1. トップ
  2. アジア
  3. タイ
  4. メーソート

メーソートの概要

メーソート

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードMAQ
人気の航空会社
  • ノックエア
飛行時間8~10時間
メーソート発の航空券情報はこちら

メーソートまでは飛行機でおよそ8~10時間で行くことができます。メーソートの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてメーソート旅行を有意義に楽しみましょう。

タイ国内からのメーソート行き 最安値を比較

ミャンマーとの国境を接する貿易都市「メーソート」

タイの首都バンコクから北西へ約420kmに位置する都市メーソートは、ミャンマーと国境を接しています。首都からは離れていますが田舎町ではなく、国境貿易都市としてたいへん栄えています。国境にもなっている橋のふもとで開かれている市場は、いつも多くの観光客で賑わっていますよ。また、メーソート市内にあるタークシン・マハラート国立公園も人気。なかでも、樹齢700年ものタイ最大のクラバクの巨木が目玉です。そのほかこの公園には、東南アジア固有の野生動物が多く生息しています。運がよければアジアゴールデンザルやオナガザルなどを見ることが出来るでしょう。

メーソートの歴史

現在、伝えられているところではメーソートの歴史は18世紀中盤頃から始まったと言われています。この時期にカレン族という、タイ北部から西部、さらにはミャンマーを居住地としている民族が住み着き、パノーケー村という集落を作りました。その後タイ族がこの村に侵入し、タイ領土とされます。そしてメーソートが正式に都市とされたのは1898年で、ターク県に組み込まれました。

メーソートの経済

メーソートの主要産業は農業と貿易です。なかでも、ムーイ川を隔てて隣国であるミャンマーとの国境貿易がとても盛ん。市内は両国の商人たちでいつも賑わいをみせています。主な貿易品としては、宝石や食料品、また電化製品など。特に宝石類はかなり重要な貿易品で、ミャンマー・タイ友好橋のふもとでは「宝石市場」が開かれているほど。貴金属や装飾品を扱う店が、所狭しとショーケースを並べています。

メーソート行きの格安航空券について

現在、日本からメーソートへの直行便はありません。飛行機で行く場合は、バンコクのドンムアン空港から出ているノックエアー航空を使います。1時間半ほどもあれば到着しますが、1日数便しか出ていないため利用の際は注意が必要です。値段を抑えたい場合は、日本からバンコク間での航空券を工夫すると良いでしょう。ベトナム航空や中国国際航空から格安航空券がでています。また時間に余裕が有る場合は、長距離バスやレンタカーでの移動もオススメです。

メーソートの気候

メーソートは一年中、平均最高気温が30度以上という暑い日々が続きます。中でも4~10月は暑さが厳しく、夜でもあまり和らぐことはありません。また6~8月は雨季にあたるため、ほぼ毎日雨が降ります。そのため観光で行く場合は、乾季の11~3月がオススメ。晴天の日が多く、さらには朝晩は15度前後まで気温が下がることもあるため、過ごしやすいでしょう。

メーソートの主な交通手段

メーソートの主な交通手段

画像の出典元: Abdul Rahman

メーソートは東西南北に幹線道路が走っています。それゆえ、市内のアクセスはトゥクトゥクやソンテウといった大人数乗りの自動車が便利。特に、乗り合いタクシーであるソンテウは大人数だと交渉次第でかなり安く乗ることができる場合もあるのでオススメです。またメーソートからはターク市へ路線バスも伸びています。それほど時間もかからないので、気軽に近隣の町に少し足を伸ばしてみることもできます。

メーソート行き航空券利用者の声

ドンムアン空港↔メーソート 28歳女性

バンコク在住ですが、タイ国内をめぐるのが好きでいろいろと回っています。今回はタイとミャンマーとの国境にあるメーソートへの旅行を計画しました。時間があれば国境を越えてミャンマーへ入ろうと思っていました。メーソートへはバンコク・ドンムアン空港から飛行機で1時間と少し。最近は長距離バスや列車の旅がチープで外国人にも普及していますが、タイではLCCも多くあり、あまり高くない料金で時間が短縮できるので、私は飛行機派です。ノックエアーはLCCですが、機体もノック(鳥)のイラストがありかわいいし、国内線でも機内食(軽食)が提供されるのでかなりコストパフォーマンスは高いと思っています。ですので、タイの国内旅行の時にはノックエアーの利用が個人的に多いです。ドンムアン空港もバンコクの中心部から近いし、荷物が多くなければローカルバスで安く空港まで行くことができます。ドンムアンからメーソートまでのフライトもサンドイッチと飲み物がありました。ノックのイラストが入ったかわいい紙袋に入っています。あとは、1時間ほどなので、ただぼーっと座っていました。メーソートに到着後は宿泊先へ。田舎町を散歩して、ミャンマーへも行きました。特に何もないので2,3日で充分でしょう。

ドンムアン空港↔メーソート 35歳男性

今回初めてメーソートへ行ってきました。何もないといわれていましたが、本当に素朴でミャンマー人がいっぱいの街でした。バンコクに住んでいるので、国内線で行きましたが、日本からの場合もバンコクから行くことになりますね。ただ、日本の方がわざわざ行くことはないのかもしれませんが。バンコクからメーソートへは、探してみましたがノックエアーだけが就航しているようです。ノックエアーはタイのLCCの中でも好きな航空会社です。これまで利用して特に遅れることや欠航もなかったためですが、単にラッキーだっただけでしょうか。あと、鳥の絵が描かれたカラフルな機体も子供が好きそうです。座席もそんなに窮屈ではなく、軽食もあるのでコスパもいいのではないかと思います。いつも国内線ばかりの利用なのでフライト時間が短いせいかもしれませんね。今回のメーソート行もノックエアーで格安航空券を予約、何も問題なく行って戻ってきました。メーソートは何をすることもなく、お寺や国立公園へ行きよどんだ心をきれいにしました。あとは、ローカルな市場やマッサージなどでリラックス。ミャンマーへ行こうかとも思いましたが、メーソートの街にはミャンマー人が多かったため、もう行かなくてもいいかと考え、やめました。また、次はどこへ行こうかと計画中です。

ドンムアン空港↔メーソート 29歳男性

メーソートへは初めての旅行でした。現在、バンコクに駐在で来ていてもうすぐ帰国となるために、この機会にタイ国内のいろんなところを旅行したいと思い、計画しました。これまではチェンマイやサムイ島、プーケット、ハジャイ、ホアヒン、パタヤなどタイの観光地と言われているところは暇を見つけて出かけていました。メーソートはミャンマーとの国境にあるというだけで特に何もないということでしたが、何もないところもいいかと勝手に思い、出かけてきました。週末利用なので1泊2日。タイの格安航空会社・ノックエアーを利用しました。ドンムアン空港からメーソートまでは、片道1時間10分ほど。ただ、ノックエアーは他のLCCとは違い、無料で軽食を配ってくれます。今回もサンドイッチと飲み物がありました。あとは、有料でお菓子やジュース、カップ麺などを機内で販売しています。座席は男性にしたら少々狭く感じるかもしれませんが、1時間ほどなら我慢もできます。特に飛行機の遅れもなく、無事にメーソートへ到着。宿泊先のゲストハウスへ向かいました。メーソートではお寺やダムの見学、ローカルエリア散策などでのんびりと過ごせました。タイ生活の中でのいい思い出になったと思います。

メーソート旅行 よくあるFAQ

タイのLCCはどんな機体を使っていますか?

各航空会社により異なりますが、ノックエアーでは機体、エンジンの組立てなどは、フランスの航空会社・エアフランスの協力の下に行われています。ボーイング737-800 などが使われています。

タイのLCCで機内食はありますか?

無料の軽食の提供をしている航空会社もありますが、有料でお食事やスナック、カップ麺、ソフトドリンク、ビールなどを販売している航空会社もあります。

タイのLCCの預け荷物は何キロまでですか?

ほとんどの航空会社では10kgから15kgまでの預け荷物が無料となっているようです。

手荷物の重量が超過した時の超過料金の支払いはどうすればいいですか?

通常は、チェックインカウンターでお支払ができます。