1. トップ
  2. アジア
  3. スリランカ

スリランカ旅行へ行く前に確認するポイント

Democratic Socialist Republic of Sri Lanka

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%81%AE%E8%A1%97%E4%B8%A6%E3%81%BF-gm521180639-50669096

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称スリランカ民主社会主義共和国
人口約2050万人
首都スリジャヤワルダナプラコッテ
国コードLK
言語シンハラ語、タミル語
国番号(電話用)94
スリランカ発の航空券情報はこちら

スリランカまでは飛行機でおよそ10~11時間で行くことができます。スリランカの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なスリランカ旅行を楽しみましょう。


インドの南に浮かぶ島国で、北海道より少し小さな面積です。セイロン島ほぼ1島で成り立っている国で、1948年にイギリスから独立、1972年に国名をセイロンから現在のスリランカに改めました。

スリランカ行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 札幌 (新千歳空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発
  • 福岡 (福岡空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からスリランカへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からスリランカへ直行便が就航していて、コロンボまでは約10時間です。アジアの各主要都市を経由してスリランカに向かうルートもあります。この場合、所要時間は経由地によって異なります。

日本との時差

日本との時差はマイナス3時間30分。日本が正午の時、スリランカでは朝8時30分です。サマータイムはありません。

スリランカにおけるビザ・入国手続きについて

スリランカへ入国する際には、観光目的でもビザが必要です。条件は、パスポートの有効残存期間が6ヵ月以上あることと復路の航空券が予約済みであることです。30日以内の場合は短期滞在ビザを申請することができ、90日に延長することもできますが、日数によって申請料が異なります。現地の空港で取得できるほか、出発前にインターネットで申請することも出来ます。後者の方がやや安く取得できます。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があるので、渡航の際には大使館や領事館、もしくは旅行代理店等に確認することを推奨します。

スリランカの気候について

スリランカは、南西部と北東部で季節が異なります。南西部は4~6月、10~11月が雨季となり、12~3月が乾季です。北東部は10~3月が雨季で、5~9月が乾季となります。また、気温の差はありますが全島年間を通して高温です。北部や東部はやや乾燥しているのでコロンボ周辺よりは過ごしやすいでしょう。

スリランカの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 15%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

スリランカの通貨とチップ

画像の出典元: pixabay.com

通貨について

通貨単位はスリランカ・ルピーです。補助単位としてセントがありますが、デノミにより貨幣が流通することはあまりありません。紙幣は2、5、10、20、50、100、200、500、1000、2000、5000ルピーの11種類、硬貨は1、2、5、10ルピーと50セントの4種類があります。2、5ルピー札および50セント硬貨はほとんど流通していません。

チップについて

基本的にはサービス料として料金に含まれていることが多いので不要ですが、高級ホテルやリゾートホテルなどではポーターに50~100ルピーのチップを渡すこともあります。その他に、気持ちの良いサービスを受けた際には20~50ルピー程度を目安に渡しても良いでしょう。

旅のお役立ち情報

スリランカのコンセント形状はtype-b

スリランカの電圧とコンセント

電圧は230~240V/50Hzなので、日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。プラグ形状はBF型、B3型、B型です。マルチタイプのプラグがあると便利でしょう。

77

スリランカのネット環境

コロンボのバンダラナイケ国際空港には部分的にWi-Fiがありますが、速度はかなり遅いようです。キャンディやコロンボ市内のホテルや観光客の多い場所であればWi-Fiが使えるところが多いようです。しかし、日本と比べると通信速度は遅いです。安宿にはWi-Fiがないところも少なくないので確認が必要です。

103

スリランカの飲料水

生水は避け、必ずミネラルウォーターを購入することをおすすめします。ミネラルォーターでない水は、必ず沸騰させたものを飲みましょう。購入する際はキャップが未開封であることや、浮遊物がないかどうかを確認しましょう。価格は大きさにもよりますが、30~50ルピーほどです。

文化・宗教・マナーについて

スリランカの文化

スリランカには仏教やキリスト教、ヒンドゥー教などさまざまな宗教が信仰され、各々の戒律に対して敬虔な信者が多数います。宗教施設や遺跡を見学するときは、過度の肌の露出は控えましょう。ただし、聖域に踏み入れる際には脱帽して靴を脱ぐことを求められる場合も多いので注意しましょう。また、スリランカでは占星術がとても重要で、物事の決定によく占いを使います。上下関係が厳しいのもスリランカの特徴のひとつであります。

スリランカの宗教

仏教徒が約70%を占め、ヒンドゥー教徒が約10%、イスラム教徒が8%、ローマン・カトリック教徒が11%程です。

スリランカのマナー

スリランカではパブリックなスペースでの喫煙が禁止されており、罰金を取られる場合もあるので注意が必要です。とくに女性は飲酒や喫煙、ミニスカートやショートパンツはよろしくないという風習があるので、旅行の際には注意が必要です。

スリランカの食文化

画像の出典元: istockphoto.com

スリランカ料理は隣接した南インドのものと共通点が多く、毎食といってよいほどカレーペーストが食卓に並びます。主食はご飯のほか、お米でできた麺やクレープが好まれます。スパイスをふんだんに使った辛味の強い料理が多いいっぽう、ココナツミルクや新鮮な魚介類を食材として好むのも特徴です。

スリランカの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: ja.wikipedia.org

スリランカの主要観光地

スリランカの主な観光地は、島の中部に集中する古代遺跡と沿岸部のビーチリゾートなどに大別されます。とくにセイロン島中北部の「文化三角地帯」には、断崖の岩山の上に建造された古代都市遺跡リーギリヤやスリランカ最古の都といわれるアヌラーダプラ、スリランカ最大の石窟寺院であるダンブッラの黄金寺院などの遺跡群があります。中部にはシンハラ王朝最後の都キャンディがあり、市内にはブッダの歯が収められている仏歯寺があり、仏教国スリランカの象徴となっています。その他にも、スリランカの中央高地には絶滅危惧種のスリランカヒョウ生息しており、自然遺産としても登録されています。シンハラジャ森林保護区には植物、鳥類の固有種が多く生息しています。

スリランカの世界遺産

スリランカには8つの世界遺産があります。文化遺産はスリランカの北部中央にある「聖地アヌラーダプラ」や約1000年前にスリランカの首都であった「古都ポロンナルワ」、葡・蘭・英3国によって増改築を重ねられた「ゴールの旧市街と要塞」のほか、「古都シーギリヤ」、「聖地キャンディ」、「ダンブッラの黄金寺院」があります。自然遺産は「シンハラジャ森林保護区」と「スリランカの中央高地」の2つです。

スリランカのお土産について

スリランカはイギリス統治時代からお茶の栽培が盛んで、セイロンといえば紅茶の代名詞ともいえます。その他、定番のお土産としてはスパイスや生姜クッキー、カシューナッツも人気です。また、スリランカではアーユルヴェーダ(インド大陸の伝統的医学のこと)も有名で、天然素材由来の歯磨き粉や石鹸、バーム、ヘアオイルなどの関連品は、女性に喜ばれるお土産でしょう。

スリランカ行き航空券利用者の声

成田⇔コロンボ 40歳男性

夫婦でスリランカへ旅行に行きました。スリランカ航空を使い、成田からコロンボまで9時間30分くらいでした。スリランカ空港は揺れも少なく快適でした。長時間のフライトでしたが、映画などを見たりして過ごしました。スリランカでは世界遺産を中心に回りました。聖地アヌラーダプラはスリランカ最古の都として栄え、仏陀ゆかりの聖遺物があることで知られています。仏陀が悟りを開いたといわれるブッダガヤの菩提樹の分け木であり、2000年以上たった今でも葉を茂らせている様子には感動しました。また、天空の古代宮殿シギリヤロックにも驚きました。ジャングルに忽然と現れる宮殿は神々しく思えました。ここから見る風景はまさしく絶景。そして聖地キャンディへ。貴重な仏教遺産はたいへん見どころがありました。ここでは仏陀の犬歯があるとされる「仏歯寺」が印象に残っています。これらの観光地は、現地の旅行会社で手配して車で回りました。とても便利でした。
日本ではまだあまり観光客が訪れていませんが、スリランカはとても素敵な国だと思います。機会があったらぜひまた訪れたいと思います。

成田⇔コロンボ 30歳女性

夏休みを利用して友達とスリランカへ遊びに行きました。スリランカは成田からスリランカ航空の直行便が出ているので便利です。約9時間半くらいのフライトでした。長時間でしたが、サービスもよくそれほど苦になりませんでした。友達と一緒だったので、機内では楽しく過ごすことができました。スリランカの島の西南部・東部はリゾート地として開発されていて、私たちも黄金海岸と呼ばれるエリアに泊まりました。列車で5時間かけて、のんびりと海辺の風景を見ながら行きました。潮風に吹かれとても楽しい列車の旅でした。途中、首都コロンボとゴールの間にあるヒッカドゥワという町で降りました。ここはサーファーのメッカとも言われ、荒々しい波が立っていました。この地を目指して世界中からサーファーが集まって来るのだそうです。日本人向けのサーファーショップもありました。スリランカの南端の町ゴールは旧市街全体が中世に建設された要塞の中にあります。この城壁から見る夕焼けは絶景と言われていて、長い間憧れていました。実際に見る夕焼けは本当に素晴らしかったです。ここでは奮発して高級ホテルに滞在し、プライベートビーチでゆったりと過ごしました。ここへ来るまで時間はかかりましたが、秘境といった感じでとてもよかったです。数日間を過ごした後、今度はツアーバスでキャンディを訪れ、紅茶をたくさん買いました。時間がなく世界遺産を巡ることができなかったので、次の機会にぜひ訪れたいと思っています。

成田⇔コロンボ 45歳女性

夫婦でスリランカの旅に出ました。シンガポールにも寄って見たかったので、シンガポール航空でシンガポールへ行き数日間過ごした後に、スリランカ航空でコロンボを往復しました。成田~シンガポールは約7時間、シンガポール~コロンボは3時間20分です。私は長いフライトは苦手なので、途中シンガポールに立ち寄れたのはよかったと思います。スリランカは自然あふれる国でとても素敵でした。特に仏教寺院が多く、仏陀の生まれ故郷や古い遺跡などを見ていると心が洗われるようでした。現地ではこれらの観光スポットを回るツアーがあったので利用しました。観光地は点在しているので、自分で手配するよりも便利だと思います。また、スリランカは紅茶の産地として知られています。茶畑なども見ることができ、お土産にも紅茶をたっぷりと買いました。ホテルのレストランで飲んだ紅茶もとても美味しかったです。スリランカは広く、全ての世界遺産を見ることができなかったのが心残りです。また次の機会に訪れることができたらいいなと思っています。

スリランカ旅行 よくあるFAQ

スリランカ航空では何キロまで荷物を預けることができますか

エコノミークラスは3kg、ビジネス・ファーストクラスは4kgまでとなっています。1個の荷物の大きさは3辺の合計が15cm以下です。またエコノミークラスは1個あたり2kg以下の荷物が2個まで、ビジネス・ファーストクラスは1個あたり3kg以下の荷物が2個までとなっております。

スリランカ航空では手荷物は何キロまで機内に持ち込めますか

1個の荷物は46×36×20cm以内で、エコノミークラスは1個まで、ビジネス・ファーストクラスは2個までとなっております。1個の荷物はkg以内です。

スリランカ航空ではダイビング用具は預けることができますか

1セットは荷物許容数に含まれます. 1セット以上の場合は、通常の超過料金が適用されます。

スリランカ航空ではサーフボードは預けることができますか

1つの品目は持ち込み許容数に含まれています。 1セット以上の場合は通常の超過料金が適用されます。