1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ルクセンブルク
  4. ルクセンブルク

ルクセンブルクの概要

ルクセンブルク

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードLUX
人気の航空会社
  • ルフトハンザドイツ航空
  • 日本航空
  • 全日空
飛行時間13~15時間
ルクセンブルク発の航空券情報はこちら

ルクセンブルクまでは飛行機でおよそ13~15時間で行くことができます。ルクセンブルクの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてルクセンブルク旅行を有意義に楽しみましょう。

ルクセンブルク行きの最安値を比較

独仏を結ぶ絶壁の要塞「ルクセンブルク」

神奈川県と同じくらいの国土しかないルクセンブルク大公国の首都ルクセンブルク。三方を崖に囲まれたかつての要塞都市は、世界でもっとも裕福な都市のひとつといわれています。ドイツ、フランス、ベルギー3国を行き来する際の通過点であり、移動にも便利。見どころは世界遺産の旧市街にほぼ固まっているため、観光も巡りやすいです。中央駅と旧市街を結ぶアドルフ橋から断崖の街を眺めれば、ルクセンブルクがヨーロッパでもっとも堅固な要塞の1つに数えられるのも納得でしょう。ちなみに、ルクセンブルク大公の住む大公宮は旧市街地にお屋敷のように構えられており、その門前ではさまざまな大公グッズが売られています。

ルクセンブルクの歴史

2つのローマ街道が交わる要衝であったことから、12世紀までには城壁で囲まれた都市が建設されていました。18世紀末のフランス革命戦争で包囲されたルクセンブルクは、7ヶ月にわたって持ちこたえ「北のジブラルタル」の異名をとりました。19世紀に大公国として独立したルクセンブルクは永世中立国を宣言しましたが、第一次世界大戦でドイツに占領されました。今では、EU統合の中核メンバーの1つに位置づけられています。

ルクセンブルクの経済

ルクセンブルク大公国は、一人当たりのGDP世界一の国として知られています。その理由は、人口に比して多方面に幅広く発達した産業にあるといえるでしょう。観光業はもちろんのこと、重工業や伝統工芸品、金融業にメディア産業と多岐にわたって発展しています。また、市街を一歩離れれば豊かな田園風景が広がり、農業もまたこの国の主要産業となっています。

ルクセンブルク行きの格安航空券について

現在、日本からルクセンブルク-フィンデル空港への直行便はありません。成田空港や関西国際空港からは、イスタンブール経由でトルコ航空を利用する格安航空券がおすすめです。また、中部国際空港からは上海、アムステルダムと2回乗り継ぎが必要ですが、中国南方航空の格安航空券もあります。ルクセンブルクからは、ドイツやフランス、ベルギーへも鉄道で入国できますので、これらの国々への最寄り空港としても利用が可能です。

ルクセンブルクの気候

ルクセンブルクは北ヨーロッパ内陸の山間に位置しているため、周辺諸地域と比べて一段と冷涼な気候。近隣他国に比べ、降水量は年間を通じてやや多めです。冬季は寒さが厳しいうえに曇りがちなので、旅行のベストシーズンは4月から9月上旬の春から夏にかけて。特に夏季は、気温も上がり過ぎず快適に過ごすことができます。

ルクセンブルクの主な交通手段

ルクセンブルクの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

ドイツやフランスへのアクセスに優れ、鉄道を使えば独仏だけでなくベルギーとも直接つながっています。旧市街周辺には鉄道はおろか地下鉄もトラムもなく、バスが唯一の公共交通機関です。ただ、旧市街は十分徒歩で巡れる大きさで、中央駅からも歩くことができる距離にあります。崖上の旧市街から崖下のグルント地区へは、無料のエレベーターもあるので利用してみましょう。

ルクセンブルク行き航空券利用者の声

成田↔ルクセンブルク 男性26歳

大学時代の友人に、日頃の仕事の疲れを癒すため海外旅行に行こうと提案を受け、計画を立てました。以前からヨーロッパに行きたいと思っていたので、行き先はルクセンブルクに決めました。出発は成田国際空港からだったので、成田へ着いたところで友人と合流しました。今回利用したのはトルコ航空。格安航空券でチェックインなどを無事終え、機内へと入りました。ちなみに、ルクセンブルクには乗り継ぎで行くので、まずはトルコのイスタンブールに向かいます。機内はきれいでCAさんの対応も良かったです。そして飛行機が飛び立ち機内食が出されましたが、こちらの機内食がなかなかの美味でした。そうして、飛行機は乗り継ぎ先であるイスタンブールのアタテュルク国際空港へ到着。かなり広い空港なので乗り継ぎ便に間に合うか不安でしたが、何とか間に合いルクセンブルクへと向かうことに成功しました。そして、ようやくルクセンブルクフィンデル国際空港へ到着!割とコンパクト感がある空港を出て市内へと移動し、ルクセンブルクの街並みを楽しみました。そして、帰りの日に空港へと移動し、最後にお土産を探して、行きと同じくトルコ航空の格安航空券で成田に帰国。乗り継ぎ失敗やロストバゲージなどの大きな問題もなく、時間いっぱい楽しむことができました。

関空↔ルクセンブルク 女性24歳

会社の仕事にストレスを感じ、どこかで羽を伸ばしたいなと思っていると、友人にヨーロッパのルクセンブルクに行かない?と誘われたので、すぐ行きますと返事をしました。そうして、旅行当日は関西在住ですので関西国際空港で集合し、ちょっと関空の中を見て回ってチェックインを済ますことに。そして、今回は乗り継ぎでルクセンブルクに向かうので、まずは、オランダのアムステルダムへ行きます。なので、航空券はKLMオランダ航空のものを利用。そちらの航空券でチェックインなどを済ませ、機内に入りました。機内は意外と広めで良い感じでした。そして、飛行機が出発しアムステルダムのスキポール空港へ到着しました。広い空港内ですが、案内板などが多く分かりやすかったので、乗り継ぎはそれほど迷わずできました。そして、KLMオランダ航空の飛行機に乗り込み、ややツンとしているCAさんがいるなともおもいながらルクセンブルクへ着くのを待ちます。その後、ようやくルクセンブルクフィンデル国際空港へ到着しました。空港を出るのにそれほど時間がかからずスムーズに行けたのがうれしかったです。その後、バスで市内へ移動し観光を楽しみました。そして、帰りの日となり空港へ移動し、行きと同じKLMオランダ航空を利用して帰国。割と海外もスムーズに行けると自信が持てた旅行でした。

成田↔ルクセンブルク 女性40歳

同窓会で久しぶりに会った友人と旅行に行こうという話が持ち上がり、何とそれが現実になりました。ヨーロッパの小国ルクセンブルクへ行くことに!そんなこんなで、旅行当日。成田国際空港で待ち合わせをして、成田もきれいだねと言いながらチェックインを行います。そして、今回は乗り継ぎでルクセンブルクに向かいますので、まず乗り継ぎ先であるオランダのアムステルダムへの飛行機に乗り込みます。ですので、航空券はKLMオランダ航空を利用してチェックインを済ませました。その後機内へ移動し、乗り心地が意外と悪くないと思い、さらに期待していなかった機内食も良かったという印象でした。
そうして、飛行機はアムステルダム・スキポール空港へ到着。世界中の旅行者が高い評価をしているだけあって利用しやすい空港でした。その後、乗り継ぎ便で待ちに待ったルクセンブルクに到着!ルクセンブルクフィンデル空港は、それほど広くないので、迷うことはほとんどないでしょう。そして、両替は市内の銀行の方がレートは良いと聞いていたので、空港では必要最低限に抑えて、タクシーで市内に移動しました。その後、観光を楽しみ、ついに帰りの日となりました。嫌だと言っても帰らなければいけないので、空港へ移動しスムーズに行きと同じKLMオランダ航空の航空券で戻ってきました。久しぶりに童心に帰れた旅でした。

ルクセンブルク旅行 よくあるFAQ

片道航空券と往復航空券はどっちがお得?

一般的に片道航空券より往復航空券の方が割引がされやすく、お得となりやすいです。しかし、往復航空券を購入し、片道しか利用しないのは違反となりますのでお気を付けください。

チェックインは何時間前からした方が良いの?

チェックインは2時間前までに空港に到着して行うようにしてください。混雑しているとかなり時間がかかってしまう場合があります。

機内で入国カードなどは配られるの?

多くの場合、機内で入国カードなどが配られます。なので、記入するためのペンを持って行くことをおすすめします。また、入国カードなどの記入の仕方が載っている観光雑誌があれば、より便利です。

空港で荷物がいっぱいになり、自宅に荷物を送りたい場合はどうすればいいの?

空港専属の運送会社が各空港にはある場合が多いので、そちらを利用してみてください。詳しくは空港のウェブサイトをご覧ください。