1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. リトアニア

リトアニア旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Lithuania

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%B9-prechistenskiy-%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82%E3%81%AE%E7%9C%BA%E3%82%81%E3%81%A8%E6%95%99%E4%BC%9A%E3%81%AE%E8%81%96%E3%82%A2%E3%83%B3-gm485315314-71870649?st=4c8a57e

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称リトアニア共和国
人口295万人
首都ヴィリニュス
国コードLT
言語リトアニア語(ただし、国民の80%以上がロシア語を話せます)
国番号(電話用)370
リトアニア発の航空券情報はこちら

リトアニアまでは飛行機でおよそ12~13時間で行くことができます。リトアニアの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なリトアニア旅行を楽しみましょう。


リトアニアはバルト海に面するバルト三国のひとつで、3か国のなかではもっとも南にある国。また、国土面積65,200平方キロメートルと1番広大です。西にロシアの飛び地カリーニングラード州があるため、バルト3国のなかではロシアとの政治的関係がもっとも複雑な国です。

リトアニア行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からリトアニアへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からリトアニアへの直行便はありません。モスクワやワルシャワ、ヘルシンキなどのヨーロッパの空港を経由して向かうのが一般的。早くて16時間ほどで到着します。また、バスや鉄道を乗り継いで向かうことも可能です。

日本との時差

サマータイム期間外の日本とエストニアの時差は-7時間です。サマータイム期間中の時差は-6時間。サマータイムが始まるのは3月の最終日曜日で深夜2時から3時に進み、10月の最終日曜の深夜3時から2時に戻ります。

リトアニアにおけるビザ・入国手続きについて

観光目的であらゆる180日のうち90日以内の滞在であれば、ビザは必要ありません。パスポートの有効残存期間は、出国時に3カ月以上あるか確認しておきましょう。また、入国の際には海外旅行傷害保険の加入義務があります。 入国審査の際に加入証の提示するように求められることがあるので、原本(コピー不可)を携行しましょう。入国審査の際は係官にパスポートを見せましょう。リトアニアはシェンゲン協定の加盟国ですので、一度協定内の国に入国すれば、他のシェンゲン域に入る際の手続きは不要です。

リトアニアの気候について

5月ごろから急激に気温が上がり、9月まで最高気温が30℃を超える日が続きます。逆に10月ごろから急激に気温が下がり、4月ごろまで最低気温が-20℃を下回る日がでてきます。そのため、衣服などの寒暖対策は十分に行っておきましょう。白夜の影響で夏は長い日だと明るい時間が22時頃まで続き、冬は早い日だと16時ころには暗くなります。

リトアニアの免税について

免税対象の店舗でお会計した際、パスポートを提示して免税書類をもらいます。EU最終出発国の空港で承認印を押してもらい、払い戻しカウンターで、現金・クレジットカード・小切手のいずれかで還付金を受け取りましょう。

必要最低払い戻し購入額 55ユーロ
VAT税率 21%
払い戻し率 9.2~13.5%
税関スタンプ受領期限 購入月末日から3ヶ月以内
免税書類申請期限 期限なし
免税条件
  • 未使用
必要な税関スタンプ リトアニアまたはEU圏最終出国税関
特記事項 レシート原本添付要

リトアニアの通貨とチップ

画像の出典元: en.wikipedia.org

通貨について

リトアニアはEUの共通通貨ユーロを使用しています。2014年までは自国通貨であるリタスが使われていましたが、2015年から切り替わりました。

チップについて

リトアニアはチップの習慣がありません。ただし現在は観光地化が進んできているので、よいサービスを受けた際に心付けで渡すのが良いでしょう。

旅のお役立ち情報

リトアニアのコンセント形状はtype-e

リトアニアの電圧とコンセント

リトアニアの電圧は220Vです。日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。コンセントプラグの形状はCタイプです。

77

リトアニアのネット環境

リトアニア都市部のインターネット環境は良好です。多くの場所で利用することができます。

103

リトアニアの飲料水

リトアニアの水道水は硬水で、日本人の飲用には向いていません。ミネラルウォーターの購入をおすすめします。ただし、炭酸水がよく飲まれますので、購入の際は注意しましょう。

文化・宗教・マナーについて

リトアニアの文化

リトアニアの文化で有名なのは音楽と踊りです。4年に1度、国民の半数以上が民族衣装で参加する「歌と踊りの祭典」は世界的にも有名なイベント。弦楽器や管楽器もよく目にします。民族音楽と一緒に楽しむことができるでしょう。

リトアニアの宗教

おもにカトリック教会が信仰されており、リトアニア人口の約80%ほどになります。他の宗教もありますが、どれもごく少数の割合になります。

リトアニアのマナー

公衆トイレのほとんどが有料です。料金所のそばに紙があることもあるので、入る前に必ずチェックをする必要があります。男性用は「V(Vyras)」、女性用は「M(Moteris)」と表記されます。公共の建物内や喫煙所の内場所での喫煙は厳格に禁じられています。喫煙してもよいかどうかを必ず確認しましょう。

リトアニアの食文化

画像の出典元: flickr.com

リトアニアの国民食の一つ、シャルティバルシュチは夏によく食される冷たいスープです。ビーツ由来の鮮やかなピンク色のスープが特徴で、一度見ると忘れられない料理です。食文化そのものは北欧と同じで、ジャガイモや乳製品、黒パンや豚肉などが頻繁に使われています。特にジャガイモは様々な調理方法で多くの料理に使われています。飲み物では蜂蜜酒が有名。蜂蜜酒に限らず、ロシアに近いこともありアルコール度数の高い蒸留酒が多いので、お酒好きには魅力的です。

リトアニアの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

リトアニアの主要観光地

リトアニアの首都ヴィリニュスは、バルト三国で唯一内陸にあります。これは、最盛期には黒海にまで勢力が及んでいたリトアニア公国の名残で、渓谷の旧市街にはゲティミナス塔や聖アンナ教会、夜明けの門、生神女就寝大聖堂などの歴史的建造物が立ち並んでいます。ヴィリニュスから28kmほど離れたトラカイにあるガルヴェ湖の島の上には、もう1つの観光名所トラカイ城が浮かんでいます。建設当時はリトアニアの要衝として欠かすことのできない場所でした。またリトアニアではカトリックを信仰している人が多く、なかでも「十字架の丘」は重要な巡礼地の一つとなっています。ここには数万を超えるおびただしい数の十字架が建てられており、起源についてはよくわかってはいませんが、100年以上も前からあるそうです。

リトアニアの世界遺産

リトアニアには、「ヴィリニュスの旧市街」と旧石器時代から中近代までの遺跡が見られる「ケルナヴェの考古遺跡」の2つの世界文化遺産があります。また、無形文化遺産「リトアニアの十字架の手工芸とその象徴」に登録された「十字架の丘」が、リトアニア北部のシャウレイにあります。文字通り約5万本ほどの十字架が丘一面に並んでおり、その光景に圧巻されます。十字架だけでなくリトアニアの英雄の彫刻やイエスキリスト像などもありますが、誰でも自由に出入りし、十字架を建てることができます。

リトアニアのお土産について

リトアニアは世界有数の琥珀の産出地です。とくにアクセサリー類は定番のお土産です。蜂蜜の名産地としても知られていることから、蜂蜜はもちろん蜂蜜酒や蜂蜜漬けなどの加工食品、ハニーキャンドルなどもよく選ばれています。

リトアニア行き航空券利用者の声

成田空港⇔ヴィリニュス国際空港 26歳男性

仕事の都合でリトアニアへの出張が決まり、格安航空券を手配して飛行機を予約しました。個人的にトランジット回数はできるだけ減らすことを重視していたので、航空会社などはこだわらずにルートを探していると、トルコ航空を利用してアタテュルク国際空港経由でリトアニアへ向かうとトランジットが一回で済む経路を見つけたので、早速購入しました。成田空港からアタテュルク国際空港までは12時間を超える長いフライトだったため、しっかりと体を休めることができるのかとても不安でした。しかし意外にも広いスペースが確保されている座席や、離陸が夜だったこともあり、しっかりと睡眠をとることができたのでよかったです。アタテュルク国際空港では少々トランジット時間が空いていたのですが、軽めの食事をしたり少し空港内を散策しているとあっという間に時間が過ぎました。ヴィリニュス国際空港はリトアニアの首都ヴィリニュスから約7kmという近さが魅力となっており、レールバスと呼ばれる電車のような公共機関でわずか10分足らずで空港から市街地まで到着することができました。ヴィリニュスの中でも世界文化遺産に登録されている旧市街は特に見所が多く、日本とは異なった街の雰囲気を楽しみながら散策しているだけで十分楽しめる街となっています。今回は仕事の関係でしっかりと観光スポットを巡ることはできなかったのですが、おそらく来年もまたリトアニア出張が予定されていますので、是非立候補したいと思います。

福岡空港⇔ヴィリニュス国際空港 29歳女性

夫と旅行を計画しており、今までグアムやパラオなどの南の島が多かったので、今回はヨーロッパ方面へ行こうということになり、いろいろ検討した結果リトアニアへ行くこととなりました。リトアニア旅行が決まった次の日にはすでに格安航空券を探していたのですが、地元である福岡空港からトランジット一回で首都ヴィリニュスの近郊にある空港に行くことができるフライトを見つけることができましたので、すぐに手配しました。福岡空港からフィンランド航空を利用してヘルシンキ・ヴァンター国際空港へ行き、トランジットでヴィリニュス国際空港まで向かう経路です。福岡空港からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは10時間を超えるフライトだったためさすがに疲労は溜まりましたが、機内食は美味しくサービスの質が高かったのは満足です。リトアニアではまず首都ヴィリニュスの世界遺産でもある旧市街を散策し、聖ペトロ・パウロ教会や聖アンナ教会などを見学しました。その後場所を移して湖に囲まれた、トラカイの中でも最も有名な観光スポットであるトラカイ城や、西端にあるニダ付近のクルシュー砂州など、様々なスポットを巡ることができました。リトアニアでの移動手段は電車やバスなどの公共交通機関が充実しているので不自由しませんでしたし、物価も安いのでショッピングも楽しむことができました。一週間ではリトアニアのすべての観光スポットを巡ることはできていないので、是非また訪れたいです。

成田空港⇔ヴィリニュス国際空港 30歳女性

リトアニアへの出張が決まり、同僚と二人で初の海外出張をすることになったので、まずは格安航空券を探しました。二人とも海外旅行すらあまりしたことがない初心者だったので、なるべくトランジット回数が少ないことと、日本の航空会社を利用できることにこだわって航空券を調べていました。すると成田空港からJALでヘルシンキ・ヴァンター国際空港まで向かい、トランジット一回でヴィリニュス国際空港に到着するというルートが残っていたので、その航空券をすぐに手に入れました。成田空港からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは約10時間の長いフライトになりましたが、さすが日本の航空会社なだけあってサービスの質も高ければ機内食も美味しくいただくことができ、快適な空の旅を堪能することができました。欲を言うならばもう少し座席間のスペースが広ければいいのにと思いましたが、エコノミークラスですのである程度しょうがないと割り切る必要がありますね。人生初のトランジットはフィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港でしたが、拍子抜けするくらい簡単に済ますことができました。ヘルシンキ・ヴァンター国際空港からヴィリニュス国際空港は二時間もかからないほどのフライトだったので特に気構えることもなく、問題なく過ごすことができました。今回は全く観光を楽しめない海外出張でしたが、とりあえず何の問題もなく無事に帰国できたのが何よりです。

リトアニア旅行 よくあるFAQ

リトアニアでは英語は通じますか?

若い人には通じることが多いですが、フランス語の方が通じることが多いです。

リトアニアの観光のベストシーズンは?

6月から8月が過ごしやすい気候です。

ペットを連れていくことはできますか?

種類やサイズなどによって異なりますが、各航空会社が定めている条件をクリアしていれば機内へ持ち込むことは可能です。

航空券のキャンセルをすることはできますか?

航空券の種類や、出発までの残り時間によって異なります。また各航空会社が定めている条件によっても変動しますので、詳しくはご利用の航空会社にお問い合わせください。