1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ルクセンブルク
  4. ルクセンブルク
  5. ルクセンブルグ・フィンデル空港

ルクセンブルグ・フィンデル空港行きの格安航空券

ルクセンブルグ・フィンデル空港の画像

画像の出典元 commons.wikimedia.org

正式名称Luxembourg Intl Airport (Findel)(Luxembourg Intl Airport (Findel))
空港コードLUX
ルクセンブルグ・フィンデル空港発の航空券情報はこちら

ルクセンブルグ・フィンデル空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からルクセンブルグ・フィンデル空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。ルクセンブルグ・フィンデル空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

ルクセンブルグ・フィンデル空港行きの最安値を比較

ルクセンブルク市街地から東におよそ6kmの位置にある空港です。同国唯一の空港であるため運航は国際線のみとなっており、非常にコンパクトな造りとなっています。そんな小さなルクセンブルグ・フィンデル空港ですが、周辺のヨーロッパの主要都市と結ぶ空港となっており、EU内で取り扱っている貨物量も第5位となっています。 また、近くにはノートルダム大聖堂があり、訪れた際にはその美しい尖塔の中で癒されてみることをおすすめします。

オススメのルート

日本からの直行便はありません。ルクセンブルグへは国際線を経由するのが一般的な行き方です。パリやフランクフルトを経由する方法があり、パリからは約1時間、フランクフルトからは約45分で到着することができます。

日本から就航している航空会社

アリタリア-イタリア航空 ( ローマ/レオナルド ダ ヴィンチ フィウミチーノ経由)

フィンデル国際空港の規模、設備情報

近代的なターミナルには300万人の集客規模があります。国内唯一の空港で、国際線と貨物船のみ就航しています。

インフォメーション 地上階のエントランスホールの中央にあります。
落し物 地下一階の手荷物受取所と到着ロビーで遺失物の案内をしています。遺失物に関する連絡先は(+352)2456 5003 、 baggage.claim@luxair.lu になります。
Wi-Fi 無料のWi-Fiがあります。
両替/銀行 銀行は、地上階の右奥、登場窓口の向かい側にあります。営業時間は月曜から金曜の、8:30~13:00、13:00~17:00時です。
ラウンジ ターミナルAラウンジは地上階、セキュリティチェックエリアの後ろ側にあります。営業時間は、4:00~最終便出発(およそ20:30)までです。評価の高いラウンジで、ソフトドリンクサービスややアルコール類のサービス、新聞や雑誌などが利用可能です。

市街地やホテルへのアクセス

ルクセンブルク市街地への移動はバスがオススメです。ルクセンブルク中央駅前や旧市街地にある中央郵便局前から、さまざまな方面へバスが出ています。

バス

ルクセンブルク駅へは16、29番のバス路線を利用してください。片道2ユーロ、所要時間は約10分です。ただし毎週土曜日はバスの運賃がかからず無料で乗ることができます。平日はどちらの路線も10分、15分毎に運行していますが日曜日は116番の路線のみの30分毎の運航となりますのでご注意下さい。

タクシー

ルクセンブルクではタクシーを利用する際には事前予約をする必要があります。しかし、空港では赤いエンブレムの着いたタクシーのみ、事前予約無しで乗客を乗せることを許可されています。また、市内の駅までは約30ユーロから利用可能です。

フィンデル国際空港の搭乗手続き

それぞれの航空会社のカウンターにて搭乗手続きを行い、出国手続きを行いましょう。シェンゲン協定加盟国への出国の場合、空港における審査も通常は簡単になります。秋冬は霧の関係で、欠航や遅延もありますので注意しましょう。

空港周辺のホテル、空港のシャワー情報

空港にはホテルやシャワー設備はありませんが、空港から市街地にかけて様々なホテルが立地しています。観光プランに合わせてお選びください。

空港内のグルメ情報

最上階にあるレストランでは、滑走路や飛行機の離着陸を見ながら食事をすることができます。毎日朝5時から夜10時までと営業時間が長いのも安心です。また地上階のエントランスからみて右側にはスターバックスがあり、地下にはバーがあります。バーは搭乗手続き前と後の2箇所があります。

空港内のショップ情報

地上階に免税店が1つありますが2016年春には2つ目の免税店がオープンします。午前4時からその日の最終便の30分前まで営業していて、香水や化粧品、チョコレート、タバコ、ルクセンブルグ料理、ファッションアクセサリー、時計など種類豊富に販売されています。また、新聞や雑誌、書籍、タバコ、文具やお土産などを扱う店もあり、旅で必要となるものはほとんど手に入れることができます。