークの通貨とチップ

画像の出典元: upload.wikimedia.org

通貨について

マルティニークはフランスの海外県のひとつとなっているため、通貨にはユーロ が使用されています。

チップについて

基本的にはチップの文化はありませんが、快いサービスを受けた際には気持ち程度を渡すと良いでしょう。

旅のお役立ち情報

マルティニークのコンセント形状はtype-a

マルティニークの電圧とコンセント

電圧は127Vもしくは220Vとなっており、日本の電化製品では変圧器が必要でしょう。また、コンセントは2つ穴のAタイプまたはCタイプです。

77

マルティニークのネット環境

ホテルや喫茶店ではネット環境が整っていますが、日本のように高速での利用はできません。

103

マルティニークの飲料水

飲み水に関しては、ミネラルウォーターを購入することをオススメします。

文化・宗教・マナーについて

マルティニークの文化

マルティニークではヨーロッパとアフリカの音楽が合わさったことにより誕生した、「ビギン」を代表とするダンス音楽が根付いています。ほかにも「カダンス」や「ズーク」などのジャンルが存在し、「プレアー」は伝統音楽として、「ダミエ」は格闘技を伴うものとして親しまれています。

マルティニークの宗教

全体の95%がカトリックを信仰しており、そのほかの宗教としてはヒンズー教やアフリカの伝統宗教などが存在します。

マルティニークのマナー

マルティニークの食文化

画像の出典元: en.wikipedia.org

boudin(ブディン)と呼ばれる豚の血と脂の黒ソーセージは、フレンチカリビアンの代表食。直径3センチと少々太目ですが中はふわふわで、ニンニクと玉ねぎの風味に存在感のあるスパイスが合わさり、しっかりとした味が楽しめます。また、カリブ海フランス領土ということでフランスの影響は食文化にも紐づいており、島内のスーパーでは多彩なバリエーションとなるcous cous(クスクス)が販売されています。ほかにもチーズやワイン、フランスパンなど、フランスからの輸入品が多く、高価ですが住民たちに好まれています。

マルティニークの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: ja.wikipedia.org

マルティニークの主要観光地

主要観光地のひとつとなっているサン・ルイ聖堂は17世紀創建のマルティニークを代表する教会で、現在の姿は1978年に再建されたものになります。また、シェルシェール図書館は1889年に開かれたパリ万国博覧会のパビリオンだったもので、船を利用してマルティニークまで運ばれました。 リゾート地があるポワント・デュ・プーから車で15分の所にあるラ・パジュリ記念館は、ナポレオンの后・ジョセフィーヌの生家を博物館として解放しているものです。そして、マルティニークで一番高い山だといわれるプレー山は、マルティニークのシンボルにもなっています。カリブ海地方では非常に有名な噴火の歴史を有しており、世界的にみても他に例のない貴重な火山です。

マルティニークの世界遺産

現在登録されている世界遺産はありません。

マルティニークのお土産について

マルティニークのお土産では砂糖やラム酒、バナナ、パイナップルが人気です。特にラム酒は世界的に知名度も高く人気があるため、酒好きならば間違いなく喜んでくれることでしょう。

マルティニーク行き航空券利用者の声

東京⇔マルティニーク 40歳男性

世界一美しい場所と言われているマルティニークへ旅行に行って来ました。利用したのはエールフランス航空です。朝早めに成田空港へ行き、コーヒーを飲みながらチェックイン開始時刻まで待ちました。チェックインや出国手続きなどを済ませて、パリのシャルルドゴール空港行きの飛行機に乗りました。成田からパリまでは約12時間の長時間フライトでした。パリに到着したのは現地時間の夕方で、乗り継ぎのフライトまでかなり時間があったので、パリ市内を観光してホテルで一泊しました。翌日はオルリー空港へ行き、ポアンタピートル空港行きの飛行機に乗りました。パリからポアンタピートルまでは、約8時間半ほどかかりました。また、飛行機を乗り継いでようやくマルティニークに到着。片道の合計移動時間は42時間半でした。マルティニークのフォール・ド・フランスに4泊しました。マルティニークは、静かでとても美しい街で、ゆっくりとリラックスすることが出来ました。

東京⇔マルティニーク 38歳女性

会社の休みが1週間とれたので、マルティニークに住んでいる友人に会いに行ってきました。費用を少しでも浮かせるために、格安航空券を利用しました。まず、成田空港を出発してアメリカン航空でニューヨークへ。成田からニューヨークまでは約13時間かかりました。ニューヨークでは乗り継ぎ時間が12時間以上もあったので、市内を観光して回りました。少し早めに空港に戻り、ジョンFケネディ空港内を見て回っていたら、あっという間に時間が過ぎました。乗り継ぎの飛行機に乗り、約3時間でマイアミに到着。マイアミでは、乗り継ぎ時間が少なく、またすぐに飛行機へ。マイアミからマルティニークまでは、約3時間半の空の旅でした。マルティニーク・エメ・セゼール国際空港に着いたら友人が迎えに来てくれていて、そのまま友人宅へ。友人宅に泊まらせてもらったので、ホテル代がかかりませんでした。友人にマルティニークを案内してもらい観光スポットなどにも連れて行ってもらいました。帰りもアメリカン航空を利用して、マイアミとダラスを経由して成田空港に戻りました。帰りは、マイアミでの乗り継ぎ時間が長かったので、マイアミ市内に一泊して、ホテル周辺を観光しました。とても充実した1週間でした。

大阪⇔マルティニーク 26歳女性

友達と海外旅行に行くことになり、行先はヨーロッパにしようと言っていましたが、どこに行くか決まらずに、色々探していたらマルティニークを見つけました。私も友達も海が好きで、静かでのんびりと出来る場所に行きたかったので、マルティニークはぴったりと思い、すぐにインターネットで航空券を探しました。アメリカン航空のチケットが一番安かったのですぐに予約しました。成田空港を夕方に出発して約13時間かけてニューヨークへ。ニューヨークでは、乗り継ぎ時間が長かったため、空港から出てマンハッタンを観光することに。ずっと見たかったタイムズスクエアやセントラルパークなども見れて大満足でした。翌日ニューヨークからマイアミに移動し、マイアミで飛行機を乗り継いでマルティニークに到着。マルティニークには、美しいビーチがいくつもあり、海で泳いだり、シュノーケリングを楽しみました。マルティニークは、どこで写真を撮っても絵になるような素敵な街でした。帰りは、マイアミとダラスで飛行機を乗り継いで成田空港に帰国しました。一番安かった航空券でしたが、特に不満もなく快適に過ごせたので、また利用したいと思います。

マルティニーク旅行 よくあるFAQ

エールフランス航空のインターネットチェックインとは何ですか?

エールフランス航空のインターネットチェックインでは、インターネット上で座席を選んだり搭乗券を印刷することが可能です。また、インターネットチェックインは、ご出発便のチェックイン締め切り時刻30時間前から行うことが出来ます。

エールフランス航空を利用する予定です。オボ・ラクト・ベジタリアン用の機内食はありますか?

はい。エールフランス航空では、肉や魚介類が含まれていない特別機内食をご用意しております。

マルティニークの観光のベストシーズンは?

11月から4月頃がベストシーズンと言われています。

保湿クリームは機内持ち込み可能ですか?

はい。保湿クリームは機内持ち込み可能となっております。ただし、100ml以下の容器に入れて1L 以下のジッパー付きビニール袋にお入れください。