1. トップ
  2. アジア
  3. フィリピン
  4. セブ島
  5. マクタン・セブ国際空港

マクタン・セブ国際空港行きの格安航空券

マクタン・セブ国際空港の画像

画像の出典元 commons.wikimedia.org

正式名称Mactan-Cebu International Airport(Mactan-Cebu International Airport)
空港コードCEB
マクタン・セブ国際空港発の航空券情報はこちら

マクタン・セブ国際空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からマクタン・セブ国際空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。マクタン・セブ国際空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

マクタン・セブ国際空港行きの最安値を比較

美しいリゾートの小さな玄関

大都市セブ市と橋で結ばれたマクタン島に位置しています。セブリゾートの玄関口として多くの観光客に利用され続け、現在では年間利用者数が400万人を上回っています。利用者に対して規模は小さいものの、到着してから荷物受け渡しまでがワンフロアーで済んだりと、その小ささが利便性を生んでいるのも特徴の一つ。 またアジアの主要都市へ4時間程度で行ける便利さから、将来的には重要なハブ空港になる可能性もあります。これからさらに注目されるであろうマクタン・セブ国際空港。セブリゾートへご旅行の際は、空港の魅力も一緒に感じてみてください。

日本から就航している航空会社

-フィリピン航空(PAL)
-セブパシフィック航空(CEB)

マクタン・セブ国際空港の規模、設備情報

マニラのニノイ・アキノ国際空港に次ぐフィリピン第2の空港です。空港の規模はそれほど大きくないので迷うことはないでしょう。国際線ターミナルと国内線ターミナルの2つに分かれています。

インフォメーション 国際線到着ロビー、国内線到着ロビー出口付近にそれぞれあります。
落し物 出入り口付近の遺失物オフィスまでお越しください。
Wi-Fi 無料Wi-Fiを提供しています。
両替/銀行 国際線到着ロビーに銀行があります。
手荷物保管所 手荷物預かり所はないので、利用するホテルに相談してみましょう。
ラウンジ 国内線、国際線出発ロビー両方にラウンジがひとつづつあります。軽食を食べながら、フライトの時間までリラックスしてくださいね。

空港からセブ中心部へ

空港から市内へのアクセスはタクシーが便利!乗り場は混雑することもありますので、お急ぎの方はお気をつけください。

タクシー

メーター制の白いタクシーと定額制(400ペソ)の黄色いタクシーの2種類がありますが、値段を考えると白いタクシーの方がオススメ。
空港からセブシティ市内までは約200~300ペソ、マリバゴ地区までは約200ペソ、マリバゴ地区からセブシティ市内までは約250~400ペソが相場です。乗車前に交渉することもできます。
どちらのタクシーを利用してもセブシティまでは約40分かかります。

マクタン/セブ国際空港の搭乗手続き

一般的な空港とは少し違うので注意が必要です。まず1回目の保安検査として、チケット予約確認とパスポートのチェック、全ての手荷物のX線検査が行われます。この後チェックインとなります。

チェックインは時間がかかる事が予想されます。カウンターで搭乗券を発券した後、空港利用料としての750ペソを支払います。こちらは現金のみで支払い可能で、クレジットカードは利用できません。ATMも近くにはありませんのでご注意ください。

空港近辺のホテル、空港のシャワー情報

空港直結のホテルはありませんが、徒歩圏内に2つのホテルがあります。「デイズホテル・セブエアポート」は利用しやすいビジネスホテルで、「ウォーターフロント・エアポートホテル」は豪華なリゾートホテルです。空港内にはシャワーはありません。

空港内のグルメ情報

小さい空港ですが、カフェやドーナッツのお店があります。お腹のすいた方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。オススメは、レチョンというフィリピンの代表的な料理が味わえる「Zubuchonn(ズブチョン)」です。レチョンとは豚の丸焼きのことで、おやつ感覚でも食べられるのでぜひお試しください。テイクアウトすることができるので、お土産にいかがでしょうか。

空港内のショップ情報

店舗数は多くはありませんが、お土産、お酒、タバコなどは販売しています。「Island Souvenir(アイランドスーべニア)」では、セブ島定番のお土産「I ♡CEBU」Tシャツやバッグなどを購入できます。レイアウトの可愛い店内で、旅の思い出となるお土産をゲットしましょう。着て帰るのもいいかもしれませんね。