1. トップ
  2. 南米
  3. アルゼンチン
  4. メンドーサ

メンドーサの概要

メンドーサ

画像の出典元: en.wikipedia.org

人口-
都市コードMDZ
人気の航空会社
  • KLMオランダ航空
  • LATAM チリ
飛行時間22~29時間
メンドーサ発の航空券情報はこちら

メンドーサまでは飛行機でおよそ22~29時間で行くことができます。メンドーサの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてメンドーサ旅行を有意義に楽しみましょう。

メンドーサ行きの最安値を比較

アルゼンチン国内からのメンドーサ行き 最安値を比較

アルゼンチンが誇るワインの都「メンドーサ」

気候に恵まれたメンドーサは、ワインの産地として世界的に有名です。アルゼンチン国内におけるワインの生産量のおよそ7割がメンドーサ産で、州内には3000社を越える醸造所があります。およそ700本のバラで彩られる花壇や、人口湖などで観光客を楽しませてくれるサンマルティン公園では、毎年3月にワイン祭りが開催されています。また、南米最高峰のアコンカグアの近くに位置する高原地帯は、アルゼンチンとチリを結ぶアンデス横断鉄道が通っていることから鉄道ファンからの人気も集めています。地震を機に現在は南欧風の近代都市へと生まれ変わり、それもまた観光客の楽しみを助長させているかもしれませんね。

メンドーサの歴史

アルゼンチン独立の歴史を語る上では欠かせない重要都市の一つ、メンドーサ。南米諸国とスペインの従属関係を憂いた、南米独立の立役者サンマルティンが、独立を掲げ出立した地がメンドーサでした。その記念の地として有名になったメンドーサは、サンマルティンをたたえて市内の公園に彼の名前をつけました。それが現在の「サン・マルティン将軍公園」です。その後、アルゼンチンと隣国チリは独立を果たします。

メンドーサの経済

メンドーサの経済を支えているのはやはりワイン。ワイナリーではワインのテイスティングだけではなく、元とされるブドウの収穫も楽しむことができるため、訪れる人があとを絶ちません。メンドーサのワイナリーは人気の観光地であるとともに、アルゼンチン国内の経済を支える要です。

メンドーサ行きの格安航空券について

日本からメンドーサへの直通便はありません。そのため、最低2回の乗り継ぎが必要。一般的には北米の各都市を経由してチリの首都サンティアゴ、またはアルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ行き、再び乗り継いでメンドーサへ向かいます。格安航空券をお求めの方には、複数都市を経由するプランがおすすめ。アフリカ系のエミレーツ航空やカタール航空を利用し、ドバイやアブダビを経由すると比較的安く済みます。また、サンティアゴやブエノスアイレスから夜行バスを利用するのも良いでしょう。バスを利用する場合の所要時間は、サンティアゴから約7時間、ブエノスアイレスからは約16時間です。より短時間でアクセスしたい方には、アメリカのダラスを経由するアメリカン航空のプランがおすすめです。

メンドーサの気候

ワイン作りに最適な環境として、暖かく雨も少ない地中海性気候に属するアルゼンチン・メンドーサは、日本とは季節が異なります。12~2月は気温が30度を上回る日もあり、南米らしさを肌で感じることができるでしょう。その一方で6月と7月は15度を下回ることもあるため、長袖の上着があると便利です。また、この時期はワイナリーもオフシーズンを迎え、クローズしていることも多いので注意してください。

メンドーサの主な交通手段

メンドーサの主な交通手段

画像の出典元: 

メンドーサ国際空港から市街地までの所要時間は、タクシーの場合およそ25分、路線バスの場合およそ45分です。市内に入ってからはコレクティーボとよばれるバスやタクシーを利用して観光を楽しむことができます。

メンドーサ行き航空券利用者の声

成田空港⇔メンドーサ 38歳女性

このたびワインのソムリエの資格を取ったので、ワインのさらなる勉強のためにメンドーサに行くことにしました。メンドサーは広いブドウ畑とワイナリーがたくさんあるので前々からずっと行きたいと思っていました。今回は格安航空券を購入し、カタール航空で現地に向かいました。夜遅い便だったので乗客も少なくチェックインがスムーズだったのでほっとしました。席も希望した通り通路側なので良かったです。通路側なら飲み物も取りやすいしトイレに行きやすいからです。ドーハで乗り継ぎしましたが、到着前に毛布の回収があり、ちょっと寒く感じました。メンドーサにはボデガとよばれるワイナリーが3000以上あり、ブドウ畑も想像以上に広く驚きました。たくさんのワインを試飲したり、ワインを作る工程を見学したりして、あっという間に滞在が終わりました。もちろんお土産はワインです。

成田空港⇔メンドーサ 42歳男性

会社のリフレッシュ休暇を利用し、メンドーサへの旅に出かけました。いつもは、ベーシックエコノミーのクラスを利用することが多いのですが、今回はランクアップしてプレミアムエコノミーのクラスにしました。さすがにフットレスト、レッグレストとも通常より広く快適な乗り心地でした。これなら長時間のフライトも苦になりません。途中、ダラスフォートワース国際空港で乗り換えましたが、とてもひろい空港でした。乗り換えまで少々時間があったので、空港の中のお店を利用しました。カフェやコンビニ、洋服、スポーツショップ、ブックストアなどもあり、とにかく充実していました。メンドーサでは念願のアコンカグアツアーに参加し、自然を堪能しました。今回は格安航空券を購入したので、浮いたお金は家族へのお土産にまわしました。次回もまた格安航空券を利用して絶対メンドーサに行くつもりです。

成田空港⇔メンドーサ 50歳女性

仲の良い友人と格安航空券のチケットを購入し、ふたりでエミレーツ航空に乗って向かったのはメンドーサです。ビジネスクラスのシートは座り心地がよく、長時間座っていても疲れ知らずでした。飛行機なんかじゃ寝られないわといっていた友人でしたが、180度フラットシートにして熟睡してました。朝、ふたりで顔を見合わせて笑いました。CAには日本人もいて、寒くありませんか?などとこまめに声をかけてくれてサービスも良かったです。エミレーツ航空のCAはみな気品があり、美しい人ばかりでした。ブエノスアイレスで乗り継ぎの際、時間が9時間もあったので、「カミニ―トの家」を観光しました。カラフルな建物が並んでいて、とても個性的な街でした。メンドーサでは主要な二つの公園、イスチグアラスト州立公園とタランパヤ国立公園をツアーで回りました。途中野生の動物を見かけ、砂漠でたくましく生きる彼らの姿に感動しました。格安航空券で航空運賃を安くしたので、ホテルはちょっと贅沢にして、快適に過ごせました。とにかく思い出がいっぱいで、まだまだ書き足りないことがいっぱいあります。2人でまたお金を貯めて旅に行こうねと約束しました。

メンドーサ旅行 よくあるFAQ

チケットをオンラインで購入したいのですが、支払い方法について教えてほしいです

カタール航空ではオンライン予約をしたお客様のウェブ決済の方法としまして、クレジットカードおよびデビットカードがご利用いただけます。カードはご本人様のVISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブ(JCBは不可)がご使用いただけます。空港でチェックインの際、カードの提示が必要になりますので、搭乗時には必ずご持参いただくようお願い申し上げます。

空港には出発の何時間前に到着すればいいですか?

出発の3時間前には空港に到着して頂けるようお願いします。

アメリカン航空の機内に忘れ物をしました。

アメリカン航空のウェブサイドにお忘れ物お問い合わせフォームがございますので、そちらからお問い合わせ下さい。なお、空港にお忘れ物をした場合には、空港の遺失物センターにお問い合わせ下さるようお願い申し上げます。

カタール航空を利用したら荷物が見つからなくなった!

大変申し訳ございませんが、カタール航空手荷物サービス、またはカウンターにお申し出頂きますようお願いいたします。またHP上の「手荷物検査」をクリックして頂くと、紛失した手荷物の状態が検索できるシステムになっています。迅速にご指定の場所(ご自宅やホテルなど)にお届けするよう努力いたします。