1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ラトビア

ラトビア旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Latvia

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/omx-%E3%83%AA%E3%82%AC%E6%97%A7%E5%B8%82%E8%A1%97-%E8%A1%97%E3%82%92%E8%A6%8B%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%99%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E7%9C%BA%E3%82%81-gm506201826-84101707?st=2c61534

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称ラトビア共和国
人口約200万人
首都リーガ
国コードLV
言語ラトビア語(全住民の3割弱がロシア系のため、ロシア語も幅広く使われています)
国番号(電話用)371
ラトビア発の航空券情報はこちら

ラトビアまでは飛行機でおよそ12~13時間で行くことができます。ラトビアの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なラトビア旅行を楽しみましょう。


ヨーロッパの北東に位置し、ロシアと接しています。ロシアのモスクワや中央ヨーロッパ諸国から、飛行機で約1時間の距離です。また、バルト海を挟んで向かい側には北欧があり、こちらからのアクセスも良好。リトニア、エストニアと共にバルト三国と呼ばれています。3国のなかでは真ん中に位置しています。

ラトビア行きの最安値を比較

  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (大阪国際空港(伊丹))発
  • 名古屋 (中部国際空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からラトビアへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からの直行便はないので、乗り換えが必要です。トータルの飛行時間は11~14時間程度。ヨーロッパの都市からラトビアのリーガへのフライト所要時間は短く、便利です。例えばヘルシンキやストックホルムからは1時間程度で、ベルリンからは1時間半と2時間以内で移動可能。また、ロンドンやパリからは3時間程度、オランダのアムステルダムからは2時間15分で到着します。

日本との時差

ラトビアと日本との時差は7時間で、日本時間からマイナス7時間です。つまり日本の正午が、現地では午前5時。サマータイム実施中は6時間の時差に縮まります。ラトビアでのサマータイム実施期間は3月の最終日曜午前2:00~10月の最終日曜午前3:00です。

ラトビアにおけるビザ・入国手続きについて

観光目的の場合、あらゆる180日で計90日以内の滞在だとビザは不要。パスポートの有効残存期間は出国時に3ヵ月以上が必要です。なお、ラトビアでは海外旅行傷害保険の加入が義務付けられています。入国審査時にパスポートを提示しましょう。出国の航空券を持参することも忘れずに。ラトビアはシェンゲン協定に加盟国しているため、協定内の国に一度入国すると他のシェンゲン域に入る際の手続きは必要ありません。

ラトビアの気候について

暖流の影響で、高緯度ですが比較的寒さが緩やかです。ですが、厳寒時には-20℃以下になることも。旅をするなら5~8月の夏季がベストシーズンです。

ラトビアの免税について

免税店でお買い物した際に、パスポートを見せて免税書類を作成してもらいましょう。出国時に税関で免税スタンプを押してもらい、払い戻しカウンターで払い戻し金を受け取ります。受け取り方法は、現金・クレジットカード・銀行小切手などが選択可能。

必要最低払い戻し購入額 44ユーロ
VAT税率 21%、12%(食品・書籍・薬品・子供用品など)
払い戻し率 16%、6%(食品)
税関スタンプ受領期限 購入月末日から3か月以内
免税書類申請期限 書類発行日から1年以内
免税条件
  • レシート原本添付要。
必要な税関スタンプ ラトビア、またはEU圏最終出国税関
特記事項

ラトビアの通貨とチップ

画像の出典元: en.wikipedia.org

通貨について

ラトビアの通貨単位はユーロ。補助通貨単位はセントです。紙幣は500、200、100、50、20、10、5ユーロの7種類。硬貨は2、1ユーロと50、20、10、5、2、1セントです。

チップについて

旧ソ連邦の1つなのでチップの習慣はとくにありません。ですが、観光化が進むにつれチップも受け入れられるようになってきています。一般に、カフェなどで食事をした時に料金プラス€1前後になるような端数のないお金を置いていくとスマート。レストランなどでは総額の10%程度とされていますが、もちろん気持ち次第で増やしても大丈夫です。

旅のお役立ち情報

ラトビアのコンセント形状はtype-e

ラトビアの電圧とコンセント

電圧220V、周波数50Hz。日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。プラグはCタイプが一般的です。

77

ラトビアのネット環境

多くのホテルやサイ ンのある公共の場所でWiFiが利用可能です。ラトビアのインターネットは世界で5番目に早く、モバイル・インターネットは固定回線のインターネットと同じか、それよりも早いスピード。快適に利用できそるでしょう。そして、旅行者に人気のモバイル・インターネットは、ラトビアの98%の地域で利用可能です。

103

ラトビアの飲料水

水道水は汚染はされていないものの、パイプが古くなっている場合があるので、生で飲むことはオススメできません。また、ラトビアの水道水はカルシウム分を多く含んでおり、硬度が高め。また、ペットボトル入りのミネラルウォーターは炭酸ガスが入ったものが多いです。普通の水を飲みたい場合は、「Negazets」と表示のあるものを購入しましょう。

文化・宗教・マナーについて

ラトビアの文化

ラトビアは東西・南北の街道が交わる地で、他国の伝統が合わさって風土が培われてきました。そして、独特の文化や環境を創りだしている、世界的にも珍しい国です。次にラトビアの国民性ですが、親切で陽気。観光客にもオープンで、すぐに仲良くなれます。周辺諸国に支配されていた歴史があるラトビア人は、歌と踊りを通じて民族のアイデンティティーを確かめてきました。中でも「ダイナス」という4行詩の民謡は、今でも大切に歌い継がれています。

ラトビアの宗教

プロテスタント(ルター派)、カトリック、ロシア正教

ラトビアのマナー

街中や駅、バスターミナルなどにある公衆トイレはほとんどが有料で、料金は1回20~30セント程度。紙は、料金所そばにある紙を自分でちぎって持っていくスタイルがほとんどです。便器そばに籠がある場合、紙は流せないということなので注意しましょう。

ラトビアの食文化

画像の出典元: ja.wikipedia.org

ラトビア料理は、ドイツやスウェーデンなどかつての統治国や近隣国の影響が今も残っています。郷土料理で有名なのはズィルニという、茹でた豆にタマネギとベーコンを載せた料理や、肉のグリルに茹でたジャガイモや豆類を付け合わせにしたものなど。いずれも素朴でシンプルなメニューが多いです。日常生活では、ミートコロッケ、ポークリブなどの肉料理から、蒸したザウアークラウトや野菜サラダ、焼きポテトのサワークリーム添えなどの野菜を使った料理、魚料理をよく食べます。ディルやキャラウェイなどのハーブ類をパンやチーズ類の風味付けに使うのもラトビア風。また、ラトビアでは外食に行く人が多く、栄養満点のラトビア料理を楽しんでいます。

ラトビアの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

ラトビアの主要観光地

首都のリガや、深い味わいのある歴史を感じることのできるリガ旧市街が有名。大聖堂や聖ペトロ教会、パールダウガヴァの木造建築、アールヌーボー様式の建築物など数多くの見どころがあります。また、リガ郊外には500kmにもわたって続く砂浜や手付かずの森林、川、湖などもあり、人気の観光ルートとなっています。のんびり過ごせる観光コースを例にあげてみると、コルカやガ ウヤ国立公園を散策や、サビレ近くのアバヴァ川流域を訪れてみてはいかがでしょうか。また、ラトガレを楽しみたい方は、ダウガヴァロキ地域を流れるダウガヴァ川沿いの周遊をお薦めします。ラトビアには文化的で歴史的な遺産がたくさんあります。

ラトビアの世界遺産

世界遺産は、「ラトビア地域のシュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」や「リガ歴史地区」、「ルンダーレ宮殿」があります。

ラトビアのお土産について

ラトビアの手工芸品がおすすめです。例えば、銀や琥珀のジュエリー、ニットのソックスや手袋などが代表的。その他にも銅器の花瓶や燭台のポットなどもあります。

ラトビア行き航空券利用者の声

成田⇔リガ 27歳男性

バルト三国にいつかは行ってみたいと思っていましたが、マイナー過ぎて一緒に行ってくれる人が見つからず。そんな時に格安航空券を見つけてしまいました。成田からフィンランド航空でヘルシンキに行って乗り継ぎでラトビアの首都リガに行く便です。ほぼ同じ値段でエストニアのタリン行きの便もあったので迷いましたが、街の中に300以上のアールヌーボ建築があると知り、リガに決定です。この航空券を選んだ理由は安かったのと、帰りにヘルシンキでほぼ1日の乗り継ぎがある事です。せっかくだから行った事がないヘルシンキも観光できるなんてラッキーです。ヘルシンキまでの10時間半は機内食を食べて映画を見て、まったりしていたら軽食が出てきて、到着したって感じるくらいにあっという間でした。あまり知らなかったのですが、女性に人気のマリメッコというブランドがコラボしているので、紙コップや紙ナプキンなどもマリメッコ柄だそうで、隣に座っていた女子大生が喜んで写真を撮っていました。機内食は男にはちょっと少ないかも知れません。ヘルシンキの空港は案内も分かりやすく、迷う事もなく乗り継げました。リガでは、アールヌーボー式な彫刻が付いた建物の多さに驚き、かなりの写真を撮って歩きました。本当に美しい建物が多かったです。ラトビアはホテル代もレストランも安いので、旅行しやすい国だと思います。最後に立ち寄ったヘルシンキとの物価の違いに驚きました。今度はエストニア、リトアニアにも行ってみたいと思っています。

成田⇔リガ 34歳女性

バルト海の真珠、バルト海のパリ、などの名でヨーロッパの旅行者から人気上昇中だというラトビアの首都リガ。旧市街全体が世界遺産に指定されていると聞き、日本人にとっては知名度のないラトビアという国に行ってみようと思いました。いつもお世話になっている格安航空券、調べてみると安い!そして飛行機大好きな私にとって初めて乗る航空会社だったので、迷わず予約。いつも思い付きで旅をするので一人旅が多い私ですが、今回は何故か母が一緒に行きたいと言い出したので久しぶりに親子の旅です。成田から乗ったのは2016年1月に就航したばかりの、LOTポーランド航空です。ポーランドに行った事がないので興味津々、楽しみにして口コミなどもあえて見ないで成田に向かいました。座席が3-3-3の配列だったので、真ん中の3列をお願いしたら、空席があるという事で真ん中をブロックしてくれたので、2人で3列が使えてとても助かりました。機内食、機内サービスは正直に言うと普通。でもポーランド人の方を見たのも初めて、ポーランド語を聞いたのも初めてだったので単純に嬉しかったです。乗り継ぎ時間が短かったので、ワルシャワの空港をブラブラする時間がなかったので残念でした。ワルシャワからリガまでは1時間20分、お菓子とミネラルウェーター以外はコーヒーですら有料なのでびっくりしましたが、短時間だったので問題なし。リガの街は、想像以上に可愛くてお洒落なお店が多くて意外でした。旧市街の中に宿を取り、毎日街を歩きまくって教会や博物館、美術館をくまなく見て回りました。今回はリガだけでしたが、機会があればラトビアという国をぐるっと回ってみたいです。

成田⇔リガ 42歳女性

世界遺産を巡るのが好きで、特にヨーロッパの古い町並みが大好きな私。友人からバルト三国のラトビアが美しいと聞いてネットで見てみたらどうしても自分の目で見たい、首都リガの街を歩きたいと思いちょっと弾丸でしたが、遊びに行ってきました。ちょうど航空券のハイシーズンだったので格安とまではいきませんが、時間がないので、できるだけ乗り継ぎがスムーズ、つまり早く到着する便を探して見つけたのが、JALで成田からヘルシンキまで行って、乗り換えて首都のリガに行くフライトでした。同じJALで行ってヘルシンキで18時間の待ち時間!の便だと2万円安かったのですが、弾丸なので断念。時間があればヘルシンキで一泊するのも魅力でした。今回のJAL便は座席が2-4-2列。2人旅にはピッタリですが、私のような女性一人には悩むチョイスです。機内食は美味しくてエンタメも新作の映画もあり、やはりJALは日本人には向いていると実感しました。ヘルシンキからリガまではフィンランド航空とフライナスのコードシェア便でした。フライナス?一度も聞いた事がなかったので調べたら、何とサウジアラビアの航空会社!でも機材はフィンランド航空だったのでサウジアラビアの雰囲気などは皆無でした。リガの旧市街では、ソ連支配下に建てられたアールヌーボーの建物が美しくて、そのデザインが面白くて上ばかり見て歩いていました。意外だったのはラトビアのお料理。どれも手が込んでいて安くて美味しい。すっかりはまってしまいました。現地3泊の弾丸でしたが、とても充実した楽しい旅でした。

ラトビア旅行 よくあるFAQ

フィンランド航空で特別食を頼みたいのですが?

特別食は、フィンエアーが運航するすべての長距離路線、およびヨーロッパ線のビジネスクラスでお申し込みいただけます。特別食をご要望の場合には、オンラインの(予約の管理)サービスからご注文ください。ご注文は出発の24時間前までにお願いいたします。

フィンランド航空の座席予約は、出発のどれくらい前からできますか?

座席の予約は、航空券の販売が開始されると同時に可能になります。finnair.comでは11か月前から航空券をご購入いただけます。

ラトビアの観光ベストシーズンは?

5月から9月頃が過ごしやすく観光客が多く訪れます。

ラトビアでは英語は通じますか?

公用語はラトビア語ですが、ホテルや都市部では通じます。