1. トップ
  2. アフリカ
  3. ザンビア
  4. ルサカ

ルサカの概要

ルサカ

画像の出典元: Michael Sean Gallaghe

人口-
都市コードLUN
人気の航空会社
  • 南アフリカ航空
  • エチオピア航空
  • エミレーツ航空
飛行時間17~20時間
ルサカ発の航空券情報はこちら

ルサカまでは飛行機でおよそ17~20時間で行くことができます。ルサカの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてルサカ旅行を有意義に楽しみましょう。

ルサカ行きの最安値を比較

経済の発展が著しいザンビアの首都「ルサカ」

アフリカ・ザンビア共和国のほぼ中央に位置する首都ルサカは、国内最大の都市です。最近では中国のルサカ進出により大きなショッピングモールが建設されるなど、経済の発展が目覚ましい都市。一方でルサカには豊かな自然も残っているため、野生動物を観察できるサファリ体験も人気を集めています。更に「カブワタ文化村」ではザンビア特産の銅製品をはじめ、アクセサリー類や木彫りの販売をする露店が立ち並んでいます。実演もあり全て手作りのため、交渉次第ではかなり安く高品質のものを買うことができます。このようにルサカは観光客が惹かれるスポットが多くある都市なのです。

ルサカの歴史

1935年に北ローデシアの首都であったルサカは、1964年に独立したザンビアの首都となりました。またルサカ市内にはザンビアの初代大統領であるカウンダ氏が独立闘争時代に使用していたとされる住居が残っており、現在は博物館となっています。過去に2度も焼き討ちにあったことがあり、闘争時代のすさまじさを垣間見ることができます。

ルサカの経済

ルサカは観光業が盛んなため見どころ満載です。「ワニ園」ではワニやヘビの飼育のみならず釣り堀を楽しむことも可能。さらにはワニ肉を食べることもできます。そしてザンビア最大の博物館である「国立博物館」ではザンビアの歴史に留まらず、各地方の伝統工芸や行事等が紹介されているため、観光客に人気の場所となってます。

ルサカ行きの格安航空券について

日本からルサカへの直行便はありませんので、乗り継ぎが必要となります。中東やアフリカの各都市を経由するルートが一般的。特にリーズナブルな航空券をお求めの方には、ドバイ経由で行くエミレーツ航空が良いでしょう。こちらは乗り継ぎも1都市のみですので、時間重視の方にもおすすめです。詳細はスカイチケットのホームページにてご覧になれます。

ルサカの気候

標高1300mにあるルサカは、比較的過ごしやすい気候といえます。乾期にあたるのは5月~10月頃。その中でも涼しい6月~7月頃の朝晩には日本でいう初冬のような気候になるため上着が必要です。一方、乾季の中でも暖かい9月~10月頃は、日本の5月頃の陽気で平均気温は24度程度です。また年間の雨量の80%が11月~3月頃の雨期に集中しています。

ルサカの主な交通手段

ルサカの主な交通手段

画像の出典元: 

ルサカにあるルサカ国際空港から市内へのアクセスにはタクシーの利用が可能です。またルサカ市内の移動には、タクシー、または相乗りバンが便利です。タクシーの利用の際には青い色の車体に赤色のナンバープレートが付いている正規タクシーを利用するようにしましょう。ほとんどのタクシーにメーターがついていませんので、小銭の用意をして乗る前に値段の交渉をした方が安心です。

ルサカ行き航空券利用者の声

成田↔ルサカ 43歳男性

会社の出張でアフリカのザンビア・ルサカまでいってきました。首都のルサカが、近年経済成長がめざましく今後発展を続ける国として既に中国が進出を始めています。僕は初めてのアフリカですが、英語が通じるとのことで言葉に関しては安心です。航空券は便利なインターネット検索をして購入しました。上司が長時間のフライトになるのをしって、なんとビジネスシートへのランクアップを許可してくれたためビジネスでの飛行機利用でした。仕事終わりに成田空港へ直接向かい搭乗手続きをしましたが、ビジネスクラスでは搭乗手続きから異なるためそのサービスの違いに驚きました。また初めてラウンジも使わせていただきましたが大変便利ですね。もう少し仕事を早めにあげて来ればよかったです。フライトはもちろんシートも心地よく、長い時間にも関わらず全く疲れませんでした。行き帰りともにエミレーツ航空を利用しドバイ経由でいきましたが、機内サービスもやはりビジネスクラスは倍の対応なきがします。到着前に少し資料に目を通し、現地で取引先とあいました。移動は主にタクシーでしたが、利用しやすかったです。あっという間に仕事や会議、施設で滞在時間がおわり帰りの空港へ。いつものように料金を確認してからタクシーに乗車。短期間滞在でしたが、少しこちらの様子にも慣れました。その後はまたビジネスで搭乗。機内で仮眠をとりつつ、少し残っていた仕事も終わらせることが出来ました。

成田↔ルサカ 29歳女性

毎年1回は海外旅行に出掛けるほどの旅行好きな私ですが、今回はザンビアの首都ルサカへ行ってきました。毎回検索する格安航空券サイトで格安航空券を検索し、時間と値段を比較して予約しました。選んだ航空会社は全てエディハド航空で両方アブダビ空港、ケニア航空でジョモケニヤッタ経由でのルサカ行きです。以前エミレーツ航空で、とても乗り心地がよかったのですが、今回は違う航空会社なのでどうかなと思っていました。アブダビにも降りてみたかったというのもあります。早めに空港へ到着し搭乗手続きを済ませました。荷物が少なければバックパックで行きたいのですが、今回はスーツケースを利用。搭乗待ちでは免税店を少し見て回りましたが、どれも魅力的で物欲を抑えるのが大変でした。搭乗後は、機内映画をみたり機内食を楽しんだり、快眠をとったりと案外早く到着しました。乗り継ぎ時はなるべく動くようにして飛行機内では睡眠を中心に行ったので身体のだるさは少し避けられました。心配していた時差ボケも多少ありましたがそれほどひどくなく、到着後の観光をスムーズに予定通りできました。野生動物もみれるのでツアーにも参加、自然の素晴らしさを予め体感しました。また中心地には大きな商業施設もあり、野生動物や自然があるなかにこの様な大きな施設があることに驚きと、まだ違和感を感じましたがこれが発展というのかなと少し考えていました。おみやげは民芸品を購入し、今回も満足な旅になりました。

成田↔ルサカ 50歳男性

世界の博物館や美術館へ行くのが夫婦の趣味で、今年は思い切ってアフリカのザンビア首都ルサカまでいってきました。航空券は娘に教わりネットで予約、乗り換えや時間が少ない物を選び、エミレーツ航空を利用することになりました。成田からは夜発だったので仕事後に娘に送ってもらい、搭乗手続きをすませ待機。待機時間、妻は辺りの免税店に目を輝かせていました。無事なにも買うこと無く搭乗できましたが、女性にはやはり免税店を見て回るのは楽しいのでしょうね。エコノミーシートでの長時間フライトだったので疲れや時差ボケ等きになりましたが、意識して機内でも動いたり時間に併せて仮眠を取ったりすることで何とか最小限に不安を抑えることが出来ました。毎回楽しみにしている機内食も、美味しい物ばかり。しっかりと軽食まで全て頂きました。現地到着後は、ホテルまでタクシーで移動し少し休憩。その後予約してあったサファリツアーへ参加し初日が終了。翌日から目当ての博物館へ行き、時間をかけて存分に楽しみました。初めての環境も、言語が英語で通じることは大変旅がし易いと思います。片言の英語でもそれなりに通じるので、少しまた自信がつきました。あっという間にルサカ滞在も終わり空港へ、少し名残惜しいくらいでした。おみやげに伝統品も購入し満足。帰りも同じエミレーツ航空を利用し同じドバイ経由だったので気持ちも少し楽でした。

ルサカ旅行 よくあるFAQ

スーツケースは機内に持ち込めますか?

機内持ち込みサイズや重量制限以内のものであれば持ち込めます。各航空会社によって規定が多少異なりますのでご利用に為る航空会社のホームページでご確認ください。

出国検査にはどのくらいの時間がかかりますか?

混雑具合にもよりますが、搭乗時間の2時間前には空港についていることを推奨されています。

未開封のペットボトルは持ち込みできますか?

出国検査前は出来ませんが、出国検査に売店で購入したものは持ち込み可能です。

オンラインチェックインとはなんですか?

フライトの前日から主に開始しているオンライン上での搭乗手続きのことです。開始時間は航空会社によって異なる場合があります。